ボランティア活動とリーダーシップ2016年05月01日

 日曜日に社協分区の第21回総会があり、分区長に就任した。その二日後の夜に今期初めての執行委員会が開催された。
 分区長としての幾つかの提案をしたが、提案の在り方等で反省すべき点を痛感させられた。分区設立後20年の節目を機に「20年誌の発刊」が総会で承認された。13人の執行委員の中から20年誌編纂委員を選任しなければならない。夜7時半から9時までの執行委員会の限られた時間である。タタキ案なしに議論することはいたずらに時間を費やすことになる。分区経験の長い専任の三役6人がごく常識的な選択だと判断し、その旨提案した。
 これが失敗だった。時間の効率性重視でタタキ案をもとに議論するというスタイルはビジネス社会では当然ではあっても、ボランティア活動にあっては馴染まない。提案に対してご婦人方の三役を中心に「なぜいきなり私の名前が飛び出すの」という違和感アリアリの雰囲気が漂った。
 かねがねボランティア活動は、ビジネス社会のスタイルと異なることは承知しているつもりだった。ビジネス社会では結果が第一で結果を出す上での効率性が求められる。これに対しボランティア活動では何よりも過程が大切で、過程を通じた納得性ややりがいがメンバーシップに欠かせない。ビジネス社会のリーダーシップは、結果と効率性というベースとなる共通の物差しがあるだけにある意味では容易であると言える。逆にボランティア活動でのリーダーシップの在り方はビジネス社会に馴染んできた身には、しばしばボタンの掛け違いを招きやすい。
 結果的には多少の混乱はあったものの提案通り承認された。後日、提案の在り方の拙さを経験豊かなご婦人の三役から個人的にアドバイスされ大いに反省した。結果が同じでも過程の行き違いはその後のメンバーのモチベーションに大いに影響する。
 とはいえ従来の女性中心のボランティアの世界にも変化の兆しがある。団塊世代が一斉にリタイヤし地域ボランティアにリタイヤおじさんの参加が目につきだした。我が執行委員会メンバーも昨年までは男性は少数派だったが今年はわずかに女性陣を上回る。ボランティアと言えども結果や効率性が必要ないわけではない。過程を大切にしながらも多少なりとも結果や効率性を意識する風土も必要ではあるまいか。

二ヶ月ぶりに花ちゃんがやってきた2016年05月02日

 昨日の朝9時過ぎである。待ちに待った花ちゃんが両親と一緒にゴールデンウィークを利用して我が家にやってきた。娘に抱かれた花ちゃんが車から降りてきた。車から荷物を降ろすのが気になっていたのか娘がすぐに待ち構えたじいちゃんに花ちゃんをバトンした。これが大きな間違いだった。
 10日ほど前に大津の娘夫婦宅を訪ねて花ちゃんと再会した。寝っ転がっている花ちゃんに近づいて覗きこみながら話しかけた。徐々にじいちゃんの記憶がよみがえったのか段々になついてくれる。なんといっても生後5か月半の赤ちゃんである。ならし運転は不可欠だったのだ。
 突然、ヒゲじいちゃんに抱っこされた花ちゃんは一瞬の間を置いて火のついたように泣きだした。最悪の再会だった。慌てて娘に渡した途端に泣き声がトーンダウンして泣き止んだ。四六時中慈しんでいる母の愛には逆立ちしても敵わない。
 家に入って落ち着いてからジックリおしゃべりを始めた。あっという間になついてくれる。この時期の乳児の成長ぶりはどうだろう。10日ばかりの間に色んなことができるようになっている。何度も仰向けから俯せの寝返りを繰り返す。そのつど大人たちが手を叩くとうれしげににっこり笑ったドヤ顔を見せる。
 昼食の予約を近くの有馬川仁木家に入れた。個室であれば花ちゃん連れでも食事ができる。連休とあって半ばあきらめ気味の予約だったが運よく個室が1室空いていた。12時から1時間余り空き室の原因とおぼしき隣の部屋の大勢の子ども連れの話し声を聞きながらランチした。ベビーカーで眠っていた花ちゃんが終盤になって起きてきた。途端にテーブルの主役は花ちゃんとなる。むずかることもなくベビーカーに付けられた玩具を相手に無邪気なパフォーマンスをしてくれる。
 5日ばかりの花ちゃんと一緒の至福のひと時が訪れた。

