前立腺生検に耐えた2017年06月15日

 10日ほど前にMRI検査にも引っかかりとうとう前立腺生検を宣告された。そしてその日がやってきた。
 1時半から生検が始まった。2年ほど前に一度経験している。直腸内腔から管を挿入して針で10カ所の前立腺の組織細胞を採取する。痛みはないのだが何とも言えない気持ちの悪さである。担当医からの力を抜いてリラックスして下さいとの要請。力んでいると処置がやりにくいとのこと。針で採取する際にパチン!とバネのはじける音が下腹部から伝わる。気持ち悪さを我慢して回数を数えながらひたすら耐えた。30分ほどと聞いていたが予想外に早く20分ほどで終了。
 検査後には血尿や肛門からの出血、発熱等の合併症もありうるとのこと。同じ生検を経験した知人から酷い合併症の発症を聞いていたので多少の不安は拭えない。直後の検尿で出血はない。検査結果は1週間後に伝えられる。集中検査室で20分ばかりの点滴を受け会計を済ませて病院を後にした。
 今日から一週間はできるだけ水分を摂取して血が固まらないようしなければならない。それは良しとしても一週間もの禁酒が辛い。一週間後の検査結果で前立腺癌の疑いが告げられないことを祈るばかりだ。

前立腺肥大症・・・どこまで続くぬかるみぞ!2017年06月02日

 一週間前に前立腺肥大症のPSA血液検査で基準値を上回り、担当医からMRI検査を指示された。昨日、20分ほどのMRI検査を受けてその結果を今日担当医から聞いた。
 「撮影画像の中に一カ所気になる部分があります。担当医としては前立腺生検をお勧めします」とのこと。要するにPSA数値が基準値を超え、MRI検査でも気になる点がみられる。前立腺細胞を針で採取してより詳細な検査で癌の有無を確かめる必要があるとのこと。
 エ~ッ!そんな。思わずボヤキを口にしてしまった。生検は一度やったことがある。痛みはほとんどないが何とも言えない不快感を伴う。できるものなら勘弁してもらいたい検査である。とは言え担当医の見立ては形の上では打診だが有無を言わせない口調である。
 NOと言えない弱気な患者は渋々承諾の意思を告げた。即座に2週間後の生検が決まった。検査後、血便、血尿、発熱の懸念があり、一週間の禁酒が欠かせないという。「どこまで続くぬかるみぞ」と呪いの言葉を呟きながら診察室を出た。

ショック!前立腺肥大症でMRI検査のお達し2017年05月25日

 今朝、かかりつけの病院で前立腺肥大症のPSA血液検査を受けた。採決後1時間ほど待って診察室で担当医から検査結果を聞いた。基準値4.0を上回る4.8という数値だった。これで昨年11月の検査以降3回連続して基準値を超えたことになる。この結果を前提に担当医は生「体検査まで求めないが画像診断だけはしておきましょう」と、MRI検査を指示された。
 ガックリだった。三日前から禁酒をして満を持しての検査だったのに。PSA数値の異常は前立腺癌の可能性を含んでいる。大幅な異常値ではないもののここは医師の判断に従うほかない。1週間後のMRI検査を予約した。

さらば!メラノーマ2017年04月11日

 2007年3月8日、悪性黒色腫(メラノーマ)というおどろおどろしい病名の皮膚癌で2度目の手術を行った。我が右手親指は根元から切除され永遠に返らぬことになった。以来、抗がん剤投与に始まって徐々にゆるやかな治療や検査を受けながら闘病生活が続いた。
 癌の術後の経過観察期間は10年で完結する。その丸10年を超えた昨日、最後の診察を受けるべく大阪市大病院に出かけた。昨年10月に最後の血液検査とCT検査を終え異常が見られなかったことから今回は10年を超えた時点の最後の診察だった。
 9時の診察開始と同時に診察室に入った。大病院での手術と治療だったので、定期的に人事異動が行われる。10年前の執刀医から数えて主治医は5人ぐらい代わっている。最後の主治医も3回目ぐらいの受診で馴染みは薄い。患者の方は闘病の卒業というメモリアルな受診ではあっても前任者から引き継いだ主治医からすれば担当患者の単なる病状の通過地点でしかない。患者の側からは「永い間お疲れ様でした」位の言葉があるかと思ったが特にない。「今後は気になることがあったらかかりつけ医との相談で処置して下さい」とのこと。おだやかな語り口ながらビジネスライクな診察を終えて会計に向かった。
 9時15分には病院を後にした。もう来ることもない病院である。思えば人生の最大の危機と言えるシーンを過ごした場所である。病院の建物を今一度振り返り天王寺駅に向かった。

