民生委員の役回りが増えてきた2019年10月17日

 このところ民生委員がらみの活動が相次いだ。ご近所のひとり住まいの高齢女性から連絡があった。体調が思わしくなく病院に行きたいが車の手配が可能な情報を教えてほしいとのこと。カーボランティアや介護タクシーもすぐには間に合わない。時間があったので私がすぐに伺いますと答え、お送りした。
 老人会の80代のお友だちがこのところ顔を見せないので心配しているとの情報を頂いた。早速、その方のお宅を訪ねた。ご本人は不在だったがご家族に事情を聞けた。体調が万全でなくなったので病院の関係で他の家族の住む阪神間の家に移ったとのこと。
 緊急通報システムの問合せがご本人の家族からあった。10月から実施の新しい見守りホットラインの切り替えの手続がよく分からず混乱されているようだ。旧システムと新しい事業との違いやメリット、デメリットが把握されていない。私見も交えてわかりやすく情報提供した。
 高齢化の進行で様々な困り事が顕在化しつつある。行政との身近な窓口である民生委員の出番は今後一層増えていく。