BSプレミアム・バリバラドラマ 37セカンズ2020年02月01日

 NHKBSプレミアムのバリバラドラマ『37セカンズ』の再放送を観た。事前の予備知識は全くなく、NHKEテレのバリバラのドラマバージョンくらいの軽い気持ちで観始めた。ところが展開されたドラマはシリアスで重いものだった。
 何よりも主人公は脳性麻痺で車椅子生活者の実在の若い女性・佳山明(メイ)である。オーディションで選ばれたズブの素人の彼女が人生で初めての女優に挑んだ作品だった。本格的なドラマのヒロインを体当たりで演じている。障害者にとっての「性」というシビアなテーマに真正面からぶつかっている。母親との葛藤場面を本職の女優相手に臆することなくバトルを演じきっている。2019年ベルリン映画祭パノラマ部門で観客賞と国際アートシネマ連盟賞をダブル受賞した国際的にも評価の高い作品である。
 母親の過剰な介護から自立をめざして、新たな世界に踏み出していくヒロイン夢馬(ユマ)の姿は、危なげで痛々しい。それでも自分が障害者であることを前面に据えながら、介護とは無縁の健常者でも距離を置きたくなるような夜の世界を独りでさまよう。
 タイトルの「37セカンズ」は、生まれた時に37秒間呼吸が出来なかったことで身体に障害を抱えてしまったユマの人生の原点を象徴している。
 映画祭の授賞式で、メディアから「出演して難しかったこと、優しかったこと」を聞かれた佳山明が答える。「優しかったことは障害者のリアリティ(の表現)です」。当意即妙の何という見事なリアクションだろう。障害者のありのままの立ち位置こそが自分の強みであることをさりげなく告げている。その振舞いとその場の共感こそがバリアフリーなのだろう。

障害者の移動手段と交流拠点2020年02月02日

 毎年1月に市社協主催で山口地域の障害者支援の懇談会が開催される。今年も山口公民館で20数人の参加者が集まって懇談した。山口、北六甲台の地区社協とボランティアセンター、山口地区民生委員、障害者家族会、障害者支援事業当事者、障害者施設職員、障害者支援センターと市社協職員等の皆さんである。
 最初に、北六甲台地区社協の障害者サロンの紹介と、障害者家族会の概要説明のプレゼンがあった。
 その後、4グループに分かれての自由懇談になった。私のグループでは、障害者の移動手段の確保が話題になった。バス利用中の乗客の無理解な言動などもあるという。山口町で取組み中のコミュニティバス運行の進捗も話題になった。私からは、コミバス等の特定の選択肢にこだわるのでなく、医療機関、介護施設、幼稚園などの送迎バスの空時間を高齢者や障害者の足にする等の多様な選択肢の模索が必要ではないかと提案した。
 グループ懇談後、各グループの報告があった。この中で、2グループが市の共生型地域交流拠点への期待が話題になったとの報告があった。障害者にとっても交流拠点が関心のある課題になっていることを知った。

自叙伝出版、就労継続支援事業所との打合せ2020年02月03日

 自叙伝発行が大詰めを迎えている。既に出版用のPDF原稿は印刷業者にメール送信した。パーソナル編集長というソフトを使って全て自分で編集したので、印刷製本だけ業者に委託する。
 業者選定は、地区社協の「分区20年誌」や全戸配布の広報紙でお付合いのある新生会作業所にお願いする事にした。その障害者の就労継続支援事業所である新生会作業所を訪ねた。
 1時半から総合福祉センターで市社協評議員会の予定があり、12時45分に隣接の新生会作業所に着いた。初めて入った作業所内では何人もの作業中の障がい者の皆さんの姿があった。就労支援事業所としては規模の大きな施設のようだ。
 旧知の担当者と製本仕様、紙質や表紙デザインの確認、自分史年表・挿入イラストの処理等について20分ばかり打合せて、お隣の総合福祉センターでの市社協評議委員会に向かった。

