公民館講座「公智神社の由来」2017年10月21日

 久々に山口公民館講座を受講した。公智神社の長谷川昌亮宮司の「公智神社の由来」をテーマとした講座だった。山口公民館講座では郷土史研究家という肩書で「山口風土記」をテーマに15回の講座を開講した。公智神社宮司のこのテーマでの講座である。講師の長谷川宮司とも個人HP「にしのみや山口風土記」を立上げた時に公智神社のHPにアクセスして以来のお付合いがある。見逃すわけにはいかない。
 会場はいつもの山口センターの山口公民館ではない。公智神社社務所2階広間である。午後1時半の開講に40人ほどの受講者がつめかけた。畳敷きの広間で座卓に座っての受講はお年寄り中心の受講者には少々辛いものがある。
 講座では創立の経緯に始まり、古代、平安・室町時代、戦国・江戸時代、現代にいたる公智神社の様々な来歴が紹介された。多くは承知している内容だったが、古文書をもとにした宮司ならではの解説だった。とりわけ興味深かったのは宮司を務める長谷川家の来歴の紹介だった。氏の曾祖父が公智神社宮司として初めて着任されるまで、始祖の福井・小浜の宮司の次男から始まって神戸・湊川、播州・山崎、三田・高平、山口に至る経緯があるとのことだった。
 1時間ほどの講義の後、受講者から質問が相次いだ。その後、本殿前に場を移しての現地説明会となった。最初に説明されたのは木造建築の本殿だった。コンクリート造りの社殿の中に本来の木造の本殿があることを初めて知った。境内には末社や山口氏ゆかりの手水舎など様々な史跡がある。
 5年前に西宮市立郷土資料館の歴史調査団に参加した。その際、お二人の団員と三人で公智神社境内の47基の石造物の碑文や大きさを調査した。当時の資料を紐解くと最古の銘文の年号は元禄3年(1690年)の山口氏ゆかりの手水鉢であることを記していた。

地区社協福祉講座「訪問介護と訪問診療」2017年10月15日

 地区社協の福祉講座「訪問介護と訪問診療」が開催された。直前の民生委員の高齢者実態把握調査の訪問でこの講座を口コミで案内したところ多くの人から受講の意向が伝えられた。そんなことから会場いっぱいの受講者があるのではないかと期待した。
 ところが蓋を開けてみると受講者は36名だった。過去の福祉講座の平均を上回る受講者数だが、期待した人数をかなり下回った。それでも担当地区の受講者は16名と対象の6地区全体の4割を超えた。全戸配布のチラシで案内したものの他地区との比較で口コミの威力をあらためて思い知った。
 2部構成の講座だった。第1部は福祉ネット役員でもある地域包括支援センターの武藤センター長から「認知症発症時等の介護保険手続」をテーマに話してもらった。認知症についての概要、症状、支援の在り方等の解説の後、介護保険の認定手続きや介護サービスの利用の仕方等を具体的に分かりやすく説明してもらった。
 第2部は福祉ネットのアドバイザーでもある「おかざきクリニック院長」の岡崎医師である。在宅医としての経験を活かして「自宅での看取りと緩和治療」をテーマに在宅医療という選択肢についての解説や在宅緩和ケアの現状が紹介された。「在宅緩和医療を続ける中でレスパイト(家族の休憩ケア)や看取りのために緩和ケア病棟に入院することもあって良い。入院は決して負け戦ではない」「緩和ケアとは患者本人だけでなく介護家族も含めたけあである」等、何件もの在宅看取りの経験者ならではのメッセージが印象的だった。
 合わせて1時間40分ほどの講演後には会場から質問が相次いだ。それぞれに差し迫った在宅医療や介護認定問題に関わる突っ込んだ質問だった。お二人の講師からそれぞれの専門分野ごとに的確に回答してもらった。
 最後に主催者を代表して「今後も引続き同様のテーマでの講座を開催し、在宅医療の地域レベルの情報共有を通じて在宅ケア環境の底上げをはかりたい」と締めくくった。