突然の頭痛と立ちくらみにうろたえた2017年03月17日

 昼食を挟んだ会食の帰路だった。瓶ビール一本分の心地よい酔いに任せて住宅街に架かる橋を渡っていた。突然、後頭部に締め付けられるような痛みに襲われた。追いかけるように視界が回転するような立ちくらみに見舞われた。ヤバイッ!これは人伝に聞く脳梗塞の症状ではあるまいか。欄干に掴まってしばらくじっとしていたらスーッと症状が消えた。束の間の恐怖にうろたえたが、歩き出してみるとなんともない。無事に帰宅した。
 その後の慌ただしい日程に紛れて何事もなくその日を過ごした。翌日、やっぱり不安になって家内に昨日の出来事を告げた。案の定、すぐに行きつけの脳外科病院に行くことを強く求められた。朝一番の診察を受診できた。2年前にもCTとMRIの検査を受けた病院である。過去のカルテを診ながら今回もCT検査を受けることになった。検査結果を待って再度診察室に入った。
 PCモニターの画像を見つめている若い担当医のお告げを待った。「前回の検査と比べても特に問題はありません。この状態ならMRIの検査も必要ないでしょう」とのこと。症状の割にあっけない検査結果だった。それでも今回初めて味わった症状は結構深刻なものだったことは否定できない。何やら爆弾を抱えたような気分ながらひとまず安堵した。

かかりつけ医の見直し2016年12月28日

 ふと気が付いたら毎日服用している降圧剤の在庫が2日分しかない。処方してもらっているかかりつけ医院は明日29日から正月三カ日は休診で、今日も午後から休診である。今日午前中は大津まで年末帰省の花ちゃんを迎えに行くことになっている。ヤバイと一瞬うろたえたが即座に「別解」を選択することにした。かかりつけ医院の見直しである。
 二三日前から風邪気味だった。花ちゃんとの生活が始まるまでにクリニックで診察を受けるつもりだった。既に降圧剤以外の診療は新たに開業したクリニックに切り替えている。福祉ネットのアドバイザーでもある40代後半のまだ若い先生である。訪問診療にも積極的で今後永いお付合いが期待できる。幸いそのクリニックは今日の午後も診療可能である。いい機会だ。この際全面的にそのクリニックをかかりつけ医院とすることにしよう。
 午後の診察開始を待って服用中の降圧剤を持参してクリニックを訪ねた。降圧剤追加と風邪薬の処方をしてもらった後、福祉ネット絡みの雑談を交わした。訪問診療や看取りの推移を訪ねたところ、「訪問診療はかなり増えてきました。看取りについても多くの経験をさせてもらっています」とのこと。「それでは私がお世話になる頃には十分な経験を積んで診てもらえますね」と冗談交じりに返した。気さくで気心の知れた相性の良いかかりつけ医にめぐり合えたと実感した。

血糖値検査はグレーゾーンでギリギリセーフ!2016年12月20日

 自宅で計れる血糖値検査器を3月に購入して以来、月一回月初に定期的に血糖値を計っている。起床直後の空腹時と夕食2時間後の2回の計測である。当初は特に異常値は見られなかったが、月ごとに悪化し基準値をオーバーするようになった。特にこの12月初めは218、275と基準値をはるかにオーバーした。
 さすがにこれはヤバイと思い、一週間前にかかりつけ医で検査を受けた。昨日、検査結果を聞きにクリニックを訪ねた。この間、10年前に脳梗塞を発症した弟から発症前の血糖値やコレステロール値が異常に高かったという情報もあって不安が募った。旧知のドクターの待つ診察室におそるおそる入った。
 専門機関による血液検査の結果は133で糖尿病手前のグレーゾーン内だった。コレステロール値もオーバー気味である。とはいえ恐れていた大病の懸念はひとまず免れた。
 高血圧、前立腺肥大症、高目の血糖値と加齢に伴う病いの前兆とのおつきあいが始まっている。