花ちゃんの発表会の報告2020年02月04日

 月曜日の夜、三日ぶりに花ちゃんとFaceTimeした。前日に保育園の発表会があった。父ちゃんの実家からばあちゃんが参加したが、今回は私たちは参加しなかった。
 早速、発表会のようすを訊いた。ブレーメンの音楽隊のお芝居をしたようだ。みんなで歌った歌を聞かせてくれた後、花ちゃんがしゃべったセリフも披露してくれた。同じクラスの男の子二人とワンワン役で登場したようだ。
 途中で、モニター前から花ちゃんの姿が消えた。しばらくして登場したのは鬼の面をかぶった花ちゃんだった。節分の日に保育園で豆まき用に自分で作ったお面だった。
 何か行事があるとFaceTime越しの会話が弾む。

我が家の恵方巻2020年02月05日

 節分の日である。世論の食品ロス問題への関心が強くなり、恵方巻の小売店の販売キャンペーンは控えめになったようだ。良いことだ。
 季節の料理を楽しむこと自体は、伝統文化を大切にする上でも好ましい。ただそれは各家庭で作られる味を前提に家族で食べられるだけの料理であってほしい。共働きのファミリー世帯の忙しい主婦にそれを望むのは酷かもしれないが、子どもたちに我が家の味を思い出にしてもらうことにもなる。可能なら頑張ってほしいと思う。
 老夫婦だけの世帯では、季節の料理の楽しみは格別だろう。我が家でもささやかながら家内が巻き寿司を作ってくれた。年々手抜きになるきらいはないではないが、それでも作ってもらえるだけありがたい。夫婦二人の夕食で我が家の恵方巻を味わった。

介護現場からの報告2020年02月06日

 ボランティアセンター主催のボランティア研修があった。登録ボランティアだけでなく地域の一般住民の方も含めて30名もの参加があった。
 「介護保険サービスの活用」をテーマに介護現場で優れた実践をされている同じ住宅街のケアマネさんからお話を伺った。地区社協の事業部長のご主人でもある。
 提供してもらった市が発行する「ハートページ(介護サービス事業者ガイドブック2019年)」をテキストに、介護サービスの利用の仕方、居宅サービスの内容、施設サービスの種類等が現場の実務をまじえて分かりやすく説明された。合間に、受講者から幾つもの質問があり、そのつど的確な回答がある。
 私からもかねてから聞きたかったことを3点ばかり質問した。①ケアマネ選びのポイントは?看護師出身と介護士出身の違いや、居宅介護支援事業所所属のケアマネと個人経営のケアマネの違いは?②特養入所の待機状況の傾向は?特養が運営するショートステイやデイサービスの利用者の特養入所での優位さは?③認知症ケアの手法のひとつであるユマニチュードの介護現場での導入の動きは?
 ①については、ケアマネの出身による得意分野の違いはあり、事業所所属のケアマネ以上に個人経営のケアマネには独自性や個性がある。②については待機状況は、サ高住の展開等もあり選択肢が増え傾向としては短縮化の傾向にある。入所に当たってデイサービス等の利用者は状況が把握されている分、それが考慮されることはありうる。各施設の入所相談員等に希望を伝えることも手だてのひとつになる。③については、現場でも導入したいという気持はあるが深刻な人不足が先に立つのが現状。利用者の側からのアピールも必要。

ハートページ(介護サービスと事業者紹介のガイドブック)2020年02月08日

 先日、ボランティアセンターの研修会でベテラン介護職の方から「介護サービスの活用」をテーマに介護現場の実情を織り交ぜて教えてもらった。
 その際、教材として配布してもらったのが「ハートページ・西宮市版」という介護サービスと事業者紹介のガイドブックだった。民間事業者が自治体(西宮市)と市内の介護サービス事業者の協力で発行し無料配布している冊子である。NTTのタウンページのようなイメージの冊子には当然ながら介護施設等の事業者の広告が満載であるが、それはそれで、介護が必要な人には役立つ情報である。
 本文内容は介護に直面した人向けになかなかよくできている。介護サービスごとの事業者選びに役立つ情報が満載である。「介護保険のしくみ」「介護サービスの利用の仕方」「居宅サービス(の内容)」「地域密着型サービス(の内容)」「施設サービス(の内容)」「介護保険制度外の市の高齢福祉サービス」等が解説されている。
 この他、介護相談、在宅介護、通所介護、短期入所、施設入所等の介護の状況ごとの利用可能な事業所がリスト掲載されている。通常は事業所ごとにどんなサービスが可能かという情報が多い中で、利用者にとっては事業所選びに重宝な情報である。

