長期休暇前半での個人課題の処理2017年05月01日

 4月28日から5月7日までの10日間、地域活動の予定がない。世間のゴールデンウィークと同様にリタイヤおじさんにとっても久々の長期休暇である。明日からは愛孫・花ちゃんもやってくる。
 そんな長期休暇にやり残していた四つばかりの個人的な課題のめどをつけよう思っている。「老後生活の資産点検」「エンディングノートの追加記入」「自分史作成の着手」「社協会計の汎用ソフト活用の模索」である。長期休暇の前半4日間でそれぞれに着手した。
 「資産点検」は、既に点検フォームを作成し節目ごとに棚卸しをしているが前回以来5年が経過している。気にはなっていたが忙しさにかまけて放置していた。今回ようやく処理できた。夫婦の平均寿命から算出した余命をもとに試算した今後の生活費に住宅リフォーム、旅行、車関係費、病気介護等の特別支出を見込んで老後の必要生計費を算出する。一方で現在の預貯金や保険・共済の受領見込額、公的年金見込額等の調達資金見込額を算出する。前者と後者の収支の差異がプラスであれば老後生活はひとまず安泰である。年金以外の収入が途絶えた今回も幸い5年前に比べてもプラス幅は増加しており安堵した。
 「エンディングノート」は、筆まめ社の「はじめてのエンディングノート」というソフトを導入して入力を進めている。すでに基本情報入力を終え、今回は資産、医療・介護、終活等に着手した。
 「自分史」については「社協20年誌」編集の経験を活かして編集ソフトの書式設定や個人HPやブログ記事の幾つかをテーマ別に整理し入力を始めた。
 「社協向けの会計ソフトの活用」も個人的テーマではないものの現金出納帳入力が科目別集計や収支計算に反映されない現状の会計処理を何とかしたいという個人的な想いが強い。オヤジ会メンバ-の現役税理士さんに相談したところ「ちまたの会計」というフリーソフトを紹介してもらった。試しに昨年度の現金出納帳データの一部を入力してみると見事に科目別集計や収支計算に反映されている。何とか1年分を入力し年度決算収支に反映できるまで処理してみたい。
 そんなこんなで連休前半は個人的課題の着実な進展があった。花ちゃん滞在の明日からはこうはいかないだろうが、まずまずの進捗に気を良くしながら花ちゃんを迎えられる。

ちょい呑みオヤジ会の出番か?2017年05月02日

 ちょい呑みオヤジ会のメンバーでもある小学校PTA会長、副会長から相談があり三人で懇談した。内容は補導委員のPTA枠2名の選出の相談だった。
 補導委員は私も7年前に民生委員派遣で2年間担当した。毎週1回1時間半ほどかけて対象エリアの見守り補導を行う。些少の謝金があるとはいえ地域活動としては頻度の多い活動だ。共働きの多い子育て世代のPTA役員には負担の大きい活動だけになかなかなり手がなく困っているとのこと。解決策のひとつにPTAの対象枠を両親だけでなく祖父母にも広げて募ることにしたが、締切りが迫っているのでオヤジ会でも声掛けしてもらえないかという打診だった。
 PTA活動の対象を祖父母にまで広げることは良いアイディアで大賛成だ。NHKのBSプレミアムで「PTAグランパ」という番組が4月から始まった。企業戦士だったグランパが定年直後に孫娘のためにPTA役員を買って出る。価値観の全く異なるママたちが多数派の役員会で孤軍奮闘する物語である。リタイヤオヤジの地域活動参加の現実と問題点をコミカルに描いた好番組である。PTA活動もまたグランパでもあるリタイヤオヤジの新たな活動の場であることを伝えている。
 そんな背景もあって相談を前向きに受け止めた。子どもたちの見守りや補導活動はオヤジ会のボランティアグループの活動メニューのひとつかもしれない。ただ補導委員選出の手順としてはPTAでの生徒の祖父母を対象とした声掛けが優先だろう。それを前提に私からもオヤジ会メンバーにショートメールで打診することにした。
 オヤジ会のインフラ機能がますます発揮されてきた。地域の様々な問題や課題の情報交換やジョイント機能である。オヤジ会が様々な立場と役割を担ったオヤジたちが自由につどい合う”居場所”だからこそ可能な機能だろう。

