さらば!メラノーマ2017年04月11日

 2007年3月8日、悪性黒色腫(メラノーマ)というおどろおどろしい病名の皮膚癌で2度目の手術を行った。我が右手親指は根元から切除され永遠に返らぬことになった。以来、抗がん剤投与に始まって徐々にゆるやかな治療や検査を受けながら闘病生活が続いた。
 癌の術後の経過観察期間は10年で完結する。その丸10年を超えた昨日、最後の診察を受けるべく大阪市大病院に出かけた。昨年10月に最後の血液検査とCT検査を終え異常が見られなかったことから今回は10年を超えた時点の最後の診察だった。
 9時の診察開始と同時に診察室に入った。大病院での手術と治療だったので、定期的に人事異動が行われる。10年前の執刀医から数えて主治医は5人ぐらい代わっている。最後の主治医も3回目ぐらいの受診で馴染みは薄い。患者の方は闘病の卒業というメモリアルな受診ではあっても前任者から引き継いだ主治医からすれば担当患者の単なる病状の通過地点でしかない。患者の側からは「永い間お疲れ様でした」位の言葉があるかと思ったが特にない。「今後は気になることがあったらかかりつけ医との相談で処置して下さい」とのこと。おだやかな語り口ながらビジネスライクな診察を終えて会計に向かった。
 9時15分には病院を後にした。もう来ることもない病院である。思えば人生の最大の危機と言えるシーンを過ごした場所である。病院の建物を今一度振り返り天王寺駅に向かった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2017/04/11/8454925/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。