ヤバイ!薬漬けか?2016年11月30日

 ここのところ朝食前後に大量の薬剤を服用する羽目になった。急な病に立て続けに襲われた。ひとつは持病のポスナーシュロスマン症候群という目の病が再発した。左目がかすみだして見えにくくなるという自覚症状ですぐにかかりつけの眼科で受診した。眼圧が36と異常に高く眼球の炎症もあった。いつも通り眼圧と炎症抑制の点滴薬で様子を見ることになった。
 今ひとつは風邪の症状が酷くなった。熱こそないが鼻水、咳、痰が止まらない。かかりつけのオヤジ会メンバーでもあるクリニック院長を訪ねた。1回2錠の咳止め、痰の切れと鼻水排出の薬と痰・咳止めの漢方薬を処方してもらった。
 この二つの症状に対する点眼薬2本と錠剤3錠と顆粒剤1袋に加えて常時服用中の高血圧の降圧剤、前立腺肥大症の薬の2錠がある。というわけで朝食前後には合計8個もの薬を服用する。いくら何でもこれは多すぎるだろうとは思tったがやむをえない。
 4日ばかり服用して風邪は治まった。眼圧も一週間後の診察で13にまで低下し炎症も軽微になった。ようやく常用薬2錠に戻り薬漬けから脱出した。

皮膚癌闘病の卒業2016年10月18日

 大阪市大病院に出かけた。10年前に発病した皮膚癌の手術と治療で50日に及ぶ入院生活を過ごした病院である。以来、退院直後の抗がん剤治療も含めて定期的に通院した。
 この間のPET検査、CT検査、腫瘍マーカー検査では幸いにも転移の兆候はなかった。とはいえ10年間は経過観察が必要だった。その10年間がほぼ終了し、今回のCT検査と血液検査が最終的な検査となった。その検査を早朝に済ませ10時過ぎの診察で主治医から結果が伝えられた。
 一抹の不安はあったものの主治医の前のプリンターから出力される検査報告書の内容が告げられるまでは多少の緊張がよぎった。主治医から告げられた「問題ありませんでした」という言葉に長かった闘病がようやく終了したことを実感した。最終的に来年四月にもう一度来訪するが、これは診察だけであり、どちらかと言えば形式的な確認と言ってよい。
 帰宅して家内に結果を告げると思わぬ反応が返ってきた。「そしたら来年四月は私も一緒に行って、帰りにハルカスに寄ってみよう」。入院中は足しげく家内も訪れた病院である。その当時はハルカスはまだ完成していなかった。なるほど闘病卒業記念を病院最寄りの新名所で夫婦で祝うのも悪くない。

降圧剤減量の効果2016年09月09日

 6年前に健康診断で血圧が上153、下101という数値が判明し高血圧と診断された。最寄りのかかりつけ医で1日2錠の降圧剤を処方してもらい服用を続けた。その後、血圧は順調に下がり直近半年の平均値は132/71と70代男性の正常値146/80を大きく下回った。
 これまでならそのままにしているのだが、最近在宅ケア関係の書籍を読むにつれ投薬の副作用の懸念を気にするようになった。投薬中止とまでは言わないまでも減量という選択肢はあると思った。そこで2カ月前の処方時にかかりつけ医に2錠の処方の1錠への減量を依頼した。医師は消極的ながら2カ月後の数値によっては元に戻すことを前提に了承した。
 その後2カ月間、1日1錠の減量服用を続けた。この2カ月間の平均値は135/75という結果で多少上昇したものの依然として70代男性の正常値を大きく下回っている。昨日、錠剤処方のためかかりつけ医を訪ねプリントした集計データを見せて 結果を伝えた。もちろん錠剤服用の減量が継続されることになった。
 かかりつけ医にとっても良い経験だったのではないか。ネット社会が浸透し高齢者と言えども様々な情報を入手できる時代になった。物言わぬ患者が徐々に多くの情報を身に着けた患者になりつつある。開業医も日々研鑽が求められる。地域医療にとって身近なかかりつけ医は貴重な存在である。それだけに患者自身がかかりつけ医を育てるという姿勢で診察を受けることも必要ではあるまいか。