犬山成田山と犬山温泉投宿2020年10月21日

 2時前に名古屋市内の息子夫婦宅から犬山に向かった。まもなくホテルという地点で犬山成田山の大きな看板を目にした。まだ3時前だったのでチェックイン前に参拝することにした。朱塗りの立派な山門前に駐車し参道の階段をのぼる。小高い山の頂きに立つ本堂前の境内は市内を一望できる絶景スポットだった。木曽川の河畔に建つ犬山城の素晴らしいロケーションを目にした。
 参拝を終えて予約したホテル犬山温泉・臨江館に到着した。木曽川沿いに建つホテルは川を挟んで岐阜県と境を接する愛知県の北端の地にある。楽天トラベルの予約表を渡して二人で4千円分の地域共通クーポンを貰った。案内された3階の部屋からは窓から木曽川が望める。仲居さんから「一週間前までここから鵜飼の実演が見えたんですよ」と告げられた。
 古い建物の和風旅館で施設としては快適とは言えないが、夕食は品数も多くできたて感のある美味しい料理だった。夕食後には露天風呂付の誰もいない大浴場にゆっくり浸り、久々の旅の疲れもあって二人揃って9時頃には眠りについた。

名古屋の息子夫婦を訪ねた2020年10月20日

 転勤族である息子が5月に名古屋に異動になり転居した。名古屋市内の鶴舞公園近くの息子のマンションを訪ねた。膝の痛みを抱えた家内は新幹線の階段の上り下りが苦痛だというので長距離ながらマイカーで出かけることになった。久々の夫婦二人の長距離ドライブである。
 7時半に自宅を出て中国道から新名神、東名阪を辿り11時前に息子夫婦宅に到着した。しばらくくつろいで昼食に出かけた。私たちの事前のオーダーで車で15分ばかりのひつまぶしの老舗を予約してくれていた。当日10時頃に息子夫婦が店頭で整理券をもらって何とか昼食のテーブルを確保できるという繁盛店である。
 12時前に「あつた蓬莱軒」に入店し、税込3,990円のひつまぶしを注文した。お櫃に盛られたひつまぶしが薬味、出汁、香の物が添えられて配膳された。来店経験のある息子から教えられてしゃもじでひつまぶしを4等分する。一膳目はそのままで、二膳目は薬味を添えて、三膳目は出汁をかけてお茶漬けで、最後はお好みで味わうというのがお勧めの食べ方とのこと。お茶碗4杯分の多目のご飯が苦も無く胃袋に収まった。香ばしい深みのある刻んだウナギとタレのしみこんだご飯が予想にたがわぬ美味しさを運んでくれる。
 昼食後、私たち夫婦だけですぐ近くの熱田神宮に参拝した。駐車の難しい場所柄で息子夫婦は車で待つことになった。三種の神器の1つである草薙剣を祀る神社として知られる格式高い神社である。大鳥居をくぐり本殿に向かう参道には七五三の着物姿の参拝者が多い。本殿で参拝した後折り返して息子夫婦と合流した。
 マンションに戻って歓談し2時前には辞去し、Go To トラベルで予約した犬山温泉の旅館に向かって車を走らせた。

花ちゃん一家と近江八幡プチ旅行2020年10月06日

 日曜日に大津市の花ちゃん宅を訪ねた。10時半頃から祖父母と両親に連れられて花ちゃんが自宅を出てマイカーで近江八幡に向かった。滋賀県有数の和菓子の老舗・たねやが経営するラ コリーナ近江八幡に11時過ぎに到着した。
 コロナ禍ながら日曜日とあって大勢の来店客が詰めかけている。マスク着用のない客は入店できないと告知されている。施設内の建物のほとんどの屋根が草で覆われて独特の雰囲気を醸している。広大な敷地の各所に幾つもの店舗が建ち渡り廊下風で繋がれている。たねやグループが製造するバウムクーヘンをはじめとした和菓子、洋菓子やカフェ等が洗練された雰囲気で並んでいる。おしゃれなパッケージ等の装いがいかにも若者や若いファミリーの人気を呼んでいるようだ。まるでお菓子のテーマパークを思わせる演出である。きたての生どら焼きを買って味わった。
 ラ コリーナから昼食を食べに野洲市に向かった。花ちゃんの父ちゃんの知人が営業する「そぼっくる」というお好み焼きの店である。ねぎ焼と自家焙煎コーヒーが評判の店だという。山小屋風の店舗は客席10人余りの狭いこじんまりした店だった。食べたばかりの生どら焼きで空腹感はない。家内と二人でねぎ焼とたこ焼きをシェアした。鉄板に乗せられて運ばれたアツアツのねぎ焼の独特の柔らかい生地と絶妙の味付けを味わった。
 花ちゃん宅に2時半ごろ帰宅し、3時には我が家に向かった。