久々の男の料理塾”さわらのみぞれあん”2017年09月16日

 4カ月ぶりにコープサークルの「男の料理塾」があった。今回参加者の8名でその内6名がオヤジ会メンバーだった。400円という格安会費を払って受付を済ませ頭に三角巾、身にエプロンを纏ってスタンバイ。
 講師のサークル代表の指導が始まる。参加者とほぼ同数の主婦スタッフたちによって事前に食材が整えられすぐにも調理にかかれる。
 まずはひじきサラダの調理である。人参、きゅうり、油揚げの千切りにかかる。ドレッシングづくりを指導され、水に戻したひじきと一緒に混ぜ合わせる。
 続いてけんちん汁。鍋で鶏肉を油炒めし、大根、人参をイチョウ切りし、輪切りの里芋、ささがきの牛蒡を一緒に鍋に加えて炒める。調味料で味付け済みの出し汁を加え野菜が柔らかくなるまで煮る。
 メインディッシュはさわらのみぞれあんである。さわらや人参、かぼちゃは既に切り身で準備されている。大根おろしのすりおろしがオヤジたちのもっぱらの担当。さわらをかたくり粉でまぶして揚げ、野菜は素揚げする。出しを温め大根おろしを加えて煮立ちしてさわらを入れてからめる。お皿にそれぞれを盛り付け三つ葉を散らし揚げ野菜を添える。
 10時半開始の調理実習が12時10分頃にようやく盛り付けが始まった。午後の市社協地区代表者会議に参加するには12時33分の下山口バス停発のやまなみバスに乗車しなければならない。その事情を事前に代表にお願いして盛り付けが始まったばかりの料理を先に戴いた。25分頃には慌ただしく会場を後にした。

講座「さくらやまなみ 文学・ドラマ街道」2017年07月19日

 西宮文学案内春季講座のひとつ「さくらやまなみ 文学・ドラマ街道」を受講した。これまで会場は全て南部だったが、今回初めて講演テーマでもあるさくらやまなみバスゆかりの山口ホールで開催された。講師は西宮市出身の文化プロデューサー・河内厚郎氏である。
 企画者のひとりである知人から山口で初めてのこの講座を開催するについて受講者呼びかけの協力を依頼された。私の公民館講座受講者やオヤジ会を中心にメールやチラシ配布で声掛けした。240名収容の会場には半数以上の受講者があり盛況の部類と思われた。
 講演内容はさくらやまなみバスの路線沿いの地域にまつわる文学ゆかりの史跡や作家の案内だった。講師の西宮文学に関わる深い造詣がいかんなく発揮され、何気なく乗車していたやまなみバスの車窓の風景の数々に様々なドラマがあることを教えられた。

久々の男の料理塾でアジの三枚おろしを実習2017年05月20日

 昨年11月以来の久々の五回目の「男の料理塾」が開催された。今回から世話役はちょい呑みオヤジ会のメンバーのおひとりにお願いした。10時25分頃に会場のコープのお店の組合員集会室に行くと、世話役さんがちゃんと受付をして頂いている。参加者9名の内7名がオヤジ会メンバーだった。
 今回は食品メーカー協賛商品のパン粉、パンケーキ、オリーブオイル、ヘルシーオイルを使ったメニューだった。アジのパン粉焼き、すり身と豆腐のパン粉揚げ、トマトスープ、オリーブオイルの香りの豆ご飯、しょうがご飯、ニンジンとパセリのパンケーキなどである。
 今回初めてあじの3枚おろしの全工程に挑戦した。うろこを取って胸ヒレの下から頭を落とす。内臓を抜いて水洗い。下身と中骨の間の上から包丁を入れ尾っぽまで切れ目を入れる。180度回転させて背中を手前にし尾っぽから切れ目を入れる。尾の部分に包丁を突き刺しゆっくり包丁を進めて下身を切り離す。同じ要領で上身を切り離して中骨を分ける。下身、中骨、上身と三枚に切り分けるので三枚おろしというわけだ。最初の下身の切り分けに失敗した。中骨にかなり身をつけたまま包丁を入れていた。たっぷり身のついた中骨に再度包丁を入れ結果的に四枚おろしになってしまった。
 三枚おろしに時間がかかり調理を終えたのはいつもより30分遅い12時半だった。揚げ物のメインディッシュにデザート、トマトスープ、しょうがご飯、豆ご飯のおにぎりといつも通りのボリュウム満点の手づくりランチで空腹を満たした。皿洗いや会場片付けを終えて定刻の1時には料理塾を終えた。

