文化祭講座”旧・国鉄有馬線”開講2019年11月01日

 住宅街の自治会主催の文化祭が始まった。初日10時の自治会長挨拶の後、私のふるさと講座で文化祭が幕を開けるのが4年前からの恒例となった。
 今回のテーマは”かつて山口を蒸気機関車が走っていた”をキャッチコピーにした「旧・国鉄有馬線」である。例年より少なめだったが40名の皆さんに受講して頂いた。性別では男性21名、女性19名といつもながら男性が多い。地域活動関係の講座は女性が多数だが、郷土史関係の講座はやはり男性の関心が深いようだ。
 同じ住宅街のご近所さんだった故・吉田和夫氏から有馬線の膨大で貴重な資料を託された。今回の講座でも吉田さんの遺志を住民の皆さんに伝えられたことを有難く思うと締めくくった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2019/11/01/9171646/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。