富士周遊三拍三日の旅③2019年10月12日

 富士山の北東山麓に建つホテル鐘山苑(かなやまえん)はひときわ大きく豪華なホテルだった。到着後、抹茶の接待がありその後、入浴を済ませ6時からの宴席に臨んだ。宴会後、8時半からホテル従業員による太鼓演奏を楽しんだ。男性6人の迫力ある太鼓の響きは素人離れした見事なものだった。演奏に続いてホテル主催のビンゴゲーム大会があったが、くじにはトント縁のない人生を再確認しながら部屋に戻って眠りに着いた。
 三日目の朝、このホテルのウリでもある屋上展望露天風呂に出かけた。大空の下に浮かぶ露天風呂は真正面に雄大な富士山が望める筈だったが、ここでもそれはむなしい夢だった。辛うじて一瞬の富士の稜線を垣間見ただけだった。驚いたのはこの露天風呂には洗い場がないことだ。富士山展望のためだけの露天風呂だったのか。朝風呂を終えてホテルの広くて立派な庭園を散策した。散策の後、朝食バイキングを済ませてホテルを後にした。
 富士宮市の浅間(せんげん)神社を参拝した。駿河国一宮にして全国の浅間神社の総本社である。富士山の湧水で満たされている境内の湧玉池は国の天然記念物である。神社からすぐ近くの「しほ川」という料理店で釜めし御膳の昼食をとった。添えられたまぐろの刺身が絶品だった。
 昼食後、帰路についた。初日に訪れた焼津に途中下車して焼津魚センターに立ち寄った。広大な敷地の市場に70店舗の店が軒を並べる。地元で水揚げされた魚介類をはじめとした水産物が所狭しと並んでいる。鮭とば、明太子、シラスふりかけ、えびせんなどのお土産を買いこんだ。その後は2回の小休憩を取りながら一路山口に向った。出発地点には8時前に到着し、家内の待つマイカーに乗り込んだ。

富士周遊三拍三日の旅②2019年10月11日

 旅の二日目の朝を迎えた。部屋の外の景色は相変わらずの曇り空。今日も富士山の展望は望むべくもない。地元食材中心のバイキングの朝食ではその場で握ってもらえるお握りを味わった。
 8時半にホテルを出発し今日の最初の訪問スポットの白糸の滝に向った。このよく耳にする有名な滝を初めて目にした。幅約150mに渡って湧水する滝の美しさは想像以上だった。これらの滝が流れ落ちたものでなく富士山麓の崖面の各所から湧出した水が幾筋もの流れとなって落ちている。まさしく”白糸の滝”である。売店で珍しい「わさびアイス」を目にした。買って味わてみると本当にワサビのピリ辛感が口の中で広がった。
 道の駅・朝霧高原で小休止し、青木ヶ原の富岳風穴に向った。富士山の噴火で流れ出た溶岩流が生みだした溶岩洞である。狭くて天井の低い洞窟を身をかがめて奥に向う。気温が下がり冷気が漂う。行き止まりにある”天然冷蔵庫”の看板に納得。
 川口湖畔に建つ昼食会場のみはらし亭に到着した。各テーブルの真ん中を溶岩の板が敷かれている。この上でステーキや野菜を焼いて食べる「溶岩ステーキ」がお昼の献立だった。
 昼食後、富士スバルラインを駆って富士山五合目に向った。個人的には2度目の五合目だったが、到着後の景色は最悪だった。雲間の富士山の正体は現地では10m先もかすんで見える濃霧そのものだった。早々に切り上げて次のスポット・忍野八海に向った。
 名前だけは耳にしたことのあるこのスポットの実態は、山梨県忍野村にある富士山の雪解け水が生みだす湧泉群だった。水車や茅葺家が建ち並ぶ風情のある一帯にいくつもの湧水の池が散在する。池の水はどこまでも透明で中にはコバルトブルーの美しい色彩を帯びているものもある。忍野八海から15分ほどの二日目の宿泊地・富士山温泉に到着した。

