季節の甘酸っぱい香り2020年10月08日

 早朝ウォーキングは様々な季節の移ろいを運んでくる。この時期はインパクトのある香りが否応なく季節を感じさせる。歩みに先行して突然、甘酸っぱい独特の香りに包まれる。そして濃い緑の葉っぱの間に咲き誇るキンモクセイのだいだい色の花を目にする。この時期以外では気にも留めないキンモクセイの存在を「ここにもあったんだ」とあらためて知らされる。
 下山口の旧街道と宮前通りに挟まれて御旅所がある。ここでもキンモクセイの香りを浴びた。その香りが御旅所の石碑を覆うようにして立つキンモクセイがここにもあったことを教えてくれた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2020/10/08/9303492/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。