ふれあい喫茶のリコーダー演奏2020年02月12日

 地区社協のふれあい喫茶の日である。1時半頃に会場に行くと既に大勢の方がテーブルを囲んでいる。正面壁際には4人の方がスタンバイしている。今回は年何回かのイベントの日で、リコーダー四重奏の演奏がある。
 演奏が始まった。お年寄り向きのレパートリーが何曲か披露される。決して上手な演奏ではないが、大半の聴衆であるお年寄りには聞きなれた懐かしい演奏が平坦な日常の格好の刺激になるのかもしれない。
 イベントの日は喫茶の参加者も多い。イベントがあるとお友だちとのおしゃべりができないという声も聞くが、たまのイベントもまた必要だろう。イベントがあるからふれあい喫茶に行ってみようという方もあるのだろう。ボランティア活動はどこまでも適度なバランスが欠かせない。