花ちゃん連れの有馬川仁木家2016年05月03日

 花ちゃん一家が里帰りした一昨日、ランチは有馬川仁木家に出かけた。乳児連れなので個室を予約し、案内されたのは店舗南側の初めての個室だった。大きな窓から有馬川とその向こうの春道公園、下山口会館が見渡せる。さくら並木や大イチョウの新緑が心地よい。
 ゴールデンウィーク特別メニューの和食コース(2,300円)をオーダーした。徒歩10分の我が家から抱っこひもで抱かれてやってきた花ちゃんは婿殿に抱かれたままぐっすり眠っている。
 配膳が始まった。新鮮野菜盛りを新生姜味噌でいただく。グリーンピースのうすい豆腐はババロアにも似た食感である。若鮎の唐揚げ、クレソン白和え、茗荷、厚焼き玉子などの前菜が見た目にも美味しい。ポテトとソーメンの冷たいお吸い物の後に、生ハムと季節野菜の炊き合わせが登場する。メイン料理の海老と野菜のてんぷら盛合せに梅とひじきの混ぜご飯がついてくる。苺アイスのデザートをコーヒーを味わいながらいただいた。
 デザートが出てきたころに花ちゃんが目覚めた。目覚めの花ちゃんはすこぶるご機嫌である。ベビーカーに移されておもちゃ相手に色んな仕草を見せてくれる。1時間余りの一味違ったランチを愉しんだ。

花ちゃんの愛らしさ2016年05月04日

 早朝6時前だった。新聞を読み終えて朝のウォーキングに出かけようとしていた。母ちゃんに抱っこされた花ちゃんが2階の寝室からリビングに降りてきた。すぐにそばによって顔を寄せた。「花ちゃん、お早よう!」。声をかけた途端にニコ~ッと満面の笑みを浮かべてくれる。三日前の最悪の再会シーンは悪夢だったのだ。三日間の溢れんばかりのスキンシップがじいちゃんと初孫の垣根を一気に取り払っている。
 花ちゃんとの三日間の生活が、しばらく会えなかった花ちゃんの急速な成長ぶりを伝えてくれる。仰向けから俯せへの寝返りを頻繁にやるようになった。俯せから仰向けへの寝返りも一二度していたと母親が証言している。よく笑うようになった。愛想笑いしているのではないかと思うほどだ。おしゃべりの発声音の種類が増えた。ア~ウ~、ギャー、アハン、ア~ン ア~ン、ヴー、ヴァ~、アヴ アヴ アヴ等々、どんどん言語が増えていく。テーブルをタンタンと叩くのが好きだ。仰向けになると両足を両手で抱えた得意のポーズを見せてくれる。俯せになった花ちゃんに声をかけると上目遣いにジッと見つめてくれる仕草は何とも愛らしい。
 とまあ、ジジバカぶりを臆面もなく綴ったが、ジジバカの根拠をひとつあげるとすれば花ちゃんの目元の愛らしさである。生まれた時からまつ毛の長さに驚いていた。瞼は一重になったり二重になったりしていたが、ここへきて両目とも二重が定着している。生来のクリクリお目目に長いまつ毛と二重瞼が目元の愛らしさを際立たせている。もちろんこのまま大きくなるとは思えない。美男美女でもない両親や祖父母の血を引く限り自ずと花ちゃんの愛らしさは保証の限りでない。それでも今の花ちゃんの愛らしさを愛おしく思える幸せを噛み締めたい。

