老後の生活設計と医療・介護費2017年06月24日

 先日、同年代の知人と老後の生活設計について雑談した。奥さんが転倒事故で入院しその後の経過が思わしくなく予想外の長期療養を迫られている。このままでは長期の介護生活も余儀なくされそうだ。それに伴い想定外の高額出費に苦慮している。自分なりに老後の生活設計は立てていたが不測の入院や長期の介護費用までは折り込んでいなかったとのこと。
 その後の介護者の会で皆さんに介護費用について訊ねた。高齢のご婦人たちばかりでご主人の在宅介護や施設介護の経験者ばかりである。介護には在宅介護と施設介護がある。在宅介護には月13回程度のデイサービス利用、月3日程度のショートステイ、月5回程度の訪問看護、月22回訪程度の訪問介護等の費用負担が避けられない。介護保険適用で個人負担分は月額8万円程度は必要だ。施設介護は特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)等で月額15万円以上必要とのこと。有料老人ホームになると更に高額になる。
 私自身も老後の生活設計については結構詳細なシュミレーションをしてそれなりの備えをしてきたつもりだったが、夫婦いずれか又は双方の大病等の不測の医療費や長期の介護生活までは折り込んでいなかった。あらためて生活設計の見直しに着手した。

大盛況の子育てサロン2017年06月23日

 地区社協子育て支援部が主催する子育てサロン”友だちつくろう”の日である。社協責任者の立場上可能な限り顔を出すことにしている。10時開園に合わせて子育てママたちが乳幼児たちを連れ会場のコミュニティセンターにて三々五々やってくる。
今日のサロンには登録スタッフ9名の内8名の皆さんのお手伝いがあった。地区社協の子育て支援という活動を支えている頂いているかけがえのない皆さんである。
 今日の参加者は18組21人と大盛況だ。新年度に入り参加者数が底上げされたようだ。前回は30人もの参加で会場が溢れたという。少子化が進む中で絶対数は減少化している筈だ。それでもこのサロンの参加者が増えているのはご近所のママ友が少なくなっている中で足を伸ばしても同じ町のママ友と交流したいというニーズの反映なのだろう。一度参加してみると子育てという共通の関心事ですぐに打ち解けた会話が始まる。悩みや困り事の交換が次の参加を促している。
 幼児たちもすぐに仲良くなって無邪気に一緒に遊んでいる。ママに抱っこされた赤ちゃんに「コンイチハ」と声をかけてそっぽを向かれた。よちよち歩きの幼児にも片手を開いて「タッチ」を求めた。こちらは素直に応じてもらえた。自分自身が癒されながら子育てサロンが地域の貴重なインフラのひとつとして定着していることを心から喜んだ。

公園利用の世代間のズレ2017年06月22日

 福祉ネット総会後の今期初めての役員会があった。総会や交流会の感想や反省について意見交換した。総会後の交流会について多くの役員から「福祉ネットにはあんな自由な懇談こそが必要」と好感された。同感である。昨年から役員会も後半1時間程度は出席者の自由なフリートーングにしているゆえんである。
 そのフリートーキングで民生委員の役員から次のような意見が出された。「グランド併設の住宅街最大の公園のグランド周りの遊歩道はお年寄りの格好の散歩道になっている。ところが週末土日には頻繁に少年野球チームの試合が終日開催されている。時にグランド外の遊歩道に道具や持ち物がはみ出したり、関係者がたむろしていたりする。お年寄りたちは勢い遠慮がちに除けながら散歩をすることになる。公園入口には『野球、ゴルフ等の球技はやめましょう』と公園管理者の警告看板も掲示されている。それだけに反発や不満がありその苦情が民生委員に寄せられている」。
 もっともな意見である。ゆっくりと散歩したいお年寄りと数少ない野球のできるグランドを確保したい少年たちやその保護者との相互の気持のズレがある。お年寄りたちも野球そのものを否定しているわけではない筈だ。野球関係者にお年寄りのそうした気持が伝わっていないと思える。グランド使用時のそうした気持ちを汲んだ節度と配慮が必要だ。役員会には民生委員だけでなく自治会長や老人会の代表も出席している。自治会長からスポーツクラブ21を通じた関係者への申入れをお願いした。場合によっては自治会ルートで市の所管部署を通じた公園管理者からの指導も必要かもしれない。そんな協議が役員会で行われた。
 福祉ネットという場だからこそできる調整機能である。

