水洗トイレの手洗い水がタンクから溢れた2020年08月30日

 水洗トイレで用を足していつものように洗浄ボタンを押した。突然水を貯めておくタンクについた手洗い用の蛇口から物凄い水量の水が流れ出した。みるみるタンク上部の受け皿に注がれ溢れだす寸前で辛うじて止まった。ヤバイ!これではうかつに用を足せない。
 亭主はこうした事態にめっぽう弱い。水回りの補修など及びもつかない。すると家内が何やらパンフレットを出してきた。大阪ガスの「済ミカタプラス・ご利用ガイド」とある。ご近所さんに紹介されて今年8月1日に契約したばかりの月額220円の「住まいの困りごとの駆けつけサービス」である。パンフレットの中に「水まわり修理」があり、一時対応(駆けつけ)無料で緊急時の水漏れにもすばやく駆けつけますとある。
 早速コールセンターに連絡したら契約店舗に連絡しあらためてそちらから訪問の連絡を入れますとのこと。朝9時に連絡しその日の3時ころに専門業者の担当者が来訪した。ざっと点検しタンクと水道管をつないでいるホースの根元のボルトを調整したようだ。それだけで蛇口から流れる水量が正常に戻った。10分ばかりの作業だったが、修理用の部品を使うこともなく完了し、料金は不要とのことだった。
 あらためて契約したばかりのサービスのありがたみを実感した。月額220円の料金は無駄ではない。何しろ築後35年の住まいである。経年劣化は否定し難い。これからも何かとこのサービスのお世話になることだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2020/08/30/9290100/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。