富士周遊三拍三日の旅①2019年10月10日

 地域の知人グループと懇親ツアーに出かけた。二泊三日の富士山周遊の旅である。朝8時に山口町を出発し2回のSA休憩を挟んで12時に浜松の昼食会場「鰻のいしかわ」に到着した。ボリュウムたっぷりで芳ばしい鰻重に舌鼓した。
 最初の訪問スポットは大井川川越資料館だった。昔の川越場前に建つ島田市博物館の駐車場で下車し、川越場に繋がる旧東海道を散策しながら川会所跡の資料館に着いた。ボランティアガイドから川越しの値段、肩車や蓮台、人足等の大井川の渡しに関する様々な説明を聞いた。川越資料館からバス数分の蓬莱橋に向った。世界一長い木造歩道橋としてギネス認定された全長897mの橋である。数々の時代劇等の映画のロケ地となった木造橋は江戸時代を思わせる風情を漂わせていた。
 初日の宿泊先の焼津温泉の焼津グランドホテルに17時頃に到着した。対岸に伊豆半島を望む駿河湾に面して建つホテルである。9階のオーシャンビューの部屋からは広大な太平洋が望めたが、生憎の曇り空で見える筈の富士山は雲の中だった。露天風呂に浸かった後18時半からの宴会と二次会のカラオケで過ごして同室者4人と眠りについた。

青鬼まつりの石山寺2019年05月21日

 5月19日の日曜日、大津市の花ちゃん宅を訪ねた。花ちゃん一家と一緒にお昼前から最寄りの名所・石山寺に出かけた。瀬田の唐橋の東詰めのたもとから瀬田川に沿って遊歩道を南に散策した。30分ばかり歩いて石山寺山門前に到着。
 山門の内側から本堂に向う参道には大勢の参拝客が列をなしている。参拝は無理かと思ったがとにかく入口近くまで行ってみようと列の横を通って進んだ。入口近くで行列の正体が判明した。青鬼と着物美人それぞれ二組が列に並んだ参拝客たちに青鬼団扇を無料配布していた。リクエストに応じて写真撮影に応じている。それを横目に拝観チケットを購入し入場した。パンフレットをもらって合点した。毎月5月第3日曜日は青鬼まつりの法要が営まれるようだ。法要直後の参道に出くわしたようだ。
 正面石段を登りつめると新緑に包まれた山中に七堂伽藍が配された境内にでた。正面には石山寺を象徴する大岩が聳えたつ。参拝客でごった返す本堂には西国三十三所13番札所とあって大勢の巡礼姿があった。多宝塔前を通り展望台から瀬田川とその先の琵琶湖を望んだ。北側の参道を西から南に周遊し本堂南を抜けて入場口に戻った。
 山門のすぐ近くに「志じみ釜めし・湖舟(こしゅう)」の店がある。事前にガイドブックでノミネートしていた店だ。志じみ釜めしカレー(1290円)を注文した。アツアツの釜めしが器に入ったカレーのルーと温野菜一緒に配膳された。志じみの入った味わいのある釜めしを半分ほど食べた後、残りの釜めしにルーをかけてからスタッフに声を掛けた。調理場でもう一度焼きあがった焼カレーが届けられた。ちょい辛の香ばしい焼カレーを美味しく味わった。
 門前の立ち並ぶ店でかりんとう饅頭をみんなで食べてから帰路についた。京阪石山寺駅で停車していた電車に乗車した。ひと駅だけの乗車だったが歩き疲れた様子の花ちゃんのむずかり防止に役立った。1時半頃には花ちゃん宅に帰還した。