今回の料理塾は「鶏肉のハーブカツレツ」2016年11月28日

  4回目のコープサークル「男の料理塾」に行ってきた。今回はオヤジ会からの6人の参加に主宰者声かけのお1人と合わせて7名が受講した。指導の女性陣は主宰者を含めて7人と同数で、主宰者には申し訳ない受講者数だった。
 今回も多彩な献立が準備された。メインの鶏肉のハーブカツレツにシャキシャキサラダ、玉ねぎ丸ごと焼き、ホワイトスープにデザートの淡雪クッキー、コーヒーゼリーと6品である。これだけの料理を楽しく作って食べられて400円の会費なのだから何ともありがたい塾である。
 実習はデザートから始まった。淡雪クッキーがいとも簡単に自宅でできる。コーヒーゼリーにはアガーというゼラチンと寒天の中間の食感になる材料が使われた。シャキシャキサラダの素材の野菜やホワイトスープの具材を細くせん切りした。切り方にもいろいろあるものだ。最後にメインディッシュの鶏肉の調理に加わった。皮を取り除いた鶏肉をそぎ切りにしてラップの上から麺棒で叩いて薄くのばして塩コショウをする。小麦粉、溶き卵、粉チーズを混ぜたパン粉の順に衣をつける。フライパンにオリーブオイル熱しバターを加えて溶かし衣のついた鶏肉をきつね色になるまでこんがり焼く。これらの手順を受講者たちが手分けした。
 12時ちょうどにすべての調理を終えた品々が盛り付けられてテーブルに並んだ。二つのテーブルでスタッフも交えた昼食が始まった。出来立ての調理に関わった料理を美味しくいただいた。
 昼食後に来年度の「男の料理塾」の日程について一同で協議した。年三回、5月、9月、1月の第3金曜日で固まった。オヤジ会の料理塾バージョンが引き続き継続されることになった。

医療関係者たちの素人「終活劇」2016年11月15日

 つどい場”あん”で神戸市北区の訪問看護センター勤務の看護師さんから興味深いイベントを紹介された。北区の在宅医療・介護連携支援センター主催で北神区民センター(ありまホール)で「終活劇」が上演されるという。出演者や製作スタッフは全てセンターに所属する現役の医療・介護の関係者である。
 その「終活劇」を家内と一緒に観劇してきた。2時の開演前のありまホールは立見席が出るほどで定員500名を超える盛況だった。4幕にプロローグとエピローグのついた2時間もの本格的な舞台だった。出演者45名は開業医、歯科医師、看護師、ケアマネ、薬剤師、社会福祉士、社協職員に現職の葬祭業ディレクター、警察官、消防署救急隊員なども加わっている。8月からの特訓で上演にまでこぎつけたという。当然ながら演技はお世辞にも上手とは言えない。中には堂々とカンニングペーパーを見ながらのせりふを読む強者もいる。それはそれで観客を沸かせている。脚本はなかなかのもので随所に笑いネタも折り込んで舞台を盛り上げている。素人演劇でもあり上演中の写真撮影もOKということでスマホ写真を遠慮なく撮らせてもらった。
 演技の出来栄えは別にしても上演テーマはシリアスで考えさせられるものだった。エンディングノートの重要性、安心シート(安心キットの神戸市版)のPR、救急隊の救急現場の実態、多死社会での病院看取りの困難さ、自宅看取りの心構え、訪問診療の一日、訪問歯科診療の事例と自分で食べられることの大切さ、終末期に本人の意に反して救急車を呼ぶことの問題点、在宅死で警察が関与する事例、リビングウイル、終活についての家族会議等々である。
 大いに笑い、大いに考えさせられた。帰路の車中で家内と子どもたち家族も加わった我が家の家族会議の在り方などを語り合った。