花ちゃんの初めての動物園体験2017年05月03日

 昨日の朝9時過ぎに花ちゃん一家がやってきた。車から花ちゃんが母ちゃんに抱っこされて降り立った。近づいて「おいで!」と両手を差し出した。すぐに花ちゃんもじいちゃんに向かって両腕を差し伸べる。ヤッタ。ちゃんと覚えていてくれた。幸先の良い花ちゃん滞在記がスタートした。
 お昼前になってみんなで出かけことになった。幸いGWの狭間の平日である。神戸の王子動物園もまだそれほど混んでいないだろうと出発した。近くのベーカリーで昼食用のパンを買い込んだ。途中渋滞もなく12時半頃には無事に到着し駐車場入口で数分待っただけで入園できた。
 正門ゲート近くの広場のベンチで昼食し、その後すぐ近くのパンダ館に向かった。数年前に上野動物園で長い行列の後チラミして急かされて後にしたのが初めてのパンダ体験だった。二度目の王子動物園ではパンダが寝そべる小屋の前に直行できた。ほどなく1時半のお食事タイムになって飼育員の竹笹に釣られて奥からにンダが登場した。間近に眺めるパンダの迫力と愛らしさに花ちゃんと一緒にはしゃいだ。
 次に大はしゃぎしたのはゾウさんのエリアだった。父ちゃんに肩車された花ちゃんが大きな大きなゾウさんに嬌声をあげている。後ろ姿の大きなゾウさんと肩車姿の花ちゃんのいいショットをものにした。アシカ館の水槽から眺めるアシカたちの生態にも感動した。花ちゃんも目の前を遊よくする大きなアシカを食い入るように見つめている。ここでも母ちゃんに抱っこされた花ちゃんとアシカの遊よく姿をいいアングルでゲットした。最後に入場ゲート近くのフラミンゴ園の前で写真撮影用のフレームに納まった花ちゃんのご機嫌な仕草をカメラに収めた。
 この他、クマさん、お猿さん、カバさん、ペンギンさんなど絵本で知った花ちゃんお気に入りの動物たちの姿をいっぱい目にした。花ちゃんの初めての動物園体験が、付き添ったじいちゃんにとってもメモリアルな画像と思い出をもたらした。

二日目は有馬富士公園・あそびの王国2017年05月04日

 花ちゃん来訪二日目。花ちゃんがいつ起きてきても迎えられるように早朝ウォーキングを早目に終えて帰宅した。母ちゃんに抱っこされて二階の寝室からリビングに降りてきた。寝ぼけまなこの花ちゃんに「お早う!」と声を掛けるのもまた楽しい。
 みんなの朝食を終えて今日のおでかけを相談する。近場のあそび場で三田の有馬富士公園・あそびの王国に出かけることにした。車で20分ばかりのところにある。無料駐車場から父ちゃんが花ちゃんを手押し用の三輪車に乗っけて連れていく。
 しばらく歩くとあそびの王国のシンボルマーク・鬼が富士が見えてきた。丘陵地を活かした子供向けの広い遊び場が広がっている。ゴールデンウィーク中とあって大勢の子ども連れのファミリーで賑わっている。入口すぐ左手には「カミナリの砦」がある。カミナリ鬼がカミナリを鳴らすための道具がいっぱい備え付けられている。ハンマーを手にした花ちゃんが金属の棒や太鼓をカンカンと叩いてはしゃいでいる。ドームのような部屋では声や音がこだまのように大反響して花ちゃんを驚かせる。小さなすべり台に登って上手に滑り落ちたりしている。
 ゆらゆら揺れる吊り橋を渡って鬼が富士の裏手から登ってみる。てっぺんの広場からは思いがけない展望が広がっている。有馬富士公園の向こうには一度登ったことのある有馬富士の優雅な姿が望めた。
 1時間ばかり滞在して帰路についた。三田のイオンモールで簡単な昼食を済ませて2時ごろには自宅に戻った。花ちゃん中心のゴールデンウィークの過し方が忘れていた子どもたちとのファミリー時代を思い起こさせた。