楽しいGWをありがとう。はなちゃん!2016年05月05日

 今朝9時前に花ちゃん一家が我が家を出発し、婿殿の実家・京都に向かった。四泊五日の楽しいゴールデンウィークがあっという間に過ぎ去った。成長著しい花ちゃんの数々の愛らしい振舞いをタップリ味わった。ありがとう花ちゃん!
 仰向けからの寝返り(我が家ではゴロンと称している)を何度も目にした。ゴロンをデジカメの動画収録にも成功した。俯せになってしばらく遊んだ後、飽きてくるとプレイマットに顔をこすりつけながらむずかりだす。その仕草がまた可愛い。
 離乳食が始まった。10倍粥やカボチャの重湯を父ちゃんに抱っこされた花ちゃんに母ちゃんがスプーンで口に運ぶ。口を突き出して上手にスプーンをしゃぶっている。初めての離乳食を嫌がらずに進んで食べてくれる様子を嬉しく眺めた。
 花ちゃんはNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を母ちゃんの膝に抱かれて一緒に観るのが好きだ。と言っても最初のスタッフ紹介のタイトルバックの時だけだ。動く絵本のような色鮮やかなシーンに毎朝夢中で見つめている。ドラマが始まった途端に注意が散漫になってキョロキョロしだす。
 そんな数々のパフォーマンスを繰り広げた花ちゃんとの別れがやってきた。花ちゃんがミニクーペの後部座席のチャイルドシートに納まった。その様子が心なしか悲しげだ。じいちゃん、ばあちゃんのバイバイの声を後に、後部座席のウィンドウを降ろした車が出発した。

その後の新名神工事の橋桁落下事故2016年05月06日

 早朝ウォーキングのいつものコースを歩いた。有馬川堤を北に進み隣町の道場町平田の田園を巡るコースである。
 途中、有馬川堤の名来橋を越えた辺りから新名神橋梁架橋工事の現場風景が望める。二週間前に橋桁落下の大事故があった現場である。有馬川の上を上下線二本の鉄骨の橋梁が横断している。平行して架かっている筈の橋桁の手前が左に大きく傾いている。左端が有馬川西側を走る国道176号線に落下している様子が窺える。
 さらに進んだところでズームにして撮った。有馬川の堤防の向こうに平田薬師堂の四角錐の屋根が見える。そのすぐ上に落下した橋桁の左端部分が薬師堂の屋根にかぶさるように重なって見える。奈良時代にまで遡る由緒のある薬師堂である。その屋根を現代建築の無残な失敗事例の鉄骨が被さって見える。その象徴的なコントラストに胸のざわつきを覚えた。

ブログ「Dr.和の町医者日記」2016年05月07日

 在宅医療や在宅介護が社協や福祉ネットにとって避けて通れないテーマになりつつある。そんな問題意識から著名な在宅医である「尼崎の町医者・長尾和弘医師」のブログ「Dr.和の町医者日記」をよく読んでいる。
 50台半ばの働き盛りの医師である。在宅医というハードな仕事をこなしながら、在宅医療、認知症ケア、尊厳死・リビングウイル、ホスピス等の分野で活発に活動し、独自のスタンスで講演、ブログ、サイトで発信を続ける。ともすれば医師や大病院の論理に流されがちな医療という専門分野で、患者の立場に立った視点で在宅医療や医療行政の在り方についても歯に衣を着せぬ発言が相次ぐ。そのためその発言はしばしば物議をかもし、既存の医療秩序の枠組みからは必ずしも歓迎されていないようだ。
 ブログを読む限り多くの点で共感できる。医療という専門分野以外の「原発」や「TPP」といったテーマについてのスタンスでも基本的に一致できる。ブログを通して在宅医の超ハードで苛酷な現実も理解できた。2025年問題をクリアする鍵のひとつが在宅医療であることは言うまでもない。ともあれ氏の主張にもう少し突っ込んだ理解が必要だ。氏の代表的著作二冊をネットでオーダーした。

