前立腺PSA検査前の禁酒2019年03月12日

 持病のひとつに前立腺肥大症がある。二つの治療薬の服用と定期的な前立腺検査を受けている。検査は前立腺の異常値を測定するPSAという血液検査である。70歳以上の基準値は4.0で、基準値を超えると前立腺癌の確率が懸念されるためより精度が高いが、苦痛を伴う前立腺針生検を受ける羽目になる。
 2年ほど前は基準値を越えたり下回ったりと安定せず、MRI検査や針生検を受けた。ところが昨年6月のPSA検査以降の3回の検査は昨日の検査も含めて全て基準値未満である。要因のひとつに禁酒効果がある。主治医から検査の前日は禁酒を指示される。アルコールとの因果関係がありそうだ。そこで3回前の検査からは思い切って3日前から禁酒して万全の準備で検査に臨んだ。その効果を思わずにはおれない。私からそのことを聞いた主治医もぜひそれは続けるようにとのことだった。
 3回目の検査結果に気をよくして、帰宅後の昼食時には早速缶ビールにありついた。