コロナ余波”在宅トイレの立ション転向”2020年09月10日

 スマホのニュースアプリでコロナ禍で自宅トイレでの立ションが減少したという記事を目にした。読んでみてナルホドと合点した。
 コロナ禍で亭主の在宅勤務が増えている。当然ながら自宅の洋式トイレの使用頻度も多くなる。立ションによるトイレ周りの汚染や悪臭も激増する。この事態をパナソニックがアンケート調査をし、その結果が「小便時に着座する男性は7割、在宅でトイレ掃除の負担増も」という記事になっている。驚いたのは「着座してするようになった」が約11%、「以前から着座していて変化はない」が約58%という数字だ。合わせて約70%の男性が、小便時にトイレを着座して利用しているということだ。
 実は小生もリタイヤし在宅生活になってから家内との葛藤の末、5年前から立ションから着座に転向した。この転向は大人の男性の中では先進的でそれだけに少数派だと思っていた。ところが記事では既に60%近くの男性が既に実践しているとのこと。
 考えてみれば私の周囲の高齢リタイヤオヤジの中では少数派かもしれないが、現役の若い世代ほど着座スタイルを実践しているのも想像に難くない。夫婦の家事分担はトイレ掃除も含めて若い世代ほど進んでいる筈だ。自らトイレ掃除をやれば立ションのもたらす汚染、悪臭を回避し着座スタイルへの変更は抵抗ない。
 コロナ禍がこれに拍車をかけ新たな生活スタイルとして定着している。