終活の大問題”持家処分”2017年06月21日

 空き家になって久しいご近所さん宅の前に引っ越し業者のトラックが3台停車していた。作業員たちが家財を運び出している。5年前に亡くなるまで80代の男性のひとり住まいだったお宅である。晩年は民生委員という立場を越えて共通の関心事でお付合いのあった方だ。子どもさんもなかったことから空き家状態が続いていた。そんな事情もあってかねてからこの空き家の行末を気にかけていた。
 玄関先から声をかけると同年代の男性が出てこられた。葬儀の際にご挨拶した故人の縁者の方だ。民生委員の立場を告げてどなたか入居が決まったんですかと訊ねた。「親戚のあちこちに声をかけて住む人を探したが誰もいなかった。やむなく処分する予定だがまず家財を処分しなければならない。我々夫婦では手に負えないので業者に頼んでようやく手をつけた」とのこと。
 かつて持ち家は遺族に対する価値ある資産だった。超高齢・多死社会を迎えて持家の空き家化が急増している。今や持ち家は場合によっては近所迷惑な「放置空き家」に変貌する。遺された遺族には固定資産税等の費用負担や家財の処分を迫られる「厄介な代物」になりかねない。ヒトゴトではない。子どもたちが将来我が家に移り住む可能性は極めて低い。近所迷惑な放置空き家や子どもたちに厄介な代物にならないよう、持家処分は避けて通れない終活のテーマに数えておくべきだろう。

家内の家庭菜園という”居場所”2017年06月20日

 家内が永年勤務していたパートを辞めて1年が経過した。当初はさすがに時間を持て余していたようだ。ご近所の仲良しさんと買物や時に食事をしたりして過ごしていたが、それだけでは間がもたない。何か自分自身の居場所となるものが必要だ。どうするのかとようすを窺っていた。
 最近ようやく居場所らしきものをみつけたようだ。家庭菜園である。我が家の敷地内に2カ所の菜園スペースがある。物干し前の花壇とリビング前の芝生スペースである。その両方で野菜づくりを始めた。キュウリ、トマト、トウモロコシ、シソ、ねぎ、レタスなどである。あらためて見てみるとそれぞれに小さな実や葉っぱがそれなりに成長している。毎日のように手入れを欠かさない。
 孫娘が誕生したとはいえ車で1時間の遠方に住んでいる。日常生活では関われない。身近に日々成長する野菜たちの世話は家内には格好の老後の居場所なのかもしれない。
 亭主の方は草抜きや庭木の剪定などの園芸にはとんと興味がない。病いで右手親指をなくしてからはその傾向は一層顕著になっている。そんな亭主に家内ははなっから家庭菜園の手伝いを求める気はなさそうだ。せいぜい収穫した野菜に感謝しながら美味しくいただくことにしよう。家内の家庭菜園という居場所づくりを内心で喜んだ。

つどい場”あん”の手づくりランチのありがたさ2017年06月19日

 つどい場”あん”に出かけた。前回から地域の友人宅を途中で訪ねて一緒に参加している。友人の奥さんは突然の入院生活を余儀なくされて数カ月に及んでいる。ひとり住まいの味気ない食生活のようすを聞いた。外食したり出来合いの総菜で済ませたり、場合によっては晩酌のアテだけで済ませることもあるという。
 そんな彼にとっては月に一度のつどい場”あん”のランチは貴重なものだ。大勢で囲む食卓にはオヤジ会仲間でもあるご主人の手料理が並べられる。今回のメニューは鉄板プレートで各自でつくるお好み焼きだった。生地を引いて様々な具材を乗せてカツオ、天かす、チーズなどをトッピングする。子どもたちが小さい頃にどの家庭でも囲んだ懐かしい風景がよみがえる。
 食事をしながら様々な話題が飛び交った。私からは老後の生活設計の話題を提供した。エンディングノートやリバースモーゲージの情報だ。老後の生活設計に夫婦のどちらかか双方の介護施設入居の費用負担まで織り込んでいなかったことの反省も披露した。そうしたことも考えると老後の家計問題は深刻である。
 2時間ちょうどの滞在で知人とともに辞去した。作り過ぎたお好み焼き2枚が知人の食材に提供された。つどい場”あん”の手づくりランチのありがたさを痛感した。

