南房総絶景の旅③濃溝の滝~大山千枚田~江川海岸2017年05月19日

 南房総半島のツアー三日目である。早朝に目覚めてすぐに内湯の浴場に入った。都会の銭湯のような侘しい入浴を早々に切り上げて朝食に向かった。朝食会場のバイキングテーブルも昨日とは打って変わった貧弱さである。おまけに口にした煮筍の固さに入歯の前歯が抜け落ちるという不運に見舞われつくづくこのホテルとの相性の悪さを呪った。いつもの朝食後の散策も山の中腹に建つホテル回りを一周して切り上げた。
 ホテルから南房総半島の内陸部に向かった。今回ツアーの最大の見どころである濃溝の滝に9時45分頃に到着した。ツアーの案内パンフに掲載された写真を見て参加を決めたと言ってもよい。森林の中の遊歩道の突き当りにやってきた。歩道右手の崖下に滝が見えた。添乗員から「あれが濃溝の滝です」と案内されるが写真とはだいぶ印象が違う。左手にも下り坂の歩道が続いている。その歩道の外れの川岸に降り立った時だ。目の前にあの写真で見たままの絵画のような見事な光景が飛び込んできた。「濃溝の滝」と呼ばれる光景は正確には「亀岩の洞窟」というトンネル状の洞窟をくぐるようにして三段の小滝の流れを指すようだ。滝の前に設けられた風情のある木の遊歩道を伝って駐車場に向かった。入口には地元の名産・落花生販売の露店が営業している。驚くほど安い落花生をお土産用に買い求めた。
 内陸部を更に西に向かった。狭い農免道路を巧みなハンドルさばきで切り抜けながら大型バスが大山千枚田に到着した。房総半島のほぼ真ん中に位置する東京から最も近い千枚田と言われる。うろこ状に幾重にも連なる水田には植えられたばかりの苗がか細く揺らいでいる。自然と共生する人の営みを象徴する美しい景観に心癒されながらしばしの散策を愉しんだ。
 千枚田を出て西に向かい半島西側の海岸線にある金谷港に到着した。東京湾の対岸にある三浦半島の久里浜港と結ぶフェリーの発着場である。ここの金谷フェリーサービスで海鮮丼の昼食をとった。
 半島西側海岸線を北に向かってアクアラインのすぐ南の江川海岸に到着した。南側には広大な陸上自衛隊木更津駐屯地が広がっている。バスを降りて眺めた光景はなんの変哲もない海岸だった。海に向かって立ち並ぶ電柱がやけに目についた。ネットで調べると満潮時には電柱が海に浮かぶ光景が見られるほか夜間には対岸の京浜工業地帯の工場群のライトアップの光景がこだわり派にはたまらない撮影スポットのようだ。そうした興味のない多くのツアー仲間には退屈な時間を過ごしそそくさとバスに乗車した。
 アクアラインの「海ほたる」で小休憩し、往時に撮り損ねた海を跨ぐアクアラインの遠望をカメラに納めた。海ほたるから海中トンネルを通り羽田空港に到着した。添乗員から航空券を受け取り自由解散となる。18時半の出発まで2時間以上ある。空港ターミナル6階の展望台に出て間断なく発着する飛行機の様子を童心に戻って眺めた。地階フロアで5時前の早い夕食をとって出発ゲートに入った。ゲート前の大型テレビで横綱・稀勢の里が千代の国相手にきわどい勝負で星を拾ったシーンに思わず歓声を上げた。定刻に伊丹空港に着陸したJAL133便からワイエムパーキング迎えの車に乗り換えた。マイカーで自宅に戻ったのは空港を出てからわずか40分の8時20分だった。三泊四日の見どころ満載の「南房総半島の秘境・絶景10景を巡るツアー」が終わった。

