2017西宮山口アルキナーレのコースガイドの課題2017年11月21日

 11月19日の日曜日、山口地域活性化推進委員会主催の西宮山口アルキナーレ2017が開催された。2012年の第1回開催以降6回目の開催である。地区社協会長就任後の昨年から委員会メンバーとして参加しアルキナーレのコースガイドの役割を引き受けている。昨年は生憎の雨天でウォークラリーは中止になりコースガイドの出番はなかった。そして迎えた今回は絶好の散策日和で初めてのコースガイドを体験した。6回目の開催ながら幾つかの問題点に気がついたのでまとめてみた。
 ウオークラリーは、コース1(丸山パノラマ健脚コース 約6.6km 約2時間40分)、コース2(社寺歴史散策コース 約5.8km 約2時間10分)、コース3(有馬川緑道らくらくコース 約2.3km 約1時間)の3コースに分かれている。各コースごとに3~6カ所のスタンプポイントを巡り、3カ所以上のスタンプ捺印でガラガラ抽選ができる。
 担当したコース1には予想外の100名もの多数の参加者が列をなした。9時半にスタートし到着は12時20分だった。最終スタンプ地点で15分遅れのためコースをシュートカット変更して尚10分の到着遅れだった。
 気になった問題点があった。ひとつは郷土資料館の入口がコースマップと異なっておりマップ上の入口が閉鎖されていた。また郷土資料館見学の担当ガイドとの事前調整がなく十分な連携が叶わなかった。今ひとつは丸山稲荷神社本社から奥社に向かう浄水場までのルートが通常は通行できない特別ルートが設定されていたが、事前にそのことがコースガイドに連絡されていなかったことである。丸山北側中腹の起伏の多い杣道で高齢者の多い100人もの参加者には苛酷なルートに思えた。通常は通過できないルートを提示することの以後のトラブルの懸念もある。いずれもコース設定者と実際のコースガイドとの事前の連携不足がもたらした問題点である。
 アルキナーレの本来の趣旨は山口散策イベントである。主催者はウォークラリーには万全の備えをして参加者を迎える必要がある。孝徳帝行幸行列、山口ホールでの催し、特産物販売、飲食屋台等のアフターハイクは年々充実しているが、メインのウォークラリーの参加者に対する一層の満足感の提供が求められていると思う。次回にむけてウォークラリー自体の問題点や課題の点検と見直しを事前の関係者による打合せを望みたい。

地元小学校の教育連携協議会と図工展2017年11月18日

 地元小学校の教育連携協議会に出かけた。今年から地区社協会長にも参加要請があり今回が2回目である。校区内の自治会、社協、SC21等の地域代表のほかに学校関係者としてPTA、市の社会教育課、校長・教頭等17名の出席があった。
 PTA関係者から提案のあった不審者の児童への接触事案の対応の在り方を中心に議論が交わされた。校区の全自治会をカバーする地域協議会を媒介とした不審者情報の共有化が共通認識された。その後、各団体に意見が求められ、地区社協の立場から子育てについて経済的・時間的にゆとりのない子育て世代だけでなく比較的ゆとりのある祖父母世代との連携の模索を提案した。
 1時間ばかりの協議会を終えて、小学校の図工展を見学した。体育館いっぱいに学年ごとの全児童の図工作品が展示されていた。全体テーマ「DREAM(夢)」のもとに各学年ごとに平面と立体の二つの分野で作品づくりが行われている。1年生のペットボトルを材料としたパフェ、6年生の風神雷神屏風をイメージした自分だけの神様パネルなど創意工夫を凝らしたなかなかの作品展だった。

認知症ケアパス2017年11月14日

 福祉ネットで市社協地区担当から認知症サポートべんり帳の全市版を紹介された。その際、二つのモデル地区で各地区の実態やニーズに即した地域版作成の取組みが始まっているという情報を得た。作成費用は全額市が負担するという。早速、我が地区でも作成することを福祉ネット役員会で確認した。
 作成に向けての考え方や手順の打合せのための会合を在住のコミュニティセンターでもった。市社協地域福祉課の担当者、地域包括の認知症地域支援推進員、市社協地区担当に来ていただき福祉ネット事務局長として懇談した。
 二つのモデル地区の担当者からそれぞれに地域版作成の手順や様式をお聞きした。2年近くかけてようやく各地区の地域版のゲラ作成までこぎつけたという。その経過や進め方は大いに参考になった。
 懇談の中で「認知症ケアパス」という言葉を初めて知った。「認知症を発症し症状が進行していく流れの中でどのように適切な医療・介護・支援が受けられるかを示した道筋」という意味のようだ。私の認知症ケアについての問題意識にピッタリ嵌まった概念のようだ。
 帰宅後、ネット検索して調べてみると素晴らしい認知症ケアパスの情報が得られた。名古屋市緑区の関係者が作成した認知症ケアパスだった。http://n-renkei.jp/carepass_pdf/midori/carepass.pdf とりわけ2頁の「認知症ケアパスの概要図」は分かりやすく整理された素晴らしいものだった。

