二日目の花ちゃん。曇り後晴れ。2017年08月12日

 我が家の開け放たれた台所の窓越しに木琴の音が鳴り響いていた。早朝ウォーキングを早々に切り上げて7時前に帰宅した。木琴の乱打が花ちゃんが既に起きていることを告げていた。
 リビングに入るとパジャマ姿の花ちゃんが笑みを浮かべて振り向いた。「じいちゃんや!」と口にしながら近寄ってきて両手をじいちゃんの腰に回してギュッとしてくれた。この愛らしさがたまらない。
 リビングのテーブルでモーニングコーヒーを飲み終えた。膝の上でチャンコしている花ちゃんに空いたコーヒーカップを渡して声をかけた。「ばあちゃんにドウゾしてきて!」。コックリ頷いた花ちゃんがトコトコと台所まで行ってばあちゃんにドウゾした。お手伝いもできるようになった花ちゃんである。
 午前中の福祉ネットの会議に後ろ髪を引かれるようにして自宅を後にした。会議後自宅に戻っても誰もいない。花ちゃん一家とばあちゃんは神戸どうぶつ王国(旧・花鳥園)に出かけている。3時半頃に戻った後花ちゃんを残して再び買物に出かけた。じいちゃんの出番だ。
 しばらく遊んでいたが突然花ちゃんがしきりにパンツに手を当てて「ウンコウンコ」と口にした。ウッソ~!さっき母ちゃんがオムツを替えたばかりやん。オムツを摘まんで上から覗いてみた。アッタアッタ、臭い匂いと一緒にウンコがお尻にベッタリ付いている。万事休す。じいちゃんが初めてのオムツ交換をやるほかない。オムツ探しから始まった。ようやく見つけたオムツと濡れティッシュをもって花ちゃん座布団にゴロンしてもらう。オムツを脱がしてお尻のウンコをティッシュで拭き取る。慣れぬ手つきで新しいオムツを履かせる。不慣れなじいちゃんのオムツ交換に同情してか花ちゃんは至って協力的だ。エライエライ。
 昼間の花ちゃんとの別れと夕方の二人ぼっちのスキンシップのお留守番。曇り後晴の二日目だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2017/08/12/8644937/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。