散歩道の遅咲きの菖蒲2017年06月18日

 ブログで散歩道の風景を記事にしなくなって久しい。朝のウォーキングをポケモンGOの愉しみとセットにしたためだ。風景を愛でるよりもポケステーション巡りのコースを優先させた。
 そんな散策コースにも時にブログ記事にしたくなる風景に出くわすことがある。今日もそんな風景に出くわした。山口町名来の旧街道沿いに半ば放置されたような花畑がある。その畑の奥に群生した菖蒲が鮮やかに咲き誇っていた。多彩な紫色が見事なグラデーションを醸している。思わずスマホカメラでキャッチした。
 五月人形に添えられた菖蒲のイメージが強く五月頃がシーズンだと思っていた。今はも6月中旬である。かといって目にした花弁は朽ちかけのものではない。まだ蕾の花弁も散見できる。遅咲きの菖蒲にあらためて見入った。

コープでんきを申し込んだ2017年06月17日

 昨年12月に関電のお得料金キャンペーンに応じて「℮おとくプラン」という料金体系を申し込んだ。老後の生活設計上少しでも毎月の定額料金は削減したいと思った。
 ところがその後にコープ委員会で「コープでんき」の供給開始の情報を得た。コープこうべが始めた電力小売り事業である。http://ahidaka.asablo.jp/blog/2017/01/14/ 前回のコープ委員会で本格的に申込受付が始まっていることを知った。
 先週末に問合せ先の「コープこうべ くらしの情報センター」に電話して申込みの意向を伝え、担当者の来訪日程を打合せた。来訪した担当者は現状の電気料金を気遣って申し込み後の料金と比較してくれる。その結果、さすがに関電の「℮おとくプラン」は電力自由化の競争を意識して結構安い。コープでんき申し込み後は多少現状より高くなりそうだ。それでも原発に依存しない電力という選択肢には代えられない。電力購入をコープでんきに切り替えることでささやかながら「反原発」の意思表示をしたいと思った。

小学校の教育連携協議会に初出席2017年06月16日

 地元小学校の今年度第1回教育連携協議会に出席した。今年度から地区社協会長にもお呼びがかかり初参加となった。「学校と家庭や地域をつなぎ子どもたちを一緒に育てる」という趣旨の協議会ということだ。
 10時半に小学校会議室に13名の委員が顔を揃えた。配布された名簿には15名の委員の名前があり、5名学校評議員、校区の5自治会長、青愛協、SC21、地区社協代表、PTA役員2名といった顔ぶれである。内8名は面識のある方だった。
 校長から「学校経営の重点」が、教頭から「本校の現状と課題」が述べられ質疑応答となった。隣町の共働きの世帯の多い自治会長から育成センターの受入れについての要望が出された。現状の3年生までの受入れを全学年に拡大できないかというものだ。育成センターは通常、学童保育とも呼ばれ、西宮市では指定管理業者に委託運営されており、この校区は社協が受託している。社協にとっても今後の子育て支援の観点からも受入れ枠拡大は課題と思えた。私からは社協がらみで気になるテーマとして「子どもの貧困問題の現状」を質問した。その他、PTA会長からは「PTA活動のボランティア化」を趣旨としたPTA改革の取組み」の説明があった。
 1時間余りの会議だったが、地域の会議としては突っ込んだ前向きな会議という印象を持った。

前立腺生検に耐えた2017年06月15日

 10日ほど前にMRI検査にも引っかかりとうとう前立腺生検を宣告された。そしてその日がやってきた。
 1時半から生検が始まった。2年ほど前に一度経験している。直腸内腔から管を挿入して針で10カ所の前立腺の組織細胞を採取する。痛みはないのだが何とも言えない気持ちの悪さである。担当医からの力を抜いてリラックスして下さいとの要請。力んでいると処置がやりにくいとのこと。針で採取する際にパチン!とバネのはじける音が下腹部から伝わる。気持ち悪さを我慢して回数を数えながらひたすら耐えた。30分ほどと聞いていたが予想外に早く20分ほどで終了。
 検査後には血尿や肛門からの出血、発熱等の合併症もありうるとのこと。同じ生検を経験した知人から酷い合併症の発症を聞いていたので多少の不安は拭えない。直後の検尿で出血はない。検査結果は1週間後に伝えられる。集中検査室で20分ばかりの点滴を受け会計を済ませて病院を後にした。
 今日から一週間はできるだけ水分を摂取して血が固まらないようしなければならない。それは良しとしても一週間もの禁酒が辛い。一週間後の検査結果で前立腺癌の疑いが告げられないことを祈るばかりだ。