地域活動代表者懇談会開催の意義2020年09月28日

 地区で地域活動を展開する11グループの代表が一堂に会して初めて交流の場を持った。この「地域活動代表者懇談会」開催に当たっては二つの条件が必要だった。
 ひとつは地区の地域活動グループの現状が把握されていることだ。これについては地域福祉活動の連携組織である福祉ネット作成の「地域支援マップ」で地域のボランティア活動やグーループが網羅されておりその情報で把握できた。今ひとつはそれらの地域活動グループが一堂に会してもらえるための趣旨・目的が必要だった。今回の地域交流拠点づくりについての既存活動グループの意向吸収ということがその格好の大義となった。
 把握できた17グループに呼びかけたが、2週間前というタイトな案内もあって出席は11グループだった。それでも地区の地域活動グループが初めて一堂に会して交流する懇談会開催は歴史的で画期的なことだった。出席者は初めて同じ地域にどんな活動グループがありどんな活動をしているのかを知りあう機会を得た。そうした各グループの活動情報の共有こそが地域交流拠点のひとつの意義でもある。
 一小学校区、一拠点という常設交流拠点は、活動グループが拠点で時間と場所を共有することで活動と人と情報を繋がり合うことを可能にする。少子高齢化や共働き世帯増、単身世帯増で既存の枠組みでの地域コミュニティの脆弱化が懸念される状況下で、地域活動グループによる新たなつながりによるコミュニティ再生こそが常設型交流拠点の大きな意義といえよう。

一組だけの子育てサロン2020年09月26日

 二カ月ぶりに地区社協の子育てサロン・友だちつくろうに顔を出した。コロナ禍の朝から本降りの雨の日という最悪の条件だった。予想にたがわず11時前の会場には親子一組の参加者だけがボランティアスタッフ5人に囲まれていた。それでも参加者なしを覚悟していたスタッフには貴重な参加者だった。
 スタッフに交じって顔見知りの子育てコンシェルジュの姿があった。久々に近況を語り合った。共通の話題でもある常設型地域交流拠点に花が咲いた。子育てママには常設の居場所があればどんなに心強いだろうと賛意を頂いた。贈呈した私の自叙伝も読み終えて頂いたようでじじバカ日誌の主人公・花ちゃんにはこのサロンでも出合ったこともあり親近感を覚えながら読ませてもらったとのこと。出産から保育に至る子育てと祖父母の想いが生き生きと描かれていると褒めて頂いた。
 久々の子育てサロンは少人数ながら楽しいひと時だった。

子育てママの困りごと相談2020年09月23日

 固定電話に電話がかかってきた。同じ丁目に在住する子育て中の若いお母さんの困り事相談だった。
 「自宅から小学校に向かう通学路の一角が背丈のある雑草がはみ出している。通学時には車道に入る形で迂回するしかないので危険で不安だ。自分で伐採を考えたが半端でない草叢の規模で断念した。自治会議案書には役員連絡先の掲載はなく、丁目ごとの民生委員の連絡先しかなかったので連絡した」とのこと。
 電話のやり取りで問題の案件は住宅街の縁の車道の外側の非開発エリア内の草叢の車道へのはみだしであることが分かった。T字路の突き当り地点ではみだし部分横から通学路を想定したグリーンベルトが始まっている。自治会の議案書には「空き地、空き家の雑草樹木の除去や適正管理については各自で市の環境衛生課に連絡して下さい」とある。一般市民が直接行政に苦情を伝えるのも結構大変なのも事実だろう。ここは子育て支援の視点で民生委員として関わることにした。

国勢調査の対象世帯に配布を終えた2020年09月18日

 国勢調査の調査員として120世帯ほどの世帯への調査票配布を終えた。民生委員の高齢者実態調査との違いを思い知らされた。約半数が現役世代のお宅で、訪問時の不在が多い。それでも家族のいる世帯は朝晩や休日の訪問で何とか対応してもらえる。
 もっとも苦労するのは一人住まいの現役男性の場合である。夜討ち朝駆けや休日訪問でも埒があかない。不在連絡票を投函して連絡を依頼してもなしのつぶてのケースが多い。5軒ばかりのそうした世帯をご近所さんの情報も得て何とか3軒は応じてもらえた。残り2軒はどうしても接触できない。やむなく「不明の場合連絡ください」と記した不在連絡票を添えて調査封筒をポスティングすることで処理した。後はご本人の意向に任せるほかない。それにしてもひとり住まいの男性の多さに改めて気づかされた。
 配布済みの世帯の内、約6割がネット回答を、約2割が郵送を、残り2割がいずれか不明という選択だった。今後はそうした世帯が期間内にどこまで回答を終えてもらえるかにかかっている。これについては調査員ごとの対象世帯のネットと郵送の回答状況がQRコード読み取りのネットサイトで把握できる。今日現在、私の担当の内14世帯のネット回答が確認できた。