男の料理塾「塩さばの甘酢あんかけ」2016年10月03日

 3回目のコープサークル「男の料理塾」があった。今回はオヤジ会からはメンバーの所用が重なり5人の参加だった。主宰者の声かけで別に5人の参加があり合わせて10名の受講者だった。
 今回は主宰者の手配でコープこうべ家庭料理研究会の講師を招いての開催だった。二つのテーブルに分かれてオヤジたちがエプロンと三角巾姿で着席した。講師のメニュー紹介とレシピの解説が始まった。
 今回のメニューは「塩さばの甘酢あんかけ」「小松菜のみどり和え」「田楽なべ」「がんづき(蒸しパン)」と相変わらず多彩だ。講師がそれぞれのメニューを説明しながら巧みに調理していく。受講生たちは調理台の真上に斜めに設置された大きな鏡でその手許を見つめながら講師の調理の様子を追っていく。
 一通りの調理の説明を終えて、各テーブルごとに調理実習が始まった。今回も数人の主婦の皆さんのサポートを受け、下拵えの済んだ素材をカットしたり、お鍋やフライパンに入れて味付けしたり、出来上がった料理をお皿や鉢に盛り付けたりと忙しい。オジサンたちも意欲的に挑戦している。30分ばかりのクッキングで各テーブルには見事な4品が並んだ。
 出来上った料理をいただく。各テーブルには講師陣も着席し調理にまつわる様々な懇談を交わした。ひとり住まいの70代後半のメンバーの積極的な質問が目を引いた。大病の後の退院後の食事療法には人一倍気を使っておられるようだ。自身でやるしかない身で調理には誰よりも前向きだった。つくづく心構えの違いを思い知らされた。自身にどこか真剣みが足りないのは、夫婦二人の生活で食生活のほとんどを家内に委ねていることに起因する。場合によっては家内に先立たれるというケースもありうる。目の前の意欲的なオジサンの姿勢を見習わねばならないと再認識した料理塾でもあった。

鎌田實氏講演・「がんばらない」けど「あきらめない」2016年09月08日

 昨年に引き続いて今年も県社協主催の「社会福祉夏季大学」を受講した。先月の山口民児協で1名の派遣枠に希望者がないようだったので手を挙げた。著名な医師である鎌田實氏の記念講演「『がんばらない』けど『あきらめない』」をぜひ聞いておきたいと思った。
 新神戸駅近くの神戸芸術センターの広い会場に1時前に到着した。セレモニー直後の演壇も何もない広い舞台に鎌田氏が登場した。濃いグレーのTシャツに黒のジャケットを羽織ったラフなスタイルである。語り手と観客との壁を可能な限り取っ払おうという氏の講演スタイルのようだ。
 冒頭、やまゆり園の無差別殺人事件がふれられた。社会の役に立たないという理由でハンディを負った者を抹殺する思想への怒りがふれずにはおれなかった述懐される。氏の活動は驚くほど多彩で広範囲である。潰れかけた諏訪中央病院の院長として住民と一緒につくる地域医療病院として見事に再生させたのを皮切りに、チェルノブイリ原発事故の患者支援、イラク難民の医療支援、東日本震災被害者支援等、国の内外の被災者への支援活動である。
 そうした活動の原点でもある自身の生い立ちが語られる。1歳の時に実父母に捨てられ貧しい個人タクシー運転手の養父と病弱な養母に引き取られる。そうした苛酷な生い立ちの末に医学部を卒業し医師となった経緯は語られなかったが、どれほどの努力と刻苦があったのか想像に余りある。
 印象的だったのは医師らしい「オキシトシン」というホルモンの話だった。幸せホルモンとも呼ばれ、相手の立場に立ってみる時に最もよく分泌するホルモンだという。それが炎症を抑えストレスを緩和し、生きる力となる。講演で語られたテーマは一貫して「相手の立場に立って考え、行動する」ということだったと思う。
 1948年生まれの団塊世代である。その壮絶な人生に裏付けられた本物の「思い遣り活動」が「ストップ・ザ・無縁社会」をテーマに集った聴衆の心を揺さぶった。

第2回・男の料理塾2016年05月29日

 2回目のコープサークル「男の料理塾」が開催された。今回はオヤジ会メンバー7人と主宰者の知人1名の計8名の参加だった。主催者側は前回3人が大幅に増え7人ものスタッフにサポートしてもらった。 
 前回同様、メインの蒸し鶏はじめ野菜サラダ、野菜の煮物、具だくさんお汁、ジャガイモもんじゃ焼き、お茶ゼリーなど盛り沢山のメニューだった。ポイント毎に教わりながら調理に励んだ。
 12時前には出来上がり、テーブルに盛り付けられた料理を前に集合写真を撮った。食事をしながらのよもやま話である。参加者は多かれ少なかれ調理に関心がある。ある方は奥さんに先立たれて10年近い。その方の以下の感想である。
 「ひとりだけの食事の調理が年々億劫になる。そんな時の料理塾の案内だった。この際、少しでも持ちネタを増やしておこう。レシピだけではその気にならなくても実際にやってみた料理の再現なら意欲も出る。これほど豊富な野菜も自分ひとりでは準備しない。みんなと一緒の食事も格別」。
 確かに美味しい料理だった。1時前には食事を終え、みんなで洗い物をし会場片付けをした。次回9月25日(日)の参加確認をして散会した。