南房総絶景の旅②赤山地下壕~野島崎灯台~仁右衛門島~鵜原薇理想郷2017年05月18日

 南房総半島の旅の二日目の朝である。6時前に目覚めてすぐに朝風呂に浸かった後、地元食材たっぷりの和風バイキングの朝食をとった。出発までたっぷりある時間をホテル周辺の散策で過ごした。大房岬の真ん中に建つホテルは三方を海に囲まれ次々に展開する絶景を楽しんだ。ロケーション、設備、食事等すべてに満足したホテルを9時半に出発した。
 ホテルから更に南下し里見八犬伝ゆかりの館山市内に入った。最初の訪問スポットは太平洋戦争末期に掘り始められたという戦争遺跡・赤山地下壕跡である。受付で渡されたヘルメットを着用して見学開始。天上灯の灯りを頼りに暗い地下壕をゆっくり進む。想像以上に広大な地下壕を縦横にトンネル状の通路が走り随所に居住用の横穴がある。空襲が激しくなった頃には実際にこの壕が軍隊に使用されていたという。その生々しさと恐怖感が壁面の冷たい感触を通して伝わってくる。
 里見氏の居城・館山城を車窓から眺めながら半島内陸部を南下し最南端の野島崎灯台に到着。高さ26mの展望台までの螺旋階段を昇り詰めると太平洋の雄大な展望が飛び込んでくる。
 半島東海岸を北上した大型バスが狭い道路に難渋しながらJR内房線の和田浦駅前に到着した。ここから約10分のローカル線の旅である。6両編成の立派な列車に乗り込み太平洋の風光を愛でながら二駅先の太海(ふとみ)駅に着いた。駅前に到着したバスに乗車し太海フラワーセンターに到着。ここで海の幸御膳の昼食となる。
 昼食会場から歩いて10分位のところに仁左衛門島を往来する手漕ぎ船の発着場がある。わずか200mほど向かいのほとんど陸続きにも見える島である。定員いっぱいの14名の乗客を乗せて2名の船頭に操られた小舟が数分で島に接岸。平野仁左衛門を代々名乗る島主の個人所有である。20分ほどかけて島めぐりをした。島主の住居や頼朝のかくれ穴や荒々しい海岸線などを見て回る。
 半島東海岸をさらに北上し勝浦市にある鵜原理想郷に向かった。ハイキングコースの入口駐車場で下車し起伏の多い山道を10分ばかり歩いた。年配ツアー客のボヤキ声を道ずれにようやく到着したのは太平洋を一望する岬の突端に位置する絶景スポットだった。三島由紀夫や与謝野晶子が愛したという景勝地である。左手には海に突き出た勝浦海中展望塔の白いブリッジが目に入る。
 5時半に山の中腹に建つ 鴨川ヒルズリゾートホテルに到着。驚いたのは館内説明の後、テーブルに並べられた浴衣を各自でサイズを選択して持参せよという案内。男女一緒のテーブルに45名の団体客が殺到する。なんという顧客無視の対応だ!おもてなしの気持がみじんも感じられない。部屋も前日のホテルに比べかなりレベルが落ちる。夕食前に浸かった大浴場も満足感が少ない。唯一夕食内容だけは満足した。兜煮、豚シャブ、サザエのつぼ焼き、新鮮お造り、揚げたて天ぷらなどの和風懐石だった。二日目の夜は持参の単行本をタップリ読んで眠りに着いた。

