英雄たちの選択「“知の巨人”南方熊楠の闘い 熊野の森を守れ!」2017年03月24日

 好きな番組のひとつであるBSプレミアム「英雄たちの選択」の録画を観た。今回は「“知の巨人”南方熊楠の闘い・熊野の森を守れ!」である。かねてから南方熊楠という興味深い人物のまとまった人物像を知りたいと思っていた。好きな番組で取り上げられたので躊躇なく録画した。
 見応えのある番組に仕上がっていた。前半は「知の巨人」という形容にふさわしい熊楠の前半生の知の探究の足跡が紹介される。その研究分野は粘菌の研究をはじめとして博物学、民俗学、人類学、植物学、生態学など多岐に及ぶ。そのバックボーンには英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、スペイン語に長け、漢文の読解力も高く古今東西の文献の渉猟がある。イギリスの著名な科学雑誌『ネイチャー』誌に生涯で51本の論文が掲載されていることでも彼が世界的な逸材であったことがわかる。
 番組では熊楠が生涯で出会ったかけがえのない三人の人物を紹介する。イギリス留学中に出会った孫文、神社合祀令の反対運動で支援を仰いだ柳田邦夫、和歌山県の神島僥倖に際して御進講した昭和天皇である。その出会いの共通項は、固有文化の尊重、自然との共存、生物の多様性や生態系の維持といった点にある。
 100年前の明治・大正期に果敢な人生を生き抜いた南方熊楠という「知の巨人」の足跡にあらためて脱帽した。

91歳の介護者の会主宰者は意気軒高2017年03月23日

 午前中の市共同募金員会の会議を終えてやまなみバスで住宅街に戻った。その足で自治会館で開催されている介護者の会に1時間ほど遅れて参加した。4人の介護者と3人のサポーターの介護にまつわる話題に花が咲いていた。
 机上には「介護者の会ニュース」が配られている。元社協分区長で住宅街の91歳の長老男性作成の資料である。今回は「介護療養病床の廃止!」が特集されている。介護保険の施行までの経過とその後の変遷、介護保険施設の3タイプ(特養、老健、療養型)の解説、今年度の介護療養病床の廃止の動向のアナウンス、今後の重度の看護が必要な高齢者の「在宅」への流れと「地域包括ケアシステム」でのカバー等がA4二頁に渡って分かりやすく記載されている。
 これほどの記事を掲載するにはその数倍の資料を読み解き整理しまとめあげる力量が前提となる。その上でパソコンを操作しワードでレイアウトし編集するスキルが欠かせない。これらを91歳の大先輩がこなして介護者たちに配布し説明されている。90歳を超えて尚その明晰な頭脳と地域貢献の衰えぬ意欲にただただ敬服するばかりである。

市共同募金員会の改革の流れ2017年03月22日

 社協分区長で構成される市共同募金委員会に初めて出席した。議案のひとつに市共同募金委員会の組織体制の改正案があり興味深く受け止めた。
 従来、委員会は社協分区長会と一体的な運営が行われていたようだ。それを3年ほどかけて組織体制改正の検討が行われ、このほどようやく成案がまとまり今回が最終確認の場ということだった。
 改正の趣旨はひとことで言えば「開かれた委員会への脱皮」とでも言えよう。委員会構成の半数をNPO、ボランティア、社会福祉施設、学校関係、商工会議所、学識経験者、行政等からの派遣者で構成する形に変更される。
 共同募金活動の歴史は古く70年に及ぶ。この間様々な時代環境の変化があった筈だ。こうした変化にこれまでの社協を中心とした運営主体である共同募金会がどこまで対応してきたかは承知しない。必ずしも十分ではなかっただろうことは推測できる。その意味で今回の改正は新たな前向きな動きとして受け止めたい。
 折しも在住の住宅街の自治会は次回総会議案で自治会費による募金の一括拠出を廃止する提案をするという。廃止の理由の曖昧さや代替案を用意しないその提案には疑問も多い。社協分区としての対応を迫られている。
 そんな背景もあり委員会終了前に発言を求めた。「自治会非加入や退会者が相次ぎ自治会活動の脆弱化が顕著である。それだけに自治会の会計支出に対する会員の目は厳しさが増している。自治会への依存度の高い共同募金活動も自治会との関わり方を再点検すべきではないか。今後の重点課題としてぜひ検討してほしい」。議長である理事長から「多くの地区で抱えるかねてからの懸案事項でもあり、重く受け止めて今後の課題としたい」といった発言を了とした。

