古傷化膿の痒みと寝不足2016年12月25日

 夜、眠れない日が続いている。元来、朝型で夜早く眠り朝早く目覚める。還暦過ぎた頃から9時から始まる2時間ドラマの最後を見ることが叶わなくなった。10時頃に眠るようになり、今では9時前後に二階に上がり床に就く。下手をすると8時過ぎに眠くなる。6時前後の晩酌のほろ酔いが心地よい眠気を誘う。
 それだけに朝は早い。5時前には必ず目が覚める。場合によっては4時過ぎに床を離れてリビングに降りる。時に2時前後に目が覚めてうろたえる。それでもすんなりと二度寝はできない。やむなく床を抜け出し冷蔵庫から缶ビールを取り出して呑む。呑んだ勢いでコタツにもぐり込み何とか二度寝に持込む。
 ところが最近このパターンも効かなくなった。30代の頃の胃潰瘍手術で残った胸部の傷跡が10年以上の周期で化膿してくる。それはとんでもない痒みと一緒に訪れる。昼間は気が紛れているためかそれほど感じないが、夜の睡眠モードに入った途端に、じんじんと絶え間なく痒みが襲ってくる。そんな日が二三日続いている。
 こうなるともうお手上げである。傷跡の化膿が行き着くところまで行くしかない。経験上、数日は続くはずだ。ひたすら耐えるしかない。

コメント

_ 和道 ― 2016/12/26 09:00

 久しぶりにコメントします。というのもこの更新記事の内容の大半が私の体験と共有しているからです。
 数か月前には私も布団に入っても眠れず悶々として朝になるのを待ったり、未明に目覚めてそのままテレビをつけ朝まで過ごす、というようなことがしばしばありました。
 原因は私の場合は、10年前の脳梗塞の発症以来ときおり現れる左上肢のうずきやだるさです。
 そんな時は、じたばたせずに寝床で目をつむって過ごすか、いっそのこと起き上がってテレビを見るか、PC作業をするか、しています。明けない夜はないし、止まないうずきやだるさもないからです。
 そんな時の最適なPC作業として、今「自分史」を書いています。
1年間ぐらいかけて仕上げるつもりでいます。

_ 明日香 亮 ― 2016/12/26 20:55

驚きのコメントでした。夜眠れないということもさることながら、それ以上に「自分史」執筆の件の驚きです。実は私も同様のことを考えていたものですから。
先月、現役労組役員対象の未来塾で「私の半生記」をスピーチしました。その時の資料をまとめながら「自分史」執筆を考えました。材料はこのブログでも何度かパーツに分けて記事にしたし個人ホームページでもかなりの記事を書いています。
一方、社協分区の「20年誌」発行にむけて編集ソフトを駆使して執筆中です。この編集作業をとおして「自分史」編集のソフト活用も可能なことに気づきました。
来年からでも本格的な「自分史」の執筆編集にかかろうと思います。
つくづくDNAの不思議を思わずにはおれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2016/12/25/8291669/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。