名古山墓参と行列のできるあなご料理の店2019年03月18日

 家内の手術後の回復は極めて順調だ。そこでお彼岸前の平日に姫路名古山の実家の墓参りに出かけた。10時前に自宅を出て新車の赤いヴィッツで家内の運転による久々の遠出だった。お彼岸間近とあって平日ながら大勢の墓参で賑わっていた。お墓と周辺の掃除とお勤めを済ませて名古山を後にした。
 姫路城大手前駐車場に駐車し、ネットで調べておいた穴子料理の人気店「炭焼あなご・やま義」に向かった。JR姫路駅北側すぐにある狭い間口のやま義の前には12時過ぎとあって既に20人ほどの行列ができている。30分ほど待って狭い店内に入店し更に10分ほど待って注文下「特上あなごわっぱ」が運ばれた。
 わっぱに盛られたご飯に蒸し煮、地焼き、佃煮の穴子が乗せられた三味重と、お吸い物、野沢菜漬物がついている。穴子の三つの味が香ばしさと異なる歯ごたえで味わえた。好みで最後にお吸い物でお茶づけにしても良い。待たされた甲斐があったと舌鼓して完食した。入口を出ると相変わらずの行列ができていた。