夫婦二人の尼崎城2019年05月05日

 連休も残り二日となった日、一日ぐらいは夫婦二人で出かけることにした。車の渋滞を避け電車で行ける近場ということで、行き先は築城間もない尼崎城にした。8時前に自宅を出てバスとJRを乗り継いでJR尼崎駅に9時前に到着した。JR尼崎駅から阪神尼崎駅南のお城までウォーキングを兼ねて40分ばかり街歩きした。
 阪神尼崎駅南口を出て東に3分ばかりのところに今年3月にオープンしたばかりの白亜の城が聳えていた。1階入口で入場券を求めエレベーターで一気に5階まで昇る。5階は360度の展望ゾーンだ。南を望む壁の掲示板には大阪湾を挟んで天保山の海遊館の観覧車が見えると表示されている。デジカメのズームを最大にしてモニターチェックすると確かに観覧車の頭半分が写っていた。4階の尼崎出身の城郭画家・荻原一青氏の百名城手拭のギャラリー、3階の貸衣装による戦国体験、2階の幅10mの大画面による尼崎城のCG映像を見て回った。
 阪神尼崎から阪神西宮に戻り、駅高架のショッピングモール・エビスタ西宮を散策した。家内には増床改装したばかりのモールは初めての来店だった。エビスタすぐ南の「えびす大黒」で昼食をとった。南部の会議の時にはよく利用する店である。お勧めの海鮮丼を家内と一緒に味わった。
 12時過ぎのさくらやまなみバスで帰宅した。夫婦二人の10連休最後のプチ旅行を楽しんだ。

今年もJAのNGKバスツアー2019年04月10日

 今年もJA兵庫六甲のなんばグランド花月の観劇バスツアーに出かけた。昨年参加してそれなりに楽しい一日を過ごせたこともあり今年も応募した。家内とご近所の奥さん二人も一緒だった。
 9時前に住宅街の集合地を出発し10時過ぎにはNGKの入口前に到着した。10時半の開場に合わせてよしもと特製弁当とお茶を受取り入場した。劇場入口では外人男性と女性の芸人二人が迎えてくれる。と座席は前から4列目の右側のいい席だった。
 開演前の若手の前座の後、11時から公演が始まった。ジャルジャル、からし蓮根、ブラックマヨネーズの気鋭のコンビやWヤング、のりお・よしお、オール阪神・巨人のベテラン勢と多彩な漫才陣の競演に大満足だった。休憩を挟んで吉本新喜劇が始まった。今回は川畑泰史座長の「隣の芝生は、半分青い」という劇だった。座長の芝居ぶりはイマイチの感があったが、内場勝則、Mr.オクレ、若井みどり、山田花子など出演者の顔ぶれはなかなかのものだった。
 1時半頃に終演となり次のスポットの造幣局に向った。昨日、始まったばかりの「さくらの通り抜け」は通常なら身動きが取れないほどの来場者である。ところが朝から生憎の雨模様で通り抜けの咲き始めのさくら並木をゆったりと観賞できた。
 3時50分にはバスに集合し環状線、中国道を折り返し5時前には出発地に戻った。

御前崎と掛川城の旅②2018年12月09日

 バイキングの朝食を済ませて9時に出身労組の面々とタクシーで掛川に向った。JR掛川駅の北に聳える掛川城に到着。受付で周遊コースのチケットで入場し天守台までの石段を登る。
 25年前に木造建築で復元された比較的新しい三層の天守閣である。ピカピカに磨かれた急な木造階段を登り切って眼下の市内を展望する。ボランティアガイドさんから天守東側に位置する伝統建築群の解説を聞いた。
 下城して周遊コースに従ってスポットを巡る。風格のある掛川城御殿は数えきれない部屋で構成されその広大さに圧倒される。二の丸美術館は市民美術展開催中でスルー。竹の丸は掛川城の郭の一角で迎賓館の趣きがある。建物西側の手入れの行き届いた枯山水の庭園を鑑賞する。最後に訪れたのは二の丸茶室である。木造平屋建の伝統的な数寄屋造りの建物で、景観と調和した趣のある茶室である。奥の広間に案内されて抹茶の接待を受けた。着物姿の接待役のご婦人と会話を交わしながら静かでゆったりしたひと時を過ごした。
 掛川駅から11時過ぎの新幹線で帰路に着いた。2時半頃には自宅に戻った。旧交を温め、掛川城見学を楽しんだ一泊二日の旅を終えた。