社協各分区の地区ネットワーク会議の取組み2016年05月26日

 昨晩、山口分区の代議員会に来賓として出席した。4月に分区長に就任して初めての対外的な行事参加だった。
 会場の山口ホールで午後7時30分から開催された。出席代議員の構成や規模、議事進行等はかなり共通している。元々山口支部であった組織が山口と北六甲台の二つの分区になったという経過がある。規約等も含めて共通性が多いのも頷ける。
 代議員会では山口分区の「地区ネットワーク会議」の役割も兼ねた組織への見直しが重点テーマだった。分区の構成メンバー自体が自治会、婦人会、老人会、民生委員、ボランティアセンター等の地域組織から選任されている。分区組織をそれぞれの組織や役職の意向を反映させ実質的な議論ができるような体制に移行することで地区ネットワーク会議の機能を確保することが狙いのようだ。
 北六甲台分区では昨年3月に分区とは別に新たに社協分区、自治会、老人会、民生委員、ボランティアセンター等で構成される福祉ネットワーク北六甲台地区会議という組織を立ち上げた。ともに「地区ネットワーク会議」を念頭に置いた取組みであるが、その組織の形成や性格は異にする。同じ支部から分化して20年が経過し、それぞれの風土に見合った独自のカルチャーが培われてきた。それぞれの地区特性を活かした新たな取組みが始まった。

住宅街のデイサービスセンター訪問2016年05月25日

 昨日、福祉ネット北六甲の議長でもある自治会長からメールをもらった。2月から住宅街でデイサービスセンターを運営する自治会員の訪問を受けたとのこと。その際入手した事業内容等のデータの情報提供だった。
 今朝、その訪問者から電話をもらった。一度お会いして話を聞きたいとのこと。スピード感が信条である。1時に施設見学がてらお訪ねすることにした。
 オーナーとフィンランド人の奥さん、パートナーの知人の三人の方と懇談した。個人住宅だった民家を手直しし小規模なデイサービスセンターに衣替えされた。元の所有者が車イス生活者の介護者だったようで玄関横にエレベーターが設置され、1階の広いLDKもバリアフリーで、ほとんど手直しが不要だったとのこと。現状の利用者は数人だが3人の方と専門職3人の計6人がスタッフのようだ。
 オーナーの奥さんはフィンランドで永く介護ホームを運営され、今も二つの施設を運営されているという。その理念やノウハウをぜひご主人のふるさと日本で実践したいという想いがこの事業となった。
 乞われるままに私からはこの町の現状や福祉の実情をお話しした。高齢化の実態、社協や福祉ネットの取組み等の話の延長で、ちょい呑みオヤジ会にも話題が及んだ。住民で呑める口のご主人はオヤジ会メンバーの有資格者である。次回のオヤジ会へのお誘いをして懇談を終えた。

リタイヤオヤジの井戸端会議2016年05月24日

 よりそいサポート説明会のあった日の夕方5時からちょい呑みオヤジ会があった。今回は呑み会グループの15人の皆さんに参加してもらった。その内9人の皆さんは説明会に引き続いての参加だった。
 オヤジ会のメンバーには事前に携帯電話のショートメールでご案内し18名の方から参加の意向を聞いていた。またオヤジ会で5月29日のコープサークル「男の料理塾」の参加をご案内したところ8名の方の参加がある。西宮ユネスコ協会の会員であるメンバーからは近況報告で協会主催の史跡見学会への案内があった。合唱サークル主宰者であるメンバーの報告を聞いて一緒にやることになったメンバーもいる。メンバーの数人が丸山登山という共通の趣味を持ち合わせている。今回のオヤジ会でも丸山登山回数5000回を誇る長老の話に大いに盛り上がった。
 会を重ねるに従いオヤジ会の性格や機能が見えてきた。その最大の機能は情報の受発信機能だろう。俗っぽく言えば「リタイヤオヤジの井戸端会議」ということになる。地域に戻った団塊世代のオジサンたちは女房族の強固なネットワークに比べオヤジたちのか細さに戸惑っているに違いない。それだけにオヤジ会のネットワーク機能が浮上する。
 最近オヤジ会に参加したあるメンバーが終了後の感想をボソット漏らした。「オバサンたちはこんな場をあちこちで持っているんやろな」。然りである。