南房総絶景の旅①鋸山大仏~原岡海岸幻想2017年05月17日

 南房総半島の秘境・絶景10景を巡るツアーに家内と二人で出かけた。早朝6時半にマイカーで自宅を出発。伊丹空港近くのワイエムパーキングに車を預けて空港出発ロビー前まで送られた。
 団体受付カウンターでチケットを受け取り各自で搭乗ゲートに向かう。8時半のJALで羽田空港に到着。添乗員の待つ所定の集合場所に総勢45名のツアー仲間が顔を揃えた。同年輩のご夫婦たちを中心に年配の男性四人組と女性グループといった顔ぶれだ。手配の観光バスに乗車し東京湾を横断する全長15kmのアクアラインで対岸の房総半島に向かう。 途中の海ほたるパーキングエリアで360度の展望を愉しんだ後、各自で昼食。フードコートであさりそば&あさりご飯セットを注文した。
 アクアライン千葉側のすぐ南にある最初の観光スポットの鋸山には12時45分頃に到着。ロープウェイに約4分乗車し山頂に。山頂には曹洞宗日本寺の10万坪に及ぶ広大な境内が広がる。山道を歩いて数分のところに地獄のぞきの奇勝が登場する。先端が突き出た絶壁から見下ろす眺めは迫力があり圧巻だった。東京湾を望む展望台からは運が良ければ富士山も見えた筈だが今回はNG。参道の途中を折れた先に磨崖仏の百尺観音があった。絶壁の岩肌に刻まれた10m余りもの巨大観音像である。観音像前からの見上げた地獄のぞきの光景にあらためて息を呑んだ。ロープウェイ山頂駅付近の駐車場に待機したバスで大仏広場に移動する。数分歩いた先に31m余りの日本最大の石像大仏が山肌を背にして忽然と現われた。百尺観音も大仏もその巨大な迫力に圧倒されたが、造られたのはいずれも昭和40年代であると知っていささか落胆した。
 鋸山を出発し房総半島の東京湾側を南下する。道の駅とみうらで小休止し、半島最南端近くのホテル・南房総富浦ロイヤルホテルにいったんチェックインする。2時間ばかり休息し、すぐ近くの原岡海岸に向かった。6時10分頃の海岸にはこのスポットの夕陽の絶景を待つ大勢の人の姿があった。6時半頃になってようやく雲間と水平線の間に沈みゆく夕陽が現われた。海に突き出た桟橋とのコントラストが息を呑むような幻想的な光景をつくり出している。
 ホテルに戻りそのまま夕食会場に向かった。用意された和風バイキングは地元食材を中心に品数が多く新鮮で味わい深いものだった。夕食後は露天風呂付きの大浴場でゆっくり手足をのばし旅の疲れをいやした。大きな応接セットのある贅沢な部屋でツアー初日の早目の眠りを迎えた。

明日からの「房総半島秘境の旅」2017年05月13日

 旅行会社から送られてくる大量のパンフレットからこれぞと思うツアーを見つけるのは稀である。そんな中でも「これはッ!」と思わせたツアーを見つけた。南房総半島の秘境・絶景10景を巡る二泊三日の旅である。
 最も魅力的に思えたのがパンフレット掲載写真が絵画のように美しい「濃溝の滝」である。「鋸山の地獄のぞき」や運が良ければ富士山も望めるという幻想的な「原岡海岸」なども見てみたい。鋸山ロープウェイや内房線のローカル列車や舟で渡る無人島などの乗り物体験もある。
 明日から三日間そのツアーが始まる。このところ忙しかった地域活動を忘れて夫婦二人の旅を満喫してこよう。

社協管外バス研修(伏見~宇治)2017年03月04日

 社協分区の管外バス研修が2年ぶりに開催された。社協役員、協力員、ボランティア登録者に今回からは新たにスタートしたよりそいサポートのサポーターも対象に参加を募ったところ41名の参加者があった。年度末を迎えて一年間の活動の感謝と社協関係者の交流を趣旨とした会費1500円の日帰りバス旅行である。
 朝9時半に出発した大型バスが最初の訪問地の京都伏見の月桂冠大倉記念館に10時45分に到着した。酒蔵の建ち並ぶ風情のある町並みの一角にある。ガイドさんの案内付きで館内を酒造りの工程や展示資料を見学しながら一巡した後に試飲コーナーが待っていた。三種のお酒を試飲した後お土産コーナーで早速お買物。純米酒・山田錦とお刺身用の湯葉を購入。夕食に味わった湯葉がことのほか美味しかった。
 記念館から歩いて数分の同じ月桂冠経営の「月の蔵人」で昼食をとる。注文した生ビール片手に名物ざる豆腐はじめ豆腐中心の会席料理を味わった。たっぷり1時間の昼食時間を利用して歩いて数分の旅籠・寺田屋を訪ねた。坂本龍馬が滞在中に襲撃された旅籠の玄関には「商い中」の木札が掲げられ今も営業中である。
 世界遺産・平等院に1時に到着し南門前広場で集合写真を撮った後、たっぷり1時間半を拝観散策した。鳳凰堂の池に囲まれて建つ優美な姿にあらためて日本建築の粋に心が躍った。平等院に伝わる様々な宝物を展示した博物館・鳳翔館の展示物は圧巻だった。とりわけ26体の雲中供養菩薩像の繊細で優美な彫刻に古代仏師たちの技の凄みを思い知らされた。
 最後の訪問地・源氏物語ミュージアムはバスで5分ほどのところにあった。宇治市が運営する源氏物語と平安文化を復元模型や映像で紹介するミュージアムである。1時間の滞在時間の後半は喫茶室でコーヒーを味わいながら研修部長と懇談した。
 3時40分に帰路についたバスが予定時刻通りの4時40分に出発地に到着した。日頃は一堂に会して交流できる機会の少ない社協関係者たちだが、この管外研修を通じて初めて会う人も多い。年に一度のこの研修の意義をあらためて実感した。

