我が家のお正月風景の変貌2021年01月01日

 コロナ禍真っ只中の2021年を迎えた。我が家のお正月風景が様々に変貌している。
 元旦の目覚めは4時過ぎの未明だった。メールやLineチェックをしたり朝刊に目を通した後、例年にない事務処理を行った。例年、賀状を出していた方の内、今年はPCメールやLine登録のある方にはそちらで新年のご挨拶をすることにした。その20数名の方に賀状のイラスト画像添付の新年ご挨拶メールを送信した。
 6時過ぎから早朝ウォーキングに出かけて7時前に帰宅した。例年なら花ちゃんをはじめ息子夫婦や娘夫婦のいる賑やかな我が家に今年は家内と二人だけである。家内が二人だけのおせちのお膳の準備やお雑煮の支度をしている。
 昨年はお取り寄せの三段重のおせちだったが、今年は家内が取りそろえたささやかなおせち料理だ。いつもならたっぷり残ったおせちを正月三日がかりで夫婦で片づけたものだ。今年はそんな苦労はないだろう。考えてみればこちらの方がはるかに合理的だ。来年三家族の正月になったとしても今回のおせちの量を増やすだけで充分だ。
 10時半ごろには恒例の夫婦二人の初詣でに出かけた。いつもは丸山山頂の稲荷神社奥社迄足を延ばすが、今年は家内の膝の調子が思わしくない。丸山山麓の本社から公智神社を巡り、お昼前にマクドナルドでお茶をして帰宅した。2時間ほどの9千歩ほどのウォーキングを久々に二人で過ごした。