サ高住の特養化2020年02月09日

 ネット配信ニュースで、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の「入居者のうち要介護3以上の割合は30.9%!」という興味深い情報が目についた。早速、配信元の本文記事にアクセスした。
 記事によると「国交省がサ高住について話し合う有識者懇談会の場で2018年度のサ高住での看取り率が22.4%に上ったことを明らかにした。前年度から3.3ポイントも上昇しており、本来は介護度の軽い高齢者向けの住まいであったサ高住が、介護度の重い高齢者を受け入れ、看取りの場となりつつある実情が改めて浮き彫りになった」という。
 「サ高住は、主に介護を受ける必要のない自立した高齢者が、生活支援サービスを受けながら生活する施設として創設された。入居者は安否確認、生活相談サービスなどを受けながら生活し、職員の直接的な入居者への介護は行われない。介護サービスを受けるには個人でケアマネジャーと契約し、訪問介護や通所介護を利用するのが原則。一方、有料老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)といった介護付きの老人ホームでは、介護サービスを受けるのに個人的な契約を必要とせず、施設側が提供する介護サービスを、時間を気にせずに24時間いつでも利用できる。
 サ高住は、制度上、寝たきりなど重度の要介護者の受け入れを想定せずに創設され、終末期の対応力を十分に持っていない。介護体制が十分に整っていない施設も多いサ高住に重度の方が入居すると、懸念されるのが入居中の事故だ。実際、サ高住で入居者の事故が多く発生していることを示すデータもある。」
 先日、「介護サービスの活用」をテーマにボランティアセンターの研修会があり、講師に特養の入居待ちの傾向を訊いた。「サ高住の増加等もあり選択肢が増え傾向としては短縮化の傾向にある」とのことだった。はからずもこの情報はその短縮化の背景を裏付けていた。但し、内容は本来の制度の趣旨から逸脱し、利用者のしわ寄せや犠牲を前提とするものだった。ここにも国の高齢者福祉のお粗末さが見えてくる。

介護生活を生きる?2020年02月10日

 地区社協広報部会有志5人の昼食懇親会があった。メンバーのひとりの自宅での懇親会だった。惣菜やお寿司のコープ買い出しと家主さん提供の手づくりのアテやパエリアが食卓を飾った。飲み物は持ち寄りビールやワインやにごり酒が添えられた。
 今回の懇親会は元広報部員のおひとりの「おかえり歓迎ランチ」でもある。お母さん介護で沖縄から安曇野での2年ほどの転地療養介護を終え、このほど自宅に戻られた。懇親会はその方の転地介護体験をはじめ介護歴10数年の介護の在り方等の話題で花が咲いた。
 介護されている95歳のお母さんの気持についての話で印象的で考えさせられたことがあった。ひとつは、人はどんな環境下でも希望が持てれば生きられるということだ。お母さんの骨折でしばらく施設入院した時の話だ。同室のおばあさんは介護度も低くまだ若い。ただ身内の訪問は殆どなく施設に預けっぱなしふさぎがちである。結果的におばあさんよりはるかに年上で要介護5で認知症のお母さんの方が外見も動きもいきいきしている。娘たちの頻繁な訪問がお母さんの希望となり気力となっている。
 今ひとつは、介護生活に入り日常生活の殆どを介護に頼らざるを得なくなった時、楽しみの多くを食に求めることになる。お母さんの嚥下機能は衰えているが、美味しいものは少量でも食べる意欲がみられる。嚥下機能も結局、脳に響くかどうかで変わってくる。好きなBGMを聞きながら娘の肩もみに委ねながらの食事は進む。
 永い介護生活の経験者ならではの貴重なエピソードを聞いた。

乙川優三郎著「闇の華たち」2020年02月11日

 乙川優三郎著「闇の華たち」を再読した。時代小説作家としては、藤沢周平に次いで好きな作家である。この作家の作品なら当たりはずれはない筈という気持で読み始めた。再読ながら読み始めても全くストーリーの展開が思い出せない。
 収録された短編6作品を読み終えて、正直がっかりした。途中でやめようかと思ったほどだ。それほどに読みごたえがないというのが率直な感想だった。その最大の要因は物語性に欠けるという点だろう。展開が平坦過ぎると思えた。特に「面影」はそんな気がした。
 それでもやっぱり、次の再読は同じ乙川作品の「夜の小紋」である。この作者への執着は断ち切れない。