花ちゃんのお遊戯が全開!2017年05月05日

 花ちゃんの成長ぶりに目を細める日々である。ひとつは「もじあそび」という知育玩具の遊び方がある。四角い木札の表にはひらがなが、裏にはそのひらがなで始まる絵が描いてある。全部で50枚の木札が四角い箱に二段になって納まっている。娘が幼い頃に遊んだ玩具が孫娘に受け継がれている。これまではでたらめに入れるだけだった花ちゃんが今回は裏と表を分けて入れるようになった。かな順に並べて入れるようになるのも遠くない。
 もうひとつは花ちゃんがご近所のお孫さんから貰った知育玩具相手の遊び方である。22の童謡のメロディーがスイッチ操作で流れる「どうようえほん」という玩具である。歌入りとカラオケの選択もできる。花ちゃんはすぐにこのおもちゃに夢中になった。譲ってもらったお兄ちゃんも22曲をこのおもちゃですっかり覚えたという。
 この遊びを楽しんでいる花ちゃんの仕草に大人たちが歓声を上げて見守った。22曲の中には花ちゃんが保育園で聞き覚えたメロディーもかなりあるようだ。お気に入りの曲を選ぶとナント曲に合わせた振付をしてみせてくれる。「ア~イア~イ!おさ~るさんだよ~」というメロディーでは両腕を交互に上げ下げしてみせる。「おつかいありさん」の「あんまりいそいでゴッツンコ」というメロディでは「どうようえほん」の玩具を手に持ってゴッツンコのところで玩具をおでこに当ててゴッツンコしてみせる。爆笑したのは「かえるのがっしょう」の曲だった。「かえるのうたが~きこえてくるよ~」というメロディに合わせて四つん這いになった花ちゃんがお尻を上下に振っている。そのなんとも滑稽な仕草に思わず大人たちが大はしゃぎした。
 保育園育ちの花ちゃんのたくましくすくすく育っている様子をしかと確かめた。

花ちゃんの動物たちとのふれあい体験2017年05月06日

 子どもの日の昨日、花ちゃんを連れて六甲山牧場に出かけた。車で三十分ほどの近場で動物たちとのふれあいが楽しめそうだ。子どもの日で大勢のファミリー客が予想され、早目に出発して駐車場には開園直後の9時15分頃に到着した。さすがにまだ駐車場にはゆとりがあった。
 北入場口のすぐ右手にヤギの広場があった。早速エサを購入して花ちゃんにも渡した。大きな網穴からヤギさんが花ちゃんの手許に口を寄せて上手に食べている。花ちゃんは緊張気味ながら怖がる風もなくおとなしく食べさせている。エライエライ。
 東エリアに向かう途中に乳牛が一匹だけ所在なげに餌を食べていた。花ちゃんにとっては初めてみる生(なま)モーさんである。母ちゃんに抱っこされて「モーモー」と口にしながら見つめている。
 吊り橋を渡った先の東エリアの丘陵地には羊の放牧場が広がっている。斜面で草を食んでいる一匹の羊に後ろから近寄った。母ちゃんに身を寄せながらこわごわ羊を眺めている仕草がまたカワユイ。
 続いて乳牛舎や牛の保育園を見て歩いた。生まれて間もない保育園の子牛に母ちゃんが「花ちゃんと一緒やな~」と声をかけた。
 南エリアではウサギ広場で真っ白なふさふさしたアンゴラウサギを食い入るように見つめていた。二匹の中型犬が牧羊犬舎で寝そべっていた。花ちゃんお気に入りの「ワンワン」はイマイチふれあい度が少ない。
 南エリアの「まきば夢工房」一階のべーかりー&カフェで小休憩し軽食を摂った。六甲山頂の牧場高台にある。見渡す限りの新緑の絶景がめた。花ちゃん一家との癒しのひと時を噛み締めながら帰路についた。

花ちゃんが我が家を後にした2017年05月07日

 四泊五日の滞在を終えて我が家から花ちゃんが消えた。昨日の昼過ぎにチャイルドシートの花ちゃんの心なしか寂しげなバイバイ姿を見送った。数々の楽しい思い出と目を見張る成長ぶりに浸った五日間を満喫した。そしてその余韻とともに一抹の寂しさが訪れた。
 花ちゃんを見送った後、花ちゃんバージョンの我が家の1階の片づけをした。食卓の花ちゃんチェアー、リビングのアンパンマン自動車やチェア、和室のすべり台やお猿さんのメロディ玩具などを二階の和室に戻した。今やその部屋の半分が花ちゃん用の物置になっている。そして30数年ぶりに和室床の間に復活した鎧飾りも片付けた。怖がるかと思った花ちゃんだったが意外と平気だった。とは言え「ンギョッ(人形)!ンギョッ!」としょっちゅう近づいていた雛飾りほどの愛着はない。
 片付けた後の我が家の趣きが一変した。雑然とした賑やかな雰囲気が一掃され再び老夫婦だけの落ち着いた静寂が漂っている。