有償ボランティア・よりそいサポートのキックオフ2016年05月23日

 昨日の午後、地区社協ボランティアセンターの有償ボランティア・よりそいサポートの立上げ説明会を開催した。ボランティアコーディネータの一員として1年がかりで準備を進めてきた事業である。先月就任した社協分区長としても今年度最も重点を置く事業として提案した。
 説明会は地域住民の皆さんに、初めてその全貌をお伝えし、利用者登録、サポーター登録をお願いするいわばキックオフの場である。それだけにどれだけの住民に参加して頂けるかが焦点だった。
 1時半の開会を前に大勢の方に会場に足を運んでもらった。事務局で多目に準備した筈の配布資料45部が間に合わず追加印刷に追われた。最終的に会場のコミュニティーセンターを埋め尽くす57名の参加者で溢れた。嬉しい誤算というほかはない。地域での高齢者の困りごと支援のボランティアへの期待の大きさを物語っている。
 最初に13名のボランティアコーデネーターが紹介された後、私から40分ほどかけてに「有償ボランティア導入の背景と趣旨」を述べ、「よりそいサポートの仕組み」を説明した。
 その後40分ほどに渡って活発な質疑応答があった。「この初めての試みは、どこかの先進的な事例を参考にしたのか」「子育て卒業母さんたちが空いた時間をこの活動に気軽に参加できるような仕組みを」「実際の活動実施はいつごろか」「提供されたサービスの質をめぐるトラブルを想定しているか。その場合の窓口は誰か」「自立生活支援の趣旨は理解できるが実際に支援を依頼できる活動の中身はどんなものか」「見守り活動との連携を通したニーズの発掘が必要ではないか」「有償ボランティアという言葉に抵抗がある。ボランティアとは本来無償ではないか」「今現在様々な困り事を抱えている。今すぐにでもやってほしい」等々。10名ほどの皆さんからの質問、意見、要望だった。閉会後にはサポーター登録10名、利用希望カード3名を頂いた。
 よりそいサポートが順調なキックオフを飾った。

長尾医師の講演「穏やかな最期を迎えるために」2016年05月22日

 福祉ネット役員会を終えてそのまま西宮市立勤労会館に向かった。著名な在宅医である長尾和弘氏の講演を聴くためだ。
 福祉ネット発足2年目を迎えて在宅ケアが主要なテーマとして浮上した。福祉ネットのかじ取り役としてはこのテーマに無関心ではいられない。そんな時に出会ったのが患者本位の独自のスタンスで在宅医療に精力的に取り組む長尾医師の活動ぶりだった。氏のブログに目を通し、著作も2冊買込んで読み始めた。その長尾医師の講演が聴けるとあって福祉ネット役員会で同席だった市社協地区担当者と一緒に会場に向かった。
 「穏やかな最期を迎えるために」と題した西宮母親大会の記念講演だった。定員400人の会場を埋め尽くすほどの入場者だった。講演では「終末期をいかにして平穏に迎えるか」というテーマについて様々な医療的な観点から述べられた。端的に言えば終末期の過剰な延命措置を排した平穏死こそが望ましいということになる。「人間の水分は赤ちゃんの頃の80%から徐々に減少する。高齢者は50%程度になる。終末期の脱水症状はごく自然なもの」「延命死は溺れ死ぬこと。平穏死は枯れて死ぬこと」等の語録が語られる。合間に動画で上映された伊丹十三監督の映画「大病人」のさわり部分も説得力のあるものだった。
 会場受付で配布された資料に、長尾氏の3篇の産経新聞連載記事があった。「在宅療養」「がんの基礎知識」「認知症の基礎知識」である。帰路のバス車中で読み耽った。講演内容を反芻できる分かりやすい内容だった。

地域ボランティアの裾野2016年05月21日

 明日、地区ボランティアセンターの有償ボランティア「よりそいサポート」の立上げ説明会を開催する。社協分区の今年度の事業計画の中でも最も重視している活動である。20年間に渡る社協分区活動の集大成ともいえる事業である。お年寄りや障がい者、介護者等の日常生活の困り事支援を地域住民同士で支え合う仕組みづくりを初めて地域に提案する。
 明日の説明会に利用やサポートを検討頂ける住民の皆さんにどれだけ参加頂けるかが焦点である。事前の打診で一定の感触は掴めている。オヤジ会メンバーの内18名の方が参加頂けそうだ。予定があって当日参加はできないがサポーター登録は考えている方も多い。7名の地域の知人・友人の参加の意向も聞いている。コープこうべの地区本部の暮しの助け合いの会のスタッフの見学もある。
 市内でも社協分区による独自の有償ボランティアの立上げは初めてのようだ。この事業の成否の鍵を握るのは地域ボランティアの活動の広がりと浸透度合いだろう。その意味でも地域福祉のボランティア拠点としての社協分区活動の集大成でもある。

橋脚落下事故の現場近くを歩いた2016年05月20日

 相変わらず万歩計の呪縛に縛られ、特に外出予定のない日の朝の散歩は遠出になる。今朝も隣町平田の田園を歩いた。
 有馬川東側の土手道から新名神高速道の橋脚落下事故を遠望した。平田の田園に入ると水を引かれたばかりの美しい水田風景が広がっている。水田の水面には横断している新名神高速道の橋桁が映されている。
 平田の集落を抜ける旧街道を折り返し有馬川の土手道に出た。事故現場に向かう土手道の入口には警備員の姿はなく片側車線も開かれている。事故現場近くに行ってみることにした。落下した白い橋桁が斜めに横たわっている。有馬川を跨いで西側の端が国道に着地している。
 人影も車両もない事故現場は静寂に覆われていた。大事故直後の喧騒を押しやるように静寂が支配していた。

