地区民児協のコロナ感染予防のオンライン研修2020年12月12日

 12月の山口地区民生児童委員協議会では、会場を山口ホールに移しての研修会がセットされた。「新型コロナウイルス感染症について」をテーマとした協立病院看護師さんのプレゼンテーションだった。
 研修スタイルは講師と会場をオンラインで繋ぎ正面のスクリーンを通じてテレワーク形式で行われた。現役世代には日常化しているかもしれないこうしたスタイルはリタイヤ世代中心の民生委員には初めて体験する人も多い。
 研修では新型コロナの感染力、感染期間、感染経路といった基礎知識に始まって、症状、感染防止策、咳エチケット、マスクの目的や効用等、多岐にわたって解説された。
 最後に「よくある質問」のQ&Aが紹介された。イベント前の検温や体調確認の必要性、昼食会開催の予防策、手洗いの徹底、双方向換気、マスクなしの会食での3mの距離確保等々。
 どこででも誰でも感染の可能性のある新型コロナである。無症状の感染者がいることも考慮しなければならない。あらためて「無理しない、油断しないという意識」の重要性を教えられた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2020/12/12/9325938/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。