街の世話焼きオヤジの役回り2017年05月08日

 GWが終わっていつもの日常が戻ってきた。早速今日午前中のコープ委員会を皮切りに金曜日までの平日は毎日のように地域活動が待っている。
 自分で蒔いた種とは言え、人生終盤の「街の世話焼きオヤジ」の役回りも性に合っている。「元気な年寄り」の間は「元気がなくなったお年寄り」をはじめ地域での支え合いを必要としている皆さんのお役に立てればと思っている。
 とはいえいつまでも続けられない。後期高齢者になる75歳前後がメドだろう。それまでに広げ過ぎた役回りを整理しながら後任者を見つけてひとつづつバトンを渡さねばならない。地区社協会長、福祉ネット事務局長、民生委員、ちょい呑みオヤジ会代表世話人等々である。それぞれの分野の課題や役回りにケジメをつけながら退任のソフトランディングをはかること。これを地域活動の締めくくりに向けて心して取り組みたい。

ソフト活用と地域活動のインフラ化2017年05月09日

 4月の地区社協総会の議案書づくりで気なったことがある。会計処理の効率化が不十分ではないかという点だった。現金出納帳はエクセル入力でデータ化されてもののそれが科目別集計や収支計算等に連動していない。システムアドミニストレータ資格を保有し多少なりともITスキルを持っていると自負している身には何とももどかしい。基礎データ入力さえできれば一連の会計処理は自動計算できるはずだと思えた。
 現役税理士さんであるオヤジ会メンバーにその旨聞いてみた。「会計ソフトはそうした処理をこなすためのも。フリーソフトか低廉なソフトを探してみましょう」とあるソフトを紹介された。早速導入して地区社協用に一連の初期設定を行いカスタマイズした。その上で昨年度の現金出納帳データを入力したところ見事に一連の会計処理が自動計算された。科目別台帳、収支計算書、収支予算書、年度別収支・月別収支の推移等の自動作成機能がある。これを導入すれば今後会計担当の交替があってもかなりの部分をカバーできる。
 9年前の社協役員就任と同時に広報担当として年6回の広報紙の編集実務を担った。4年前には広報紙編集ソフトを導入し一気にレベルの高い紙面構成を実現した。地区社協会長就任後の昨年からは編集実務を他の部員にバトンタッチした。それでも編集ソフトのお蔭で従来の紙面構成が維持されている。
 地域活動は人の想いや意欲やスキルによって支えられている面が多い。それだけに特定の人材の退任は活動のレベルを後退させかねない。それをカバーするためにもITソフトの活用は有効である。人に頼る部分を極力抑えてソフトに代替しインフラ化しておくことで人材面での課題を幾分なりともクリアできる。特定の地域ボランティアを預かる立場からも在任中の課題としたい。

地域活動に明け暮れた一日2017年05月11日

 昨日の丸一日を地域活動で過ごした。
 朝10時からボランティアコーディネータ会議に出席した。11時頃に中座して20分ばかり歩いてやまなみバスのバス停に向かった。阪神西宮駅前で昼食を済ませ西宮市民会館の会議室に向かった。
 1時半から障がい者施設を運営する社会福祉法人の評議員会に出席した。社会福祉法人改革に対応して新たに衣替えした評議員会の委員に選任された。その社会福祉法人が福祉ネットのオブザーバーであるということから就任を要請された。出席の8名の評議員のほとんどは初対面である。社会福祉事業団理事、市会議員、障がい者家族会役員、民生児童委員、ボランティア組織事務局長を兼ねる会社社長等々、多彩な顔ぶれである。定款変更や基本財産処分等の案件を審議確認し3時に終了した。
 自宅に戻り夕食を済ませた後、7時半からは地区社協の三役会に出席した。今期の会計管理の在り方について検討した。総会で確認した緊縮財政予算の細部の検討と具体化がテーマだった。会計管理の手法そのものの見直しを提案した。市販の会計ソフトを導入しクライドサービスで情報共有をはかることでより緻密な予算管理が可能になる。三役全員のソフト導入という課題があるもののひとまずソフト導入による会計管理が確認された。9時15分頃に三役会を終えて帰宅した。
 永い一日の最期を風呂上がりのビールで締めくくった。