タブレットの向こうの花ちゃん2016年05月19日

 タブレットの向こうで花ちゃんが遊んでいる。定期的に娘と孫娘を相手にFaceTime(テレビ電話)をしている。花ちゃんが朝起きして授乳やおむつ替えなどの一連の手順を終えひと息ついた頃である。
 婿殿の実家で最近買ってもらったおもちゃがお気に入りである。音楽が聞こえる絵本風のおもちゃをタンタンと手で叩いてご機嫌だ。そんな時はなかなかカメラの方向に顔を向けてくれない。少し前までキャッキャッと反応していたじいちゃんのワンワンやニャンニャンの鳴き声にも知らんぷり。
 ところが今日は見事なパフォーマンスを見せてくれた。うつぶせで遊んでいた花ちゃんがナント仰向けに寝返った。仰向けからうつぶせへの寝返り(我が家ではゴロンと呼んでいる)は何度か目にした。逆ゴロンは初めてだった。そしてすぐにうつぶせにゴロンして一回転した。思わずタブレット越しに拍手した。じいちゃんの拍手にカメラ目線でニッコリとどや顔!
 こんな他愛のない孫と過ごすバーチャルな日常に癒されている。

介護が突然やってくる2016年05月18日

 住宅街の介護者の会の日である。初参加の70代のご婦人の姿があった。80歳近いご主人は突然の重い発病で入院中である。朝の散歩中にご夫婦で散歩されている姿を見かけていた。いきいき体操にも最近までお二人で参加されていた。奥さんの報告である。
 「何カ月か前に突然ご主人が倒れた。救急車で運ばれた病院での診察結果は腰部の重篤な褥瘡(じょくそう※床ずれ)だった。すぐに手術し壊死した組織のかなりの部分切除した。術後も寝たきり状態で帰宅は叶わない。頼み込んで入院をさせてもらっている。介護保険の手続きなどしていない。地域包括センターに相談しながらすぐに手続きを行ったところ介護認定は要介護5だった。要支援などをすっ飛ばしていきなりの最上級の認定だった。日々病院に通う生活が突然訪れた。介護の知識など全くなく情報収集と勉強に明け暮れている。この介護者の会があうことを知って色んなことをぜひ教えてほしいと思って参加した」。
 平穏な日々に突然介護に見舞われるという具体的で生々しい事例をお聞きした。他人事ではない。いつ同じ境遇が訪れるかもわからない。そんな状況の中で介護者の会が地域のかけがえのないインフラのひとつになりつつあると実感した。

しょうざんリゾート京都を味わった2016年05月17日

 昨日、連合福寿会(老人会)のバス研修に参加した。「北山杉と日本庭園のしょうざんリゾート京都と京料理」の案内に応募者が殺到した。大型バスの定員いっぱいの55名が参加したが、役員を中心に10名ほどが参加を断念したようだ。
 朝9時に出発したバスは渋滞もなく洛北の目的地には10時25分頃に到着した。北庭入口の雅びな門をくぐると目の前に鮮やかな新緑の奥行きのある庭園が広がっている。玉砂利の歩道の左右を北山杉や台杉が林立し風情ある大きな庭石があちこちに配されている。その見事な樹林の凛とした佇まいは圧倒的な新緑のまぶしさの中で息を呑むほど美しい。
 11時半から園内の一角にある「京料理・紙屋川」で京料理の松花堂弁当の昼食をとった。旬の素材を彩り豊かにあしらった凝った盛合せのお弁当に湯豆腐がついている。食後に庭園内を流れる紙屋川の清流を辿る南庭を散策した。
 次の目的地はは京野菜のお買物スポットである。洛北から一気に洛南に向かい、1時半頃には名神高速京都南インター近くの「じねんと市場」に着いた。地元の農家が生産する京野菜を中心とした直売所である。入口近くには豊富で多様な野菜が並べられている。京野菜はぜひとも買って帰りたい。とはいえ勝手に買うわけにもいかないので家内に携帯で連絡しながら九条ネギ、サラダ水菜、ニンジン菜、アイスプラントなどを晩酌のアテのお惣菜も一緒に買込んだ。
 午後から雨の天気予報だったが帰路に就いた頃までは曇り空ながら何とか雨は避けられた。予定より15分ばかり早く3時15分頃には自宅に着いた。会費3300円という格安のバス研修ながら中味の濃い内容に大満足だった。