全開!花ちゃんワールド2017年03月21日

 二泊三日のプチ滞在を終えて、花ちゃん一家が我が家を後にした。この時期の成長著しい花ちゃんの振舞いを満喫した。
母ちゃんが「花!いい子いい子は?」と声を掛けると、片手で自分の頭をなぜなぜする。その愛くるしい仕草に思わず微笑んだ。
 雛人形備え付け道具のひとつに雅楽用の太鼓がある。その太鼓を指先で「ポンポンポン」と叩いてみせてから試しに花ちゃんに渡して「ポンポンポンは?」と促した。するとまわらぬ舌で「ポンポンポン」と口にしながら指先でちょんちょんしてくれた。「じょうず!じょうず!」と手を叩いて褒めるとドヤ顔風に笑顔を見せた。以来、太鼓を渡すたびにポンポンポンをしてくれる。
 極め付きは「ゲンコツ山」のお遊戯である。まさかこれは無理だろうと思いながら「ゲンコツ山の~たぬきさん・・・」を口ずさんで両手のこぶしを上下にトントンした。するとナント花ちゃんが同じ仕草で応えたではないか。そばで見ていた父ちゃん母ちゃんも花ちゃんの初めてみる仕草に驚いたようだ。「おっぱい呑んで~」では口元に両手を当て「ねんねして~」では両手を両耳に当ててネンネ風の仕草をする。ただ「抱っこして」の動作はどうしてもできない。いきなり両手を腰の後ろに回す「おんぶして」の動作に移ってしまう。そして「また明日ッ」のエンディングでは片手をあげて「タ~ッ」と大声で叫ぶ。おそらく保育園で何度もやっているお遊戯なのだろう。母ちゃんにはそこまでの情報はなかったようだ。
 花ちゃんワールドが全開した二泊三日だった。

花ちゃんを囲む山里料理・仁木家の食事会2017年03月20日

 昨日の日曜日、花ちゃんの雛まつりのお祝いを名目に婿殿のご両親をお招きした。お二人にとっても初孫である。この時期の花ちゃんとの再会に異存はなく11時過ぎに来訪された。12時半頃まで久々の花ちゃんの相手をしてもらい、予約していた昼食に出かけた。
 予約のお店は三田の山里料理・仁木家である。ランチは11時と13時の二部制で、13時前に到着した。個室の奥正面の花ちゃん席を囲んでテーブル席の両側に大人6人が着席した。事前予約していた「野菜とそばの懐石」が順番に運ばれる。生野菜、季節の食材をあしらった八寸、ワカメそば、炊き立てのクレソンとジャコご飯、合鴨の焼き物、白魚やシイタケの天麩羅、牛蒡・人参などの炊き合わせ、手打ちの十割ざる蕎麦、コーヒー&スイーツの9品である。それぞれに良い素材を使った手作りの味わい深いものだった。
 プライベートスペースでの寛ぎの時間を過ごせる抜群のロケーションの店である。手ごろな価格で プチ贅沢な料理の数々を味わえるちょっとしたおもてなしにはもってこいのお店と言える。

3カ月ぶりに花ちゃんがやってきた2017年03月19日

 昨日のお昼頃、3カ月ぶりに花ちゃんが我が家にやってきた。2月中旬に我が家の床の間に30年ぶりに雛人形が飾られた。祖父母に買ってもらった娘の雛人形である。孫娘・花ちゃんが誕生して久々の晴舞台に登場した。絶好の口実を見つけて早速娘に連絡して花ちゃんに雛人形を見せるよう促した。3月連休初日の花ちゃん一家の来訪が決まった。
 母ちゃんと一緒に花ちゃんが雛人形に向き合った。どんな反応を見せるか興味津々である。下手をすると人形を手づかみして乱暴狼藉を働きかねない。ところが初めて眺める色とりどりのたくさんの人形はいつものおもちゃとは勝手がちがったのだろう。こわごわ覗きこむようにして決して触れようとはしない。かといって嫌がっている風でもない。自由に歩き回るようになった花ちゃんがその後、時々雛人形の前にひとりで眺めている姿が見られた。かくして娘から孫娘への雛人形の伝達式を終えた。
 三輪車にも乗れるようになった。手押し付きの三輪車に乗って大好きなお外の路上でご機嫌だ。手を振ってみせる花ちゃんの一挙手一投足に花ちゃんの成長ぶりがうかがえた。

袴姿で先生とお別れ--小学校の卒業式--2017年03月18日

 昨日は地元小学校の卒業式だった。今年も110名の子どもたちが巣立っていった。卒業証書授与で最初の生徒だけ全文が読み上げられる。3千〇〇番というこの学校の過去の卒業証書発行ナンバーが告げられた。この固有の番号こそが卒業 証書の重みなのだろう。
 卒業生の入退場が印象的だった。入場では正面舞台の両袖から登場し階段を下りて式場に着席するという意表をついた演出が参列者のどよめきを誘った。入場する多くの女生徒と一部の男子の袴姿が目についた。退場はクラス毎に担任の先生とのお別れスタイルである。順次の座席後方で待つ先生の前に進み先生から花が渡される。ひとことふたこと言葉が交わされるという厳粛でほのぼのとした光景が繰り広げられた。
 今年で9回目の卒業式だった。ひと口に卒業式といっても式のスタイルは様々である。多分に校長先生の意向が反映されているのだろう。同じ校長でも少しずつ工夫が凝らされているようにも思える。来賓である参列者の目には何回も見る風景だが主役の卒業生にはこれっきりの晴れ舞台である。式典が様々に工夫されることは歓迎すべきことだろう。

