住宅街の並木の落葉2019年11月06日

 散歩道である。住宅街を縁どるさくら並木の紅葉がグラデーション状に始まり、落ち葉が路上に散在していた。住宅街の高台を抜けて麓を巡って有馬川に架かる天上橋袂に出た。北に向い中国道の高架下を抜けると風景が一変する。刈り入れを終えた寒々とした稲田が広がる。
 名来橋を折り返し有馬川土手道から中国道方向を眺めた。稲田との間に続くさくら並木は紅葉の終盤を迎え寒々とした風情を漂わせていた。落ち葉は路上に散乱することなく風に吹かれて見事に土手道の縁に押し込まれ赤く縁どっていた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2019/11/06/9172882/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。