入歯治療のコンフォート加工への方向転換2020年08月07日

 ミニインプラント治療の最終場面で歯ぐきへのボルトの埋め込みに不具合が発覚した。歯ぐきの骨へのボルトの接着が十分でなく放置すれば抜けてしまうとのこと。そこでかかりつけ医から再度新たにボルトを埋め込んで現在のものと入れ替えたいと告げられた。そんなものかいったんは承諾したが、ボルト埋め込み手術とその後一週間ばかりの激痛を訴えてその対応を依頼した。
 その後歯科クリニックで受診した際に、新たな別の入歯治療の方式を提案された。私がミニインプラント再治療に対する痛みの懸念を訴えていたことが考慮されたようだ。
 新たな提案の「クッション加工方式」は入歯に生体用シリコン加工して歯ぐきと入歯の吸着性を高めるものだ。シリコンが歯ぐきのクッションの役割をして保護し、噛んだ時の歯ぐきにかかる圧力を減らして痛みを和らげ、吸盤のような吸着力を生みだす。下あご総入歯の障がいは歯ぐきに固定していないため左右に動いて摩擦による痛みと食べかすを残しやすいことだ。そう思えばこのクッション方式は有力な選択肢である。何よりも歯ぐきに穴を開けるといった激痛を伴う処置がない。インプラント程の固定力はないかもしれないがひとまずこの治療でようすをみることにした。場合によってはミニインプラントの追加治療も可能という。ただ治療費はミニインプラントより5万円高く差額分の追加負担が必要だ。

ミニインプラント治療の最終場面の頓挫2020年08月03日

 5日前にミニインプラント治療の最終段階の治療にかかりつけの歯科医を訪ねた。予定では歯ぐきに埋め込んだインプラントに合わせて入歯にフックを取り付けてインプラントの治療そのものは終了の筈だった。ところが診察したかかりつけ医の反応はイマイチ良くない。埋め込んだインプラントの不具合があるようだ。右側のインプラントが一旦、ネジを逆回転して抜かれた。その治療の痛さは半端ではない。涙ながらに耐えた。最終的にかかりつけ医から予想外の苛酷な治療方針が告げられた。「今のインプラントの両脇に位置をずらしてもう1本ずつインプラントを埋め込みその後に今のを抜いて入替えします」。
 その時はそんなものか」と思って承諾して帰宅した。ところがその後、治療中の歯の痛みが治まらずまともに食事ができない状態が続いている。加えて右顎の鈍痛が治まらない。ここに至って治療そのものに疑問を抱いた。前回治療前までは痛みも治まり食事も順当だった。それが最終段階のフック装着になってなぜ激しい痛みに見舞われる事態になったのか。最初の埋め込み治療の痛さは思い出しても辛いものがある。そんなインプラントの入替えという苛酷な治療がなぜ必要なのか。ちゃんとした説明は聞いていない。インフォームド・コンセントという言葉がよぎった。
 週明けの月曜日に朝一番でかかりつけ医に電話を入れて我慢の限度を超えた痛みを訴えて午後一番の予約を取った。はてさてどんな事態になるのだろう。

ミニインプラント治療のその後2020年07月10日

 ミニインプラント治療の不具合で痛みが治まらず、6日前にかかりつけの歯科医で調整をしてもらった。最も痛みの大きい箇所の入歯の縁を削ってもらい幾分治まった。インプラントを埋め込んだ箇所の鈍痛は日にち薬と観念した。その状態で1週間を過ごしたが、徐々に痛みは薄らいできた。強く噛み締めると鈍痛が生じるがオカキなども何とか食べられるまでに改善した。
 予約の診察日に歯科クリニックを訪ねた。手術した2箇所の炎症は尚残っているものの順調な経過のようだ。手術後1カ月をメドに入歯上部2カ所のインプラントを嵌めこむ穴にフックを取り付けるとのこと。その際、現在ぐらつきのある自前の前歯2本は抜歯して使用中の入歯に義歯を挿入する。その治療を終えてようやくインプラント治療が完了する。