地区社協事業部のオンライン勉強会2020年09月17日

 地区社協の募金事業部がZOOMによるオンライン勉強会を開催するという。事業部員以外の参加もOKということだ。社協活動のIT化は進めたいと思っていたので早速手を挙げた。 
 買い換えたばかりのノートパソコンにZOOMアプリをダウンロードし操作方法を事前学習しておいた。当日午後7時過ぎに早めにスタンバイして準備した。カメラを稼働させると我が家のリビングを背景画像にした自分の顔が映し出された。このままではミーテング中に家内の姿も見えてしまう。背景画像の変更操作をしてバーチャル背景にオーロラ動画を選択してセットした。
 ZOOMトップ画面の「参加」ボタンをクリックし予め事業部長から送信されていたミーティングIDとパスコードを入力する。しばらくして市社協会議室のPCにスタンバイした地区担当と繋がった。メンバーの5人が順次アクセスを完了し地区担当の進行でZOOMミーティングが始まった。初めに全員の顔を映した記念画像が作成された。
 事業部長の挨拶の後、地区担当のパワーポイントによる「赤十字募金」「共同募金」「歳末募金」「会員会費」の4つの募金事業の解説があった。私にとっても初めてのまとまった形の募金事業のレクチャーで勉強になった。レクチャーの後、参加者の質疑や感想が相次いだ。
 事業部長から締めくくりの挨拶を求められ、次のようにコメントした。「在宅のオンライン会議なので夕食の晩酌も済ませて参加できてありがたい。募金事業部の部長以下の女性陣のIT活用についての意欲的な姿勢に敬服した。刺戟されてコロナ禍で休止中のちょい呑みおやじ会メンバーにオンライン呑み会を提案したが空振りだった。まとまった募金事業のレクチャーで勉強になった。今後の募金事業はコロナ感染防止で接触・面接型街頭募金が困難になり、キャッシュレス決済の普及による現金募金の減少が避けられない。環境変化に対応した募金事業の在り方が問われている」。

コロナ禍の看取りの形2020年09月06日

 早朝ウォーキングの途中でご近所の御主人と出会った。大病後、ようやく退院され自宅t療養中だったが、すっかり元気になられて今はひとりで朝の散策を楽しまれている。
 その方から施設入所中だったお母さんの訃報を聞いた。在宅時には民生委員として何度もお訪ねしたおばあちゃんだった。「95歳の大往生でしたが最後は病院で亡くなりました。ただどこの病院でお世話になるかが問題でした。コロナ禍でどこの病院も入院したら誰も見舞いに行けないんです。少人数での見舞いを受け入れてもらえる病院を何とか探して最後は家族揃って看取らせてもらえました。」
 この話を聞いて考えさせられた。コロナ禍が人生最後の場面でも家族との別れというかけがえのないシーンを奪っている。このご近所さんの場合は例外的に幸運な看取りの形だったのだろう。他方であらためて家族の絆で支えられる在宅介護の貴重さを思い知らされた。在宅介護の延長での看取りにはコロナといえども割り込めない。

国勢調査説明会後の調査活動の着手2020年09月04日

 山口公民館で国政調査の調査員向けの地区別説明会があった。国勢調査員の任命辞令書や調査員証・腕章が交付され、調査時に持参する手提げ袋が提供され、調査員のしおり・手引き・しごと・DVD等の説明資料が入っている。
 市の担当者から1時間にわたって調査方法の説明があった。個人的には3度目の国勢調査員である。従来と比べて大きき変わった点がある。ひとつはインターネット回答の積極的な推奨と回収状況確認のQRコードによるネット確認等のIT活用である。今一つはコロナ禍での調査手法の変更である。対面方式を避けたインターフォン越しの調査が基本とされている。
 帰宅後、早速配布された調査員向けのDBDを観た。なかなかよくできたDVDで全体の流れや個々の取組み方がわかりやすく解説されている。次に個別の世帯ごとに配布する調査票等を配布用封筒に仕分けした。担当地区には145部の封筒と書類が配布されていた。実際に担当地区の世帯数を調査区地図に沿って記入すると121世帯だった。
 12月21日には公民館で最終的に調査済の書類一式を指導員に提出する。2カ月に及ぶ国勢調査の調査活動に着手した。