真冬の奥飛騨・癒し旅(飛騨大鍾乳洞と氷の渓谷 )2017年02月07日

 新穂高ロープウェイから昼食会場の「アルプス街道・平湯」まではバスで約1時間の道のりだった。雪の壁が道路の両脇を固める中を大きな駐車場に停車した。店内に入ると一合枡で地元のお米の掬い取りの歓迎プレゼントがあった。二人で3合弱をゲットしたが帰宅翌日の夕食に供されたご飯は思いのほか美味しかった。レストランで各自自由に昼食をとった後、次の目的地に向かった。
 1時頃に「飛騨大鍾乳洞」に到着した。駐車場入り口には「日本一宿儺鍋」と大書された大釜が安置されている。添乗員の解説では飛騨地方に伝わる鬼人・両面宿儺(りょうめんすくな)にちなんだ呼称であるという。上古の仁徳帝の頃に大和王権に服属しなかったアイヌ人ゆかりの伝承を興味深く聴いた。
 飛騨大鍾乳洞は標高900mに位置し日本の観光鍾乳洞では最も高い場所にあるという。全長800mの鍾乳洞は三つの洞に分かれておりそれぞれに出口がある。観光客は体調に応じてショートカットできる。ブルーにライトアップされたの入口すぐの「竜宮の夜景」が幻想的で神秘的な雰囲気に包まれ美しい。体調万全なのでどんどん先に進み様々な造形美の洞を最後の第3洞まで巡った。
 圧巻だったのは第3出口を出て駐車場に戻る通路脇に広がる「氷の渓谷」だった。高さ30mもの蒼白の氷柱が幾重にも連なり圧倒的な迫力で迫ってくる。この時期限定のその幻想的な美しさに久々の感動を覚えた。第3出口から第2出口までの氷柱が圧倒的に美しい。まるで第3洞まで辿った観光客へのご褒美とでも言えそうだ。
 鍾乳洞から15分ほどのところの土産物店併設の高山ラーメン見学工場が最後の訪問スポットだった。簡単なラーメンレクチャーの後、製造直後の高山ラーメンの試食があった。細めの塩味の縮れ麺のラーメンに納得し何食かを購入した。
 3時ごろにJR高山駅に到着した。特急ひだの発車まで30分余りある。駅前周辺を散策した後、駅売店でおつまみとロング缶を調達しひだ16号に乗車した。聞けばこの特急の目的地は大阪で、なんと到着時間はツアーの新大阪駅到着時間より早い8時前とのことだった。名古屋駅に到着後、新幹線乗換え時間を利用して再び夕食用のお弁当を調達する。往路のひつまぶし弁当の味が忘れられず再び別商品のひつまぶし弁当を買った。家内の批難のまなざしを受けながらロング缶付の買物だった。「こだま」のグリーン車で缶ビール片手にお弁当を味わいながら最後の至福の寛ぎを過ごした。JR在来線を乗り継ぎ、最寄り駅からマイカーで帰宅したのは9時すぎだった。
 2年ぶりの夫婦二人のツアーだった。平坦な老後の生活にメリハリをもたらすいい旅だった。

