ジジババ保育園三日目---だるまさんの!---2017年04月01日

 花ちゃん保育三日目である。花ちゃんと一緒に遊べる新しいツールを見つけた。パソコンモニターを使った動画再生である。「赤ちゃんが泣きやむ・笑う」動画というのがある。その中で「読み聞かせ・ だるまさんシリーズ」が目についた。原画は花ちゃんの好きな絵本のひとつである。
 パソコンデスクに向かって花ちゃんを膝に抱っこして試しにこれを再生してみた。大当たりだった。「だ る ま さ ん が・・・」と、くぎったナレーションに応じてだるまの絵が回転する。場面が変わって「どてっ」と転ぶ。同じように「ぷしゅーっ」「ぷっ」などと続く。
 驚いたのは次の「だるまさんの・・・」バージョンである。「だ る ま さ んの・・・」に合わせて花ちゃんが首を左右に振っている。そしてその後に続く「め(目)」「て(手)」「は(歯)」「け(毛)」ではそれぞれに「め」「て」「は」「け」と口にして目に指をあて、片手を広げて突き出し、口を開けて歯に指をあて、自分の髪の毛を摘まむ仕草をみせる。ちゃんと顔のそれぞれを発音し指さしている。おそらく保育園で何度もやった仕草なのだろう。それでも1才4カ月の孫娘の驚くほどの学習ぶりに舌を巻いた。 膝の上で何度も同じ動画を繰り返し「じいちゃんと花」のかけがえのないふれあいに浸った。