プリンター故障の顛末2017年04月30日

 1週間ほど前に突然プリンターが印刷できなくなった。操作パネルにエラーメッセージがエラーコードとともに表示され警告音が鳴りっぱなし状態になった。電源のON・OFFしても治らない。操作パネル自体が戻らない。やむを得ずインフォメーションセンターに電話した。担当者とやりとりして色々やってみたが結局メーカー修理に出すしかないことなった。ガックリである。購入して1年にも満たないのにとぼやきながら購入店に持ち込んだ。2~3週間かかると思いますとのこと。この間自宅でのプリントは断念する他ない。社協総会が終わったばかりで比較的事務処理が少なくなった時期であることが救いだった。
 その修理完了連絡が昨日携帯のショートメールで届いた。梱包の中に純正のインクカートリッジ6色セットが入っていた。1週間という予想以上に早い修理とともに1年未満の故障のお詫びとも見えるメーカーの対応に気分を良くした。
 早速、プリントにかかった。ノズルチェックをしてみると鮮やかに印字されプリンター自体は正常に戻ったと喜んだのもつかの間。ノートパソコンからのワイヤレス印刷ができなくなっている。どうやらネット接続のエラーのようで手に余る事態だ。そこでいつものITトラブルのお助けマンに頼ることにした。NTTのリモートサポートである。自宅のパソコンを一緒に見ながらサポートしてもらえる。女性担当者とのやりとりでワイヤレスルーターにプリンターが認識されていないことが分かった。メーカー修理の際に設定を初期化してしまいプリンターの無線LAN設定が削除されてしまったようだ。何とか設定できようやくノートパソコンからの無線プリントが復旧した。
 プリンター故障の喜んだり慌てたりの顛末だった。

あっという間の車の免許更新2017年04月29日

 車の免許更新期間がやってきた。高齢者講習もばっちり済ませている。早速、伊丹の阪神更新センターに出かけた。
 センターに受付開始の15分前に到着した。既に50人ばかりの更新者が列をなして受付を待っていた。開始5分前の8時55分に受付が始まった。免許証を渡すと免許証コピー付の更新書類が渡されて必要事項を記入する。手数料の支払い、交通安全協会入会(当然こちらはパス)、視力検査や暗証番号入力、顔写真撮影と一連の流れ作業をこなす。通常ならこの後1時間ばかりの講習となる。
 ところがここで従来と異なるコースになった。ナント高齢者講習の修了者はこの講習がパスされるという。写真撮影後に係官から「では免許証受領待合い所でお待ちください」と告げられた。待合い所で待つこと5分。窓口のカーテンが開いて名前を呼ばれた。更新されたばかりの免許証が手渡された。思わず時間を確認すると9時20分だった。センター到着後30分余りで更新が完了したことになる。半日仕事を覚悟していた身にはラッキーな誤算だった。
 高齢者講習の煩わしさをクリアした免許証ホルダーへのご褒美と受け止めた。

軽量・多機能2WAYトートバッグを購入した2017年04月27日

 リタイヤ後もめいっぱい地域活動に参加しているため外出の機会が多い。会議出席も多くビジネスバッグを手にすることも多い。
 元来、バッグに対するこだわりが強い。これまではとりわけデザインのこだわりが強かった。2年前にデザイン重視でネットで購入した(左画像)が、使い込むうちに機能面の問題が気になりだした。前面収納ポケットのサイズが不十分で出し入れがしにくい。背面収納ポケットがなく不便。メイン収納ポケットは前面カバーのフックを外して出し入れするため煩わしい。
 そんなことから半年ほど前から様々なビジネスバッグのネット情報を収集しながら新たなバッグを物色していた。その内だんだん自分のニーズが固まってきた。サイズはゆとりのあるA4収納サイズ。デザインは上部ファスナーで出し入れできるトートバッグ。前面・背面両方に収納ポケットがある。使用頻度の多い文庫本やデジカメが容易に出し入れできる収納ポケットがあること。重量はできるだけ軽いほうが良い。色はベージュ系といったことになる。
 そうしたニーズに適った商品を絞りこんだ末に最終的にSAND GLASSというブランドの2WAYビジネストートバッグ(右画像)を選んだ。サイズはタテ29.5cmxヨコ39cmxマチ12cmで持ち手の高さ10.5cmである。ポケットの数も外側3個、内側7個とたっぷりある。 重量も690gと軽く生地も撥水加工がしてある。
昨日の朝、アマゾンでネット発注したら今日の午前中には届けられた。なんという早さだ。宅急便業界の過剰とも思えるサービスの一端をはからずも味わうことになった。届いたバッグを早速点検した。色は写真よりも幾分茶色が強いがむしろ好みに合致している。さすがに軽い。上部のメインポケット脇のクイックポケットには文庫本、デジカメが収納できる。そんなこんなで機能面、デザインともに十分満足できそうだ。ちなみに価格は税込7,344円で送料無料である。