真冬の奥飛騨・癒し旅(圧巻の新穂高ロープウェイ)2017年02月06日

 朝5時のモーニングコールで目覚めた。すぐに館内大浴場で朝風呂を愉しんだ。ホテル周辺の雪景色を愛でながら散策し7時には朝食の食卓に着いた。5品の地場惣菜、温泉卵、野菜サラダに朴葉味噌で温めて頂く野菜が嬉しい。
 8時半にはホテル前をバスが新穂高ロープウェイに向かって出発した。ホテル近くの蒲田川に架かる橋を渡った時、川原の露天風呂の遠景が望めた。10分ほどでロープウェイ乗り場・新穂高温泉駅に到着した。9時始発の第1ロープウェイのゴンドラに乗り込む。全長573m高低差188mの約4分の乗車である。鍋平高原駅で降りて第2ロープウェイの白樺平駅に乗り変える。全長2,589m高低差845mを約7分で上りきる。初めての2階建てゴンドラの2階から、上るにつれて刻々と変わる山岳風景を満喫する。
 西穂高口駅の建物屋上が展望台を兼ねている。急階段を昇りつめた先に広がる標高2,156mの絶景に息を呑んだ。西穂高岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳などの北アルプスの山々が360度のパノラマで広がっている。真冬の雪に覆われた白銀の世界が間近に迫る様は圧倒的な迫力である。展望台にはプロの写真屋さんがシャッターサービスをしてくれる。「只今マイナス13度です」の看板を手に自前のデジカメのシャッターを押してもらった。展望台から階下に降りようとした時だ。突然の凄まじい突風に煽られた。氷点下の気温の突風の威力に恐れをなして建物内に飛び込んだ。
 日本一の高低差と言われる二つのロープウェイを乗り継いで10時半には下山した。バスは雪深い山岳道路を駆って昼食会場に向かった。

真冬の奥飛騨・癒し旅(小京都・高山散策)2017年02月04日

 申込んでいた「穂高荘・山のホテル癒しのひととき二日間」のツアー当日である。2年ぶりの夫婦二人の旅だった。8時10分に新大阪駅の1階のツアー集合場所に30数人のツアー仲間が集まった。いつものように中高年女性と老夫婦が多数だが今回は大人5人子ども1人の台湾の方の参加が異色だった。
 8時43分発の新幹線こだまのグリーン車で一路名古屋に向かう。名古屋からは特急ワイドビューひだ号に乗り換えだが53分の乗り換え時間がある。ここで構内売店で昼食用の名古屋名物・ひつまぶし弁当を調達した。もちろんビールのロング缶付である。特急ひだの車窓から高山本線の2時間半ののどかで情緒のある風景を愉しんだ。到着した高山駅の二階改札前の窓から乗車したひだ号の半分が切り離されて出発する風景を目にした。
 1時半からの2時間、小京都・高山の町並み自由散策である。添乗員から渡された散策マップが重宝した。このマップにはお好みの食べ物やお土産が無料で貰える6枚のクーポンが付いている。駅前の国分寺通りを北に向かった先のお肉の店で飛騨牛の串焼きのクーポン利用を申し出た。予想外の歓迎の口ぶりに気を良くしながらクーポン3枚分のアツアツの美味しい串焼き1本をいただいた。お店の角を西に行くと古い町並みが続いている。街角のあちこちにある屋台組や軒先に垂れさがる鋭いつららの風景が目についた。
 最初のお目当ては桜山八幡宮前の高山祭屋台会館である。館内に陳列された4台の屋台の大きさと美しさに圧倒される。二階から眺める屋台の屋根の装飾に飛騨の匠の技を見た。隣接のからくりミュージアムは冬季休館中だったが、屋台会館と共通券の桜山日光館を見学できた。日光東照宮の28の建物の超精巧模型が実物の十分の一のサイズで陳列されている。ここでも飛騨の匠の技の凄みに舌を巻く。
 風情のある江名子川沿いを南に下り宮川沿いに東に向かう。営業を終えた宮川朝市の横断幕が興趣をそそる。高山陣屋の手前のだんご店で二枚目のクーポンを使った。1枚で1本80円みたらし団子が2本ついてくる。甘さを抑えた美味しいみたらしだった。赤い中橋を渡り西に折れると土産物店が並ぶ古い街並みが続く。この一角の酒店でもクーポン1枚の枡酒をいただく。お目当てのクーポン利用が結果的に高山の町並みをくまなく散策する上で意外な効果を持っている。
 3時半には全員集合し、迎えのバスに乗車し一路宿泊地の奥飛騨温泉郷に向かった。進むほどに雪深くなる豪雪地帯を1時間半かけて「穂高荘・山のホテル」に到着した。