特養・ななくさ白寿荘の地域交流フェスタ2017年11月13日

 福祉ネットのオブザーバーでもある特別養護老人ホーム・ななくさ白寿荘の地域交流フェスタに出かけた。元関西テレビアナウンサー・桑原征平氏の講演会、地元グループの音楽祭、カフェ、展示即売会、各種相談窓口、生活支援技術講習等、盛りだくさんのイベントが準備されていた。
 12時の開始直後に訪ねると桑原氏の講演が始まっていた。実母の介護体験をもとにユーモアたっぷりの講演だった。白寿荘には施設長との連絡等で何度jか訪ねたが施設全体を見学する機会がなかった。これを機会に1、2階の施設全体を見学した。カフェや各ブースでドーナッツや紙パック飲料などを頂いた。 
 福祉関連ブースではPCモニターを使った「物忘れ相談プログラム」を体験した。言葉の記憶力、日時の見当識、言葉の遅延再認識、二つの図形認識の五つのテストでアルツハイマー型認知症の症状チェックを受けた。結果は満点で全く懸念はないとのこと。受けてみてこのテストの地区社協福祉講座でも活用を想った。

地元小学校の福祉学習支援2017年11月07日

 毎年この時期に地元小学校で車椅子体験の福祉学習が開催される。地区社協のボランティアセンターにそのサポート依頼があり支援協力している。今年も四年生の80名余りの児童の16台の車椅子を使用しての体験学習の支援に16名のボランティアの皆さんに協力してもらった。
 朝8時に小学校の会議室に集合し、市社協の担当者から進め方の説明を受け5カ所に分かれての担当分担を確認した。8時半に体育館に移動し生徒たちに自己紹介をした後、進め方を確認した。
 9時前からいよいよ体験学習が始まった。車椅子体験者と介助者の二人一組になって校舎の周囲を5カ所のポイントを回っていく。石段前後での車椅子の乗り降り、段差の乗り降り、下り坂スロープでの後ろ向き操作など多彩な体験がある。
 11時過ぎに体験学習を終えて体育館に集合した。市社協担当者から感想を求められた生徒たちが我先に挙手をして発言を求めている。感想を受けた担当者のまとめがなかなか良かった。「座ったまま外を移動することは思った以上に視線が低くなるなど車椅子に乗ってみて初めて分かることが多々あったと思う。介助者との意思疎通ができていない時の不安や怖さを口にして伝えることが大切。そうした体験を日常生活でもお友だちや家族との間で活かしてほしい」。
 12時半にスタッフとボランティアが再び会議室に集合し簡単な反省会の後解散した。

ボラセン主催の認知症サポーター養成講座2017年11月01日

 ボランティアセンター主催のボランティア研修・認知症サポーター養成講座が安心プラザで開催された。手狭な安心プラザのホールには3人掛けテーブルいっぱいの28人の受講があった。
 講師は市社協の手配であんしん窓口山口の原社会福祉士に来てもらった。サポーター養成講座の中身はほぼ定型化されている。「認知症の原因・症状」「認知症の診断と治療」「認知症サポートと相談窓口」等である。講演の合間に認知症発症者の対応の仕方についての15分程度のDVDが上映された。コンビニのレジ清算時の事例と公園を徘徊しているおばあちゃんを女子高生がサポートする事例である。いずれも問題のあるる事例と望ましい事例が分かりやすく紹介されている。
 途中で一斉に携帯のアラーム音が鳴り響くというハプニングがあった。その場に居合わせた人の携帯が防災訓練用の緊急通報を同時に受診したのだ。年配の方も多い中での緊急通報の一斉受診はそれだけ緊急時の備えができていることをあらためて教えられた。
 1時間半ほどのプレゼンを終えて、受講者にオレンジリングが配られた。2年前にも地区社協で同じ講座を開催しその際にオレンジリングを貰っていた。地域でのこのリングの普及が認知症サポートの地域での進展のバロメーターとなっている。

民生・児童協力委員の役割は?2017年10月30日

 西宮市では民生・児童委員一人に二人の協力委員がおかれている。住民と民生委員とのパイプ役であり、民生委員が個別に依頼して引き受けてもらっているのが一般的だ。ところがこの協力委員の実際の役割となるといかにもあいまいで民生委員との関係も明確でない。民生委員の負担軽減という趣旨から民生委員の最も負担の大きい高齢者実態把握調査を分担してもらうことも想定されるが個人情報の守秘義務との関係でそれも現状では難しい。
 私自身も民生委員に就任した10年前からお二人の協力委員さんにお願いしているが日常的にはこれといった役回りをお願いできていない。年一回地区の民生員協議会主催の協力委員研修会に参加をお願いしている位である。唯一、協力委員になってもらうことで地区社協の協力委員をお願いし地区社協活動の一端を担ってもらっている。
 こんな協力委員制度の実態を考えれば何らかの対応が必要とは思う。私なりにこの点について考えてみたが、考えられる選択肢は次のような事ではあるまいか。
①法整備を前提とした高齢者実態把握調査の分担
②「パイプ役」の中身の明確化
③役職そのものの廃止 
 それぞれの選択肢について点検してみると以下のように思えた。
 ①の狙いが民生委員の負担軽減であればハードルの高さを考えれば、負担軽減策としては「民生委員定数増」の方が現実的だ。
 ③はかなり大胆で乱暴な策だが行政改革的な側面の意味はあると思われる。
 そこで残る②が最も現実的な検討テーマではないかと思う。民生委員の「高齢者の見守りと支援窓口」「貧困層支援窓口」「幼児児童見守り」等の重要でタイムリーさが求められる課題について担当エリアを民生委員を含めて三分割して対応する等である。個人情報に関わらない範囲での窓口機能に絞った役割の整理を踏まえたガイドラインを設定するという対応策はどうだろうか。

