地域ボランティアグループのお花見会2017年04月09日

 住宅街のど真ん中にある公園でお花見会があった。住宅街の公園の清掃や花壇づくりのボランティアを永年続けているグループの主催である。代表者はちょい呑みオヤジ会の世話人でもある知人である。忙しさにかまけて公園ボランティアに参加しなくなって久しいが、代表者に声を掛けて頂きビールにつられて馳せ参じた。
 11時から始まったお花見に20人の老若男女が参加した。一週間前の山口町のさくらまつりでは蕾のままだったさくら並木がほぼ満開である。1500円の会費で呑み放題のビール、お酒、ワインと手作り料理を中心としたアテやお寿司が用意された。早朝には霧雨模様だったが開催の頃にはなんとか曇り空がキープされた。参加者の自己紹介が始まった。スポーツ21の関係者が多い。5人ほどのオヤジ会メンバーも参加している。社協の役員だったご婦人方もいる。
 和気あいあいの懇親が2時間ばかり続いた頃に突然俄雨に見舞われた。ちょうど解散時間でもあったので一斉に撤収作業にかかった。
 懇親の中で誰かが感想を述べていた。「この町の雰囲気が好きだ。色んな人が色んな形で地域に関わっている。それぞれにささやかながら地域の役に立とうと頑張っている。そうしたつながりを通してこうした懇親の場に集えることが嬉しい」。同感である。住民たちのそんな素朴で誠実な想いが地域コミュニティの原点を支えている。