廣田神社界隈のパワースポット散策2017年01月08日

 三連休初日の昨日の朝、「どこかに出かけようか?」と家内が言う。さくらやまなみバス広報紙(昨年11月号)掲載の廣田神社界隈のパワースポットの散策に出かけることにした。神呪寺も行きたかったので今回はマイカーで出かけた。北部在住の西宮市民のこととてどちらも初めての参拝である。
 神呪寺の石段下に到着した。甲山を背景にした堂々たる風格の仏閣だった。見上げるような急な石段を上り詰めた先に本堂がある。参拝した後本堂前の展望台で西宮市内とその先の瀬戸内海の見事な展望を愉しんだ。本堂後背の多宝塔や前面の鐘堂もなかなかのものだ。
 廣田神社参道前の駐車場に車を止め、神明造りの厳かなたたずまいの本殿に参拝した。境内から広田山公園を通って賽神社に向かった。住宅街のど真ん中のこじんまりした祠のような社殿だった。西に進んだ先にニテコ池が広がっていた。三つに分かれた貯水池だが野坂昭如の「火垂るの墓」の舞台ともなったスポットである。北に臨む甲山とマッチした風景が印象的だ。ニテコ池の遊歩道の北西の角に名次神社があった。こじんまりした社殿ながら由緒を窺わせるたたずまいだった。来た道を折り返し廣田神社前の駐車場に戻った。45分ばかりの手ごろなパワースポット巡りを楽しんだ。

熱海&三島大吊橋の旅2016年12月05日

 12月1日、西宮市民生委員・児童委員委嘱式を2時頃に中座して出身業界労組のOB・現役懇談会出席のため熱海に向かった。会場は熱海のホテル「ニューさがみや」だった。熱海駅前でホテルの送迎バスに乗車し、ホテル到着後着替えを済ませて懇親会場の席に着いたのは夕食懇親会開会予定の18時を越えていた。
 冒頭、恒例の集合写真に70数名の参加者が納まった。乾杯の後しばらく懐石料理を味わった後、懐かしい面々との懇談のために宴席のあちこちを巡った。昨年は体調不良で急きょ欠席したので2年ぶりの再会だった。企業の枠を超えて最も意気盛んだった年代を交流し合った面々と旧交を温めた。別会場での二次会でも交流を継続し、部屋に戻ってからも出身労組の現役・OB6人で杯を重ねた。久々の痛飲だった。最後はどのようにベッドについたのかも定かでない。
 翌朝目覚めたのはいつになく遅い6時半だった。窓から目の前の太平洋の水平線からの美しい日の出を目にした。深夜までの深酒が早朝の目覚めを奪い熟睡をもたらした。昨夜入り損ねた温泉大浴場に出かけた。部屋に戻り同室者たちから昨夜の顛末を聞かされた。深酒で不覚にも意識をなくした私は同室者たちに抱えられてベッドに入ったようだ。
 朝食後、出身労組の6人で近隣の観光に出かけた。最初のスポットは昨年12月にオープンしたばかりの三島スカイウォークである。民間企業が開発した全長400m、高さ70.6mの観光用巨大吊り橋である。歩行者専用の吊り橋としては日本一の長さであり間近に富士山を望める絶好のロケーションに位置している。約1名の高所恐怖症メンバーを話題にしながら1時間ばかりの散策を愉しんだ。
 再び熱海に戻って次のスポットの熱海梅園の紅葉を愉しんだ。梅見の滝、中山晋平記念館、韓国庭園などを30分ばかり散策した。滝の裏側から、流れ落ちる滝を見ることができる梅見の滝はなかなか風情があった。梅園から駅前に移動し日本料理の店で海鮮丼等の昼食をとった。昼食後は各自で商店街を散策しながらお土産用の干物やお菓子を求めて改札口前で合流し、2時前の新幹線で帰路についた。