我が町に定着してきたいきいき体操2016年08月03日

 久々に福寿会(老人会)主催のいきいき体操に出かけた。毎週火曜日の午前中に開催されているが、出席率は至って悪い。月に1~2回の出席でお茶を濁しているありさまである。ボランティアセンターの当番とバッティングする場合もあるが、デスクワークが立て込んだりするとすぐにさぼってしまう。
 会場の自治会館には40人余りの同年輩以上のお年寄りたちで溢れていた。10分前に着いたのに空スペースがない。ほぼ固定化してきたメンバーたちの指定席が定まってきたようだ。 真夏の季節をものともせず健康維持、体力保持、認知症予防に余念がない。我が町のいきいき体操はすっかり定着してきた。
 いきいき体操は最初はてらいや違和感があったりして出かけるのが億劫だった。それでもある時期を過ぎると自分自身の年齢や環境に見合ったよくできたトレーニングだと納得できる。体操前のリーダーさんたちが指導する脳トレ風のゲームも認知症予防には効果的だと思える。
 在宅ケアが身近な問題として迫ってきた。その最も効果的な取組みは在宅ケアを受ける時期を可能な限り先送りすることである。そのための身近で有力な選択肢がいきいき体操である。頑張って参加せねば・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2016/08/02/8144628/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。