二回目のコープまつりで今回も焼き芋販売2017年10月29日

 コープこうべ最寄り店のコープ委員になって2年目を迎える。コープ委員の年間最大のイベントである「コープまつり」がやってきた。私の役回りは昨年でほぼ固まった。事前のチラシ作成と当日の焼き芋販売である。
 当日の朝9時前に組合員集会室に出かけた。既にほとんどのコープ委員は試食用のチラシ作りに余念がない。コープまつりは10時から始まる。焼き芋販売に備えて一階正面玄関付近のコーナーに向かった。マネージャーが事前に茨木産の薩摩芋・紅優甘を焼き上げていた。焼き芋用に改良された評判の良い品種のようだ。
 生憎の台風接近の天候だが雨の中を予想以上の来店客である。とはいえ並ばれるほどだった昨年ほどの出足はない。徐々に売れ出したものの雨足が激しくなった午後からは売れ行きは鈍ってきた。2時終了時点では先着100名の予定が70本ほどの販売に終わった。
 片付けを終えて2時半頃から組合員集会室でプチ反省会があった。売れ残った焼き芋もコープ委員に値引き販売されて無事完売した。

子育てサロンのハロウィン2017年10月27日

 地区社協の子育てサロン・友だちつくろうに顔を出した。今回はハロウィン・イベントの日だった。いつもの会場には11人の乳幼児とお母さん9人にボランティアスタッフ8名が勢揃い。
 11時過ぎにイベントが始まった。たくさんの古新聞が参加者に配られた。スタッフの声掛けで子どもたちが短冊状に古新聞を破いている。子どもたちは本能的に破いたり壊したりするのが大好きだ。いっぱい破かれた古新聞を今度はビニール袋に詰め込み入口を縛ってボール状にする。大きなシートが用意され参加者たちが広げたシートを掴んで持ち上げる。シートに幾つものビニール袋のボールが投げ込まれみんなでハロウィンの歌を歌いながらシートをユサユサと上下させる。終了後にはスタッフから子どもたち全員にボール紙製の彩り鮮やかなメダルが首に掛けられた。これだけのことだが乳幼児にはたまらなく楽しい。大勢のお友だちと一緒にひとつのことをやれるから楽しい。
 子育てサロンだからこそできる楽しいイベントにふれた。

介護施設デイサービス事業の運営推進会議2017年10月24日

 地元の特別養護老人ホームのデイサービス事業推進会議の委員を依頼され、2回目の会議に参加した。デイサービスの利用者、利用者家族、地域住民代表(私)、近隣の介護施設代表者、権利擁護支援者、施設側の施設長と担当者の8名が委員である。
 今回は、施設で提供されている通常を食事を委員自身にも試食してもらうということで食事を挟んでの会議となった。こんな機会でないと施設の食事は味わえない。民生委員の高齢者調査の訪問時に利用者家族からこの施設の食事は美味しいという話題を聞いていた。そうした声も報告しながら骨抜き鯖煮メインの昼食を味わった。施設を利用するようになった環境下では食事の良否は利用者の大きな関心事である。
 会議では施設側からデイサービス事業の上半期の利用状況等の報告、同時期のイベント食の紹介、利用者アンケートの報告があった。
 施設側の報告中心の会議の進め方について問題提起した。委員たちに事業の実態を知ってほしいという趣旨も理解できるが、地域や利用者の側からの施設や事業への要望や質問を聞き取ることもこの会議の趣旨ではないか。そのためにも事業報告はできるだけ簡潔にし、出席委員全員から毎回質問や意見を聞き取る時間を設けるべきと思う。デイサービス事業は在宅ケアと施設をつなぐ貴重な接点であり、スタッフは地域住民である利用者や家族との窓口だ。在宅で認知症発症者の介護をする家族にとってデイサービス事業は救いであり頼みの綱でもある。そんな立場から利用者や介護者と地域とをつなぐ役割もこうした会議を通じて担ってもらいたいという想いを伝えた。
 住民サイドからの想定外の意見に施設側の戸惑いが見て取れた。それでも施設長の「この会議にはそうした点も本来の趣旨のひとつであり今後の運営に反映させたい」との発言があった。今後に期待したい。