満開の彼岸花と我が町の山並み2020年10月04日

 5時20分に自宅を出た。夜明けがすっかり遅くなている。まだ闇に覆われた風景の中を歩いた。
 有馬川緑道の万代橋を超えた辺りまでやってきた。ようやく夜明けを迎えた有馬川を真っ赤な彼岸花の群生が縁どっていた。数年前にこのあたりの新しいスポットにしようということで地元のボランティアを募って植えられたものだ。
 十王堂橋を折り返し上山口の旧街道中ほどを西に向かい西川に合流した。西川の土手道から東の空に向かってお気に入りの風景が望める。手前に丸山、その向こうに畑山と連なる山口町の山並みの風景である。この山並みが望めるのはこのスポットだけである。折しも夜明け直後の空は、秋真っ盛りのイワシ雲に覆われていた。