社協サロン活動の継続2020年08月31日

 先日の地区社協執行委員会で少し議論になったテーマがある。再開した「ふれあい喫茶」や「子育てサロン」の継続の可否だ。コロナ禍が再燃化する中で主催する立場の各部長には開催継続にためらいがみられる。そんな中で組織を代表する立場の私自身は発言を控えた。現場の意向こそが大切でその判断を尊重したいと思った。
 メンバーからは三カ月もの間お休みしていたそれぞれのサロンを待ち望んでいる声を大切にしたいといった意見が相次ぎ、継続が決まった。私の望んでいた結論でもある。
 一昨日、子育てサロンが開催された。欠かさず顔を出していたが急な所用が入り参加できなかった。事後に主催者である部長にお詫びと様子を伺うメールをしたところ以下のメールをもらった。「誰の参加もないのではという予想に反して6組もの参加があった。『ずっと家に籠って行くところがなく・・・』『お友達と再会できてとても嬉しい』等の声を聞いた」という嬉しい報告メールだった。「社協活動をやっててよかったと思える報告を頂きました」と返信した。

国勢調査員を引受けた2020年08月18日

 パッキンケース二箱の宅急便が届いた。国勢調査の調査用品の配送だった。
 6月ごろに民生委員の地区の窓口から国勢調査員担当の打診があった。担当の丁目ごとに自治会役員と民生委員で分担して調査してもらうことになったようだ。以前にも2度ばかり担当したこともあり了承した。
 その後、市の担当部署から今回の国勢調査の調査概要や調査員説明会の案内等の封書連絡があった。調査員選考基準には「秘密保持に信頼のおける者」「担当地区の地理に明るいこと」などの記載があり、民生委員の調査員依頼の背景が窺えた。
 パッキンケース二箱には、145世帯分の調査表、調査表記入の仕方、調査表収納ファイル、調査書類収納封筒、回答確認リーフレット等の調査用品が詰まっている。
 担当の丁目は420世帯ほどある。それを自治会役員2人と合わせて3人で分担して調査するようだ。9月1日には山口公民館で調査員説明会がある。以降10月中旬までの間に本格的な調査がある。

自治会班長会議でスピーチ2020年08月09日

 在住の自治会の班長会議に出かけた。例年4月末に改選直後の新班長に15分程度の地区社協や福祉ネットの取組みを説明する機会を貰っている。今年はコロナ対応もあり8月初めのこの時期になった。
 今年のスピーチは、新自治会長の地域福祉への前向きで意欲的な姿勢もあり、事前調整の上で自治会や地区社協に共通する「環境変化への対応」をテーマに20数人の班長を前に20分余り次のような踏み込んだ話をさせてもらった。
 
 「団塊世代のウエイトが突出している我が町の高齢化が著しい。高齢化で空き家増、ゴミ出しトラブル、自治会役員忌避や退会者増、認知症徘徊等の問題が発生している。空き家増は防犯・環境悪化を招き、住民の資産価値低下につながる。
 自治会員減少化の収入減と自治会所有の三物件の老朽化補修の支出増で財政悪化を招いている。盆踊り、文化祭の大型イベントの運営負担の過重感が高齢化と相まって年々役員忌避の傾向を強めている。役員忌避の加速化は自治会の組織基盤の危機を意味し、地域コミュニティの崩壊にも繋がる。
 盆踊りや文化祭等のイベントは環境変化に伴う見直しが検討されることなく1年任期の役員の前例主義の慣習のもとで踏襲されている。超高齢社会を迎え一過性の大型イベントでなく住民の誰もがいつでも集い合える交流の場というインフラこそが必要ではないか。
 地域コミュニティ脆弱化対策で市もテコ入れ策を講じている。多額の補助金を準備して小学校区ごとに常設共生型地域交流拠点づくりの推進である。当地区でも地区社協を中心にその取組みを着手した。本来コミュニティ再生は自治会の取組み課題でもあり、拠点会場選びの上でも自治会の支援は欠かせない。自宅で最後を迎えられる地域のインフラのひとつでもある。班長の理解と支援をお願いしたい」