我が家の風物詩”かき餅づくり”2020年12月28日

 二日前から家内が餅つき機でお餅づくりにかかっていた。お雑煮用の丸餅と、ユカリと大豆のかき餅である。丸餅はその場で夫婦二人で丸めた。
 二日ほどおいてかき餅の短冊づくりにかかった。これがなかなか骨である。タッパーに入れて長方形になったお餅を6つの塊に切って、塊ごとに包丁で薄い短冊状に切っていく。包丁の柄と先端部分を押しながら切っていくのだが先端部分の刃の峰が掌に喰いこんで痛い。途中からタオルで覆って作業した。家内と手分けしながら30分ほどかかって完了した。
 短冊状になったかき餅を埃の立たない2階の和室で乾燥させる。全紙版新聞紙3枚分いっぱいにかき餅を並べた。
 並び終えて食卓に戻ると、家内が端っこの厚いかき餅をトースターで焼いてくれていた。今年初めての我が家の旬の味を美味しくいただいた。これからしばらくは好物の我が家の味をおやつ代わりに楽しめる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2020/12/28/9331253/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。