在宅ケア支援の新たな出会い2016年05月08日

 夕方、マクドナルドで新たな出会いがあった。正確には1カ月ほど前に参加した在宅ケアの関係者交流会でお会いした方だ。グループワークで一緒になった6人のメンバーのおひとりで山口地区で唯一の訪問看護センターをされているとのこと。
 社協分区や福祉ネットの新たな取組み課題に「在宅ケアの支援」が浮上してきた。訪問診療と並んで訪問看護についての理解は避けて通れない。そんな問題意識が交流会で連絡先を交換していたその方との情報交換を促し、今回のマクドナルドでの懇談となった。
 1時間半ばかりの中身の濃い懇談だった。看護士のスタッフ数人を抱えるセンターの50代とおぼしき女性代表者である。言葉の端々に訪問看護という仕事についての志の高さが窺える。24時間365日の訪問看護の仕事の苛酷さと同時に人生の大先輩たちの晩年に寄り添うという使命のやりがい感も伝わる。認知症ケアなど訪問看護ならでは関わりが欠かせない分野があるとも教えられた。
 在宅ケアの地域での支援のひとつに専門職の情報や人材の紹介が想定される。その点では訪問看護センターの社協や福祉ネットとの今後の連携もおおいにありうる。
 地域で先月オープンしたつどい場を紹介したところ、大いに関心を寄せてもらった。つどい場の主宰者に連絡を取るとぜひ来訪してほしいとのこと。今月のつどい場に一緒に参加することになった。ひとつのつながりが新たなつながりを招いている。福祉ネットの「地域福祉のコーディネーターとしての役割」という整理をあらためて痛感した。

旧友宅の花まつり2016年05月09日

 一月ほど前に高校時代の親友K君から連絡があった。毎年年末に旧交を温めている友人である。昨年末に会った時、彼の自宅で毎年行われる花まつりが話題になり、ぜひ一度お参りしたいと伝えていた。連絡はその案内だった。
 昨日の日曜日がその花まつりの日だった。彼の自宅は姫路にある。私の実家のお墓のある名古山の近くでもある。お彼岸の墓参に行けなかったので早目に自宅を出て墓参りをした。家内と一緒にお墓掃除や草抜きを終えてお勤めをした。墓石の背景に修理を終えた白亜の姫路城が望まれた。
 K君宅に10時過ぎに到着した。高校時代に何度か訪ねた茅葺家の旧家は今はない。当時の畑だった場所に建てられた大きな屋敷に招かれた。仏壇横の床の間に蓮華の花に覆われた花御堂が設置されている。その中の甘茶を満たした桶にお釈迦様の誕生仏が据えられている。甘茶を仏像にかけてお参りをした。
 聞けばこの行事は150年くらい前から営まれているという。K君の曾祖父が始めた法会が今尚受け継がれている。朝から同じ寺の門信徒、ご近所さん、親族、知人友人たちが入れ代わり立ち代わりお参りする。主人であるK君はそのつど抹茶や煎茶を振る舞いながら接待する。奥さんも茶菓子の手配や茶器の入替えなどに余念がない。
 寺院でもない一般民家が4代150年にも渡ってこれほどの法会を継承するのは並大抵ではない筈だ。男児に恵まれなかったK君だが一人娘にようやく男の子が誕生した。「この法会を継承してくれる男児の孫誕生に主人が一番ほっとしている」とは奥さんの弁である。12時前にK君宅を辞した。

姫路の駅前散策2016年05月10日

 出身地・姫路の墓参りと旧友宅の花まつりのお参りを終えて、姫路駅前にやってきた。姫路城大手門前の駐車場に車を止めたのは12時過ぎだった。昼食をとるため姫路駅方向の繁華街に向かった。
 姫路にやってきた時のお目当ては播州名物の「あなご料理・柊」である。日曜のお昼過ぎとあって店内は混み合っている。カウンター席で私は穴子重(1800円)を、家内は柊御膳(1700円)を注文した。香ばしい焼き穴子タップリのお重を堪能した。
 姫路の地元百貨店・ヤマトヤシキに出かけた。改装後の地下一階の食品売り場を中心に見て回ったが売り場面積に狭さは如何ともしがたい。家内もおみやげ用の買物を買うこともなく店を出た。店舗東側は姫路駅前まで続く播州最大の商店街・御幸通りである。日曜午後の人並みを縫って駅前まで歩いた。
 JR姫路駅は急速に変貌している。駅南側高架下「ピオレ姫路おみやげ館」内に「播州うまいもん処」がオープンした。「加古川かつめし」「播州骨付鶏」「姫路おでん」などの播州を代表するご当地グルメ5店舗が軒を連ねている。地元姫路のおみやげも満載である。ここでおみやげを調達し御幸通りを折り返した。ヤマトヤシキ近くのたい焼き屋でもお土産を調達した。
 2時間ほどの駐車料金を処理して2時半頃に帰路に就いた。