突然の頭痛と立ちくらみにうろたえた2017年03月17日

 昼食を挟んだ会食の帰路だった。瓶ビール一本分の心地よい酔いに任せて住宅街に架かる橋を渡っていた。突然、後頭部に締め付けられるような痛みに襲われた。追いかけるように視界が回転するような立ちくらみに見舞われた。ヤバイッ!これは人伝に聞く脳梗塞の症状ではあるまいか。欄干に掴まってしばらくじっとしていたらスーッと症状が消えた。束の間の恐怖にうろたえたが、歩き出してみるとなんともない。無事に帰宅した。
 その後の慌ただしい日程に紛れて何事もなくその日を過ごした。翌日、やっぱり不安になって家内に昨日の出来事を告げた。案の定、すぐに行きつけの脳外科病院に行くことを強く求められた。朝一番の診察を受診できた。2年前にもCTとMRIの検査を受けた病院である。過去のカルテを診ながら今回もCT検査を受けることになった。検査結果を待って再度診察室に入った。
 PCモニターの画像を見つめている若い担当医のお告げを待った。「前回の検査と比べても特に問題はありません。この状態ならMRIの検査も必要ないでしょう」とのこと。症状の割にあっけない検査結果だった。それでも今回初めて味わった症状は結構深刻なものだったことは否定できない。何やら爆弾を抱えたような気分ながらひとまず安堵した。

よりそいサポート・サポーター交流会2017年03月16日

 昨年6月22日に社協分区ボランティアセンターの有償ボランティア・よりそいサポートの住民説明会を開催した。57名もの参加者があり、地域の高齢者の困り事支援についての期待の大きさとリタオヤおじさんたちの地域ボランティアの関心の高さが窺えた。以来、サポーター登録は24名、利用者登録は9名、活動実績は4件と着実に定着しつつある。
 とはいえ支援依頼件数は思ったほどには多くなくサポーターへの依頼も4人にとどまっている。サポーターの皆さんからすれば意気込んでいただけに意欲が削がれたという懸念もある。そんな背景もあって先日サポーター交流会を開催した。
 ボランティアセンターのある安心プラザを会場に11名のサポーターと10名のコーディネーターに参加して頂いた。サポーターの内9名が男性で女性中心の社協関係の会合や研修とは一味違った顔ぶれだった。その点にも日常生活支援の有償ボランティアが従来の社協活動とは趣きを異にした新たな活動であることを物語っている。
 冒頭の開会挨拶で次のようなコメントをした。「助け合いサポートでも支援サポートでもないよりそいサポートとい名前にこだわりがあります。対象者の自立生活支援が目的であり、対象者に寄り添いながら自立生活のお手伝いをします。2025年問題に象徴されるように『大介護時代』がやってきます。在宅介護に直面してもいきなり地域とつながるというわけにはいきません。それ以前の日常生活支援等での地域とのつながりがあってはじめて円滑な支援が可能です。よりそいサポートの意義がこの点にもあります。よりそいサポートは西宮市内でも初めての日常生活支援の有償ボランティアとして注目されています。この取組みの成功と定着に向けてお力を貸して下さい」。
 ボランティアセンター長の進行で取組み経過が報告され、参加者の自己紹介があった。サポーターからも活動事例の詳細が語られた。相互の自由な意見交換の後、1時間半の和やかな交流会を終えた。

コープ委員会のお食事交流会2017年03月15日

 3月のコープ委員会は障がい者家族との懇談会と重なり欠席した。12時に懇談会を終えて帰宅中にコープ委員の代表者から携帯メールをもらった。委員会終了後に予定されていたお食事会のお誘いだった。12時15分に店の前から送迎バスが出るとのこと。そのまま向かえば間に合うので参加することにした。
 食事会場は「がんこ・三田の里」だった。以前から話に聞いていたが初めてのお店である。古い格式のある屋敷を改装した建物の広い座敷に案内された。テーブル席には豚シャブをメインにした和風ミニ懐石の料理が並べられている。コープ委員と店長の13名に幼児3人が参加した。代表のお茶乾杯の後、早速料理にありついた。料理を味わいながらの歓談が続いた。日頃の委員会での発言ぶりとは違った一面を見ることもしばしば。たっぷり1時間以上の歓談の後、2時出発の送迎バスに乗車し帰路についた。
 コープ委員になって1年近くになる。既に何度も委員会で顔を合わせ、コープまつりでも一緒に活動し、バス研修でもご一緒した。一人ぼっちの男性委員だがようやく皆さんとも馴染めるようになったお食事会だった。