苦闘が続くミニインプラント治療2020年07月05日

 治まっていたはずのインプラント治療後の痛みが治まらない。右奥歯の歯ぐきの激しい痛みに音をあげた。朝一番にクリニックに連絡し、11時過ぎの予約を取り付けた。
 診察でインプラントを埋め込んだ内側の根元周辺の炎症が確認された。かかりつけ医が痛みの箇所を探るため器具で押さえていく度に激痛に顔をしかめ、涙がにじむ。ようやく原因と処置方法が固まったようだ。炎症を起こしている周辺の入歯の縁がえぐり取られた。その上で入歯を挿入すると何とか痛みが薄らいだ。炎症が残る間の鈍痛は日にち薬と我慢する他ない。
 初めて抜本的な入歯治療に臨んだが、何かと不具合が生じているる。ミニインプラント治療の苦闘が続いている。

仕切り直し後のミニインプラント治療2020年07月01日

 昨日のミニインプラント治療が入歯とインプラントの調整不良で仕切り直しになった。いったん埋め込まれたインプラントを抜いた状態で帰宅した。歯ぐきの手術後の鈍痛に加えて入歯が固定されない状態に戻ったため、その日の昼食から翌日の昼食迄は痛みを抱えて過ごした。
 翌日の2時に再びクリニックで治療再開。医師による入歯の穴の再調整が行われ、戻されたネジくぎに何度か入歯が装着され微調整が続く。30分ばかりの調整を経てようやく入歯とインプラントとの装着調整が完了した。痛みの抑制のためクッション材が入歯に塗られてようやく治療を終えた。2週間後に再び通院して経過を見ることになった。
 とはいえこの段階はまだ仮免許と言ってよい。インプラントが歯ぐきに馴染むまでには1カ月ばかりを要する。それを終えて本格的な入歯側の穴に金属製の留め具が施され完了する。
 帰宅して、ありあわせの食べ物を噛んでみた。手術後の鈍痛は残るものの痛みはかなり治まっている。ひとまずは無事に仮免許がスタートしたようだ。

ミニインプラント手術の着工と仕切り直し2020年06月30日

 予約していた下あご入歯のミニインプラント治療の日がやってきた。11時15分に住宅街の歯科クリニックを訪ねた。かかりつけ医の簡単な治療方針が告げられ診察台が倒された。左右の歯ぐきにネジ穴をあけてネジくぎを埋め込むのである。想像しながらいやでも緊張してしまう。
 血圧測定器が腕と指先につけられ、口元だけだ開いた目隠し用の布で顔を覆われる。手術するカ所の歯ぐきの根元に麻酔注射が施される。麻酔効果を確認後、いよいよ土木工事が着工される。歯ぐきを削るグラインダーのような器具の回転音が続く。麻酔注射にもかかわらず鈍い痛みに何度か襲われる。うめき声を上げて痛みを訴えそのつど工事が中断する。あいた穴にネジくぎがねじ込まれているような感覚が続く。歯ぐきの穴の位置調整のため入歯が何度も装着される。入歯にもネジの頭を嵌めこむ穴があけられているようだ。
 事前の30~40分という治療時間を大幅に超えて手術が終了したのは1時前だった。それから更に入歯とネジ穴との装着の調整が続いた。ネジくぎの頭と入歯の穴がうまく納まらないようだ。医師と歯科技工士の悪戦苦闘が続くもいったん治療を中断し仕切り直しをすることになった。翌日午後に再治療の予約をして1時半頃にクリニックを後にした。
 はてさていかなる形でこの苦闘が収束するのだろう。

