ほど良い参加者が定着したオヤジ会2019年03月26日

 47回目のちょい呑みオヤジ会が開催された。呑み会グループとしては17回目になるオヤジ会には9名の参加者があった。直近4回のオヤジ会は8~9名とほど良い人数の参加者が続いている。
 ちょい呑みオヤジ会も発足後丸5年を経過して参加者も固定化しつつある。累計のメンバー登録は50名近いが、直近1年間の参加者に限れば30名弱である。体調を崩したりり、飲酒にドクターストップがかかったり、配偶者の介護に直面したりと様々な事情で参加が難しくなった方も多い。オヤジ会の運営や雰囲気が合わないといった相性もあるだろう。そんな中での10人前後の参加者数はそれなりに安定し定着してきたと言える。会場スペースからもゆったりとでき、2時間という開催時間からも全員の近況報告も含めればほど良い人数である。
 事務局からは半月ほど前に起きた住宅街の孤独死について報告した。新興住宅街ながらご近所さんの見守り意識は高い。オヤジ会メンバーの前向きなコメントもありがたかった。
 いつもながらカフェ店主の心づくしの季節の料理もありがたい。店主からは最後に手作りのイカナゴの釘煮までお土産に頂いた。恵まれたメンバーと会場と料理という環境あってのオヤジ会である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2019/03/26/9051407/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。