1年ぶりのつどい場”あん”で庭先交流2020年12月16日

 前回の参加の昨年11月以来、1年ぶりにつどい場”あん”に参加した。2月以降のコロナ禍の蔓延で休止されていたつどい場だったが、夏頃から主宰者宅の屋外の庭先に会場を移して再開された。その場での食事も避けて手作りお弁当をテイクアウトする方式に変わった。
 そんなあらたな方式のつどい場の初体験だった。交流のスタイルは庭先のバーベキュウコンロで焼いた焼き芋や長芋をコーヒー片手に一緒に味わいながら歓談するというものだった。
 男女合わせて7名の参加者が、それぞれに近況を語り合って2時間近い交流のひと時を過ごした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2020/12/16/9327380/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。