「町家カフェ鎌倉」のモーニング・ランチ?2016年08月10日

 家内のパート勤務がなくなって、当然ながら夫婦二人の昼食が多くなった。それまでは亭主の昼食は適当に食材の準備だけをしておけばよかったのが、今はそうはいかない。毎度毎度の献立に悩まされている気配が伝わってくる。
 そんなある日、珍しく外食に誘われた。お目当てはご近所の奥さんたちとランチした三田の「町家カフェ鎌倉」という店である。但し10時半までに行かなければ食べられないモーニングセットでランチするという。早朝ウォーキングのため5時過ぎにはひとりで朝食を済ませている身である。早目のランチは抵抗がない。家内はチャッカリ朝食は抜いているようだ。
 三田の宅原(えばら)交差点前のボウリング場1階に今年2月にオープンした店のようだ。京都の町家風の店内は一般テーブル席のほかに畳式の小部屋やテーブル席の個室もある。窓際のテーブル席でお目当ての鎌倉モーニング(550円)を注文した。トーストは通常のものとアーモンドトーストの選択制だった。去年墓参りで姫路に出かけた際に評判だったアーモンドトーストを家内に勧められるまま選択した。
 オーダーを受けてから調理するようだ。結構待たされてから野菜サラダ、スープ、ドリンク付きのボリュウムたっぷりのモーニングセットが登場した。甘いアーモンドトーストだけはNGだったが、たっぷりのモーニングを完食した。
 ランチには人気商品の手づくりわらびもちも入ったデザートプレートが付いており、どちらかと言えばご婦人向けの店のようだ。デザートにたっぷり時間を掛けながらダべリングするにはもってこいなのだろう。それだけにリタイヤオヤジが再訪することはあるまいと思えた。レジ中に入店した中年の作業服のオジサン二人はメニューを眺めて「こら食べるもんがないわ」と注文することなくすぐに出て行った。さもありなん。