”ステーホーム症候群”2020年05月23日

 今回も尼崎の町医者・長尾医師のブログの紹介である。1カ月以上ものステイホームによる心身の悪化への警鐘の記事である。

 「長引くステイホームで生活習慣病の悪化、メンタル不調、認知症の悪化の患者が多い。体重増加、糖尿病の悪化、血圧上昇、筋肉の萎縮、転倒・骨折、認知機能の悪化、周辺症状の増悪、不眠、昼夜逆転
・うつ(コロナかもという不安)、・過換気症候群、不整脈、帯状疱疹、微熱の持続、脳梗塞等々。これらを『ステーホーム症候群』と勝手に呼んでいる。毎日、患者さんに”歩け、歩け”と何十回も叫んでいる。コロナ感染よりもステイホーム症候群のほうが数百倍多い。なかには、「ステイホーム症候群」の方で命を落とす人がいる。ステイホームは万病の元だ。失われた時間を取り戻そう。関西は緊急事態宣言が解除された。どんどん、堂々とウオーキングしよう。」

ちなみに私の場合、ステイホーム前の2月とステイホーム只中の5月の体重と血圧を比べると、体重は0.3Kg減、血圧は上下とも殆ど同じだった。この時期の絶妙のタイミングの記事で自身の体調をチェックした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2020/05/23/9249271/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。