コロナ過の病院風景2020年06月16日

 3カ月毎に隣町の神戸市北区の病院に通っている。持病の前立腺肥大症の検査や薬の処方が必要なためだ。8時過ぎに病院に到着。8時半の診察開始だが既にマスク着用の数人が待合室で待っている。それでもコロナ過の影響なのか以前ほどの混み具合ではない。
 3人掛けのチェアの真ん中に掛けて持参の本を読んで待っていた。不意に左手の椅子に誰かが着席した。空席がいっぱいあるのにわざわざ隣席に座ることもないだろうにと思ながら顔を向けた。同年輩のオジサンである。しかもコロナ過で院内感染リスクの大きい病院待合い室でマスクもしていない。そんな無頓着さが隣席着席という無神経さと同居している。苛立たしさを覚えながら端の席に移った。
 血液検査のない薬の処方だけの診察日だった。8時40分には診察を終え9時前には病院を後にした。駐車場出口で料金支払いを準備していたが、駐車券をゲートに挿入したら「駐車料金は無料です」という音声案内。なんと入場から退場まで1時間に内の滞在だった。

不眠症と睡眠導入剤2020年03月28日

 このところ不眠症が続いている。寝つきが悪い。深夜目覚める。そのまま眠れないのでリビングに降りてしばらくテレビやビデオを観て過ごす。眠くなり2度寝する。早朝4時頃目覚める。こんなパターンが続き、平均睡眠4時間前後という不眠状態が続いている。そのため昼間リビングでコタツに入るとうたた寝する羽目になる。
 とうとうかかりつけ医に睡眠剤の処方をお願いした。睡眠薬は脳機能に作用して強引に眠気を促すものと、生理的に睡眠状態に仕向けるものとに分かれるとのこと。「前者は高齢者には認知機能に障害を及ぼす副作用がありお勧めできないが、後者は副作用も軽微でこちらがお勧めです」ということでベルソムラ15mgという睡眠導入剤を処方してもらった。
 二日ばかり使用して途中目覚めるもののそのまま眠りに入り比較的効果はあったようだ。習慣性を避けようと三日目に服用を控えると、てきめんに深夜目覚めた後眠れない。リビングに降りるといういつものパターンに戻ってしまう。しばらく服用するしかないようだ。

病院待合い室の院内感染予防の風景2020年03月17日

 疫病蔓延で地域活動の中止が相次いでいる。スマホのスケージュールアプリが殆ど白紙の3月である。唯一の出かけ先がクリニック、歯医者、病院といった医療絡みである。
 3カ月毎の前立腺肥大症の定期診断で済生会病院を訪ねた。今回は6カ月に一度の血液検査の日でもある。8時15分頃に到着した。いつもは大勢のお年寄りの姿がある筈の待合室は閑散としている。泌尿器科の前にはわずかにマスク着用の3人の先客の姿があるばかりだ。新型コロナの影響は明らかだ。院内感染を恐れて来院を控える患者が多いのだろう。院内の患者やスタッフの殆どがマスク着用である。
 おかげで予想外に早く受診を終えた。血液検査の順番は2番だったし、いつもより早く検査結果がわかり9時半過ぎには診察室に呼ばれた。PSA検査は3.4と好結果だった。
 最寄りの薬局で処方の薬を受取り、10時過ぎには帰宅した。

検査結果はグレー2019年11月28日

 10日前に最寄りの病院で大腸内視鏡検査と糖尿病検査を受けた。その検査結果を聞くため病院に出かけた。9時半予約から30分以上遅れで10時過ぎに診察室に入った。
 PCモニターを見ながら担当医のお告げがある。結果は両方ともグレーということだ。内視鏡検査は6つの切除したポリープに悪性のものはなかったが未切除の小さなポリープが残っているので1年後に再検査をするようにとのこと。糖尿病検査も血糖値は124で境界線スレスレ、HbA値は6.9で基準値越えとのこと。こちらはかかりつけ医で定期的に検査して処方してもらってくださいとのこと。
 最悪ではなかったものの要観察のグレーゾーンが続く。