久々の休暇気分を味わおう2017年04月26日

 昨晩、社協総会後の初めての執行委員会があった。この執行委員会から従来の社協分区は地区社協として稼働した。分区長は地区社協会長と呼称されることになった。
 今日の午前中は執行委員会での協議を受けて会長としての事後対応に追われた。新規に就任頂いた役員に就任をお願いする事業部の打診、「分区20年誌」の配布チラシの自治会回覧にむけての関係先との調整、福祉フォーラム会場である山口ホールの使用料減免の申請手続きの打診等である。
 こうした実務処理はあるもののスケジュール上はゴールデンウィークを挟んで5月7日までの11日間は地域活動の予定は全くない。後半は花ちゃんがやってくるという楽しみも待っている。思い切り自分の時間を満喫できる前半は、溜めこんだ録画観賞や自分史編集で楽しもう。久々の休暇気分を存分に味わいたい。

二ヶ月ぶりのつどい場”あん”での収穫2017年04月16日

 前回は孫娘・花ちゃんの来訪で参加できなかった「つどい場”あん”」に二ヶ月ぶりに参加した。今回のランチタイムの参加者は大人6人とこども3人とやや少なめだった。午後のティータイムに参加する方も何人かあるようだ。
 12時頃に訪問すると今回も一番乗りだった。いい機会だったので税理士である主宰者のご主人に個人的な相談をした。社協総会に向けて会計報告や予算作成に難渋した。現状は現金出納帳だけはPC入力で処理されているが科目別仕分けや会計報告、予算に全く連動していない。個人的な知識ではソフトを使えばそれらは自動計算が可能なはずである。そこで専門家であるご主人にその点をお聞きした。「ソフトで現金出納帳の科目別集計や決算・予算は自動計算できる。適当な低額の管理ソフトか無料ソフトを紹介しても良い」とのこと。即座にお願いした。
 お昼過ぎには奥さん介護のご夫婦がお見えになった。安心窓口スタッフの紹介のようだ。私とは初対面であるが、ランチしながら懇談したら共通の友人がいたりしてすぐに打ち解けた。ご主人はお酒も呑めゴルフが趣味ということだったので早速ちょい呑みオヤジ会をご案内した。大いに関心があったようで早速今月のオヤジ会から参加してもらうことになった。郷土史にも関心があるとのことでその点でも話題が弾んだ。
 集合写真を撮って2時すぐにはお暇した。収穫の多い2ヵ月ぶりのつどい場”あん”だった。

断捨離ビジネス2017年03月11日

 民生委員の定例地区協議会から帰宅すると家内が台所の窓越しに見知らぬ男性と話をしている。聞けば不用品の買取り業者だという。民生委員の会議でも貴金属の悪徳買取り業者のことを聞いていたので、興味ありげな家内を抑えて早々に話を打ち切った。
 ところが家に入ってあらためて家内の話を聞くと、ご近所の仲良し奥さんが同じ業者に不用品を納得できる価格で買ってもらったという。置いていった名刺の連絡先に電話してみるとちゃんとした会社のようで若い女性の応対もしっかりしていた。家にある不用品の処分に困っているという家内の言い分ももっともだった。それならと名刺の携帯番号に電話しすぐに再訪してもらうことにした。
 やってきた30代の男性担当者は予想外に気さくな話しぶりで用意した不用品の買い取り価格をテキパキと査定してくれた。目で見て即決できるものは即座に、不確かなものは品名型番からスマホでデータベースにアクセスして確認しながら価格を告げる。
 結局、使わない純銀製のパーカー万年筆3千円、古いキャノン製の一丸レフカメラとレンズ一式2千円(以前キタムラカメラに持込んだら千円と言われた)、娘のリカちゃんハウス2千円(人形はなくなっている)、使わなくなった古い腕時計2点で2千円と計9千円だったが、担当者はまとめて1万円でどうですかという。即座に了解して商談がまとまった。
 使わなくなった愛用品の処分は結構判断が難しい。それぞれに思い出や想いが籠められている場合が多い。ゴミ出し処分には抵抗がある。その抵抗感も余命が残り少なくなればなるほど薄らいでいく。なにがしかの対価が得られれば決断できるというケースも多々ある。そんな我が家の事情に今回の業者は絶妙のタイミングの訪問だった。
 もちろん悪質な訪問業者が多々あるのも現実だろう。ひとり住まいの高齢者が単独で訪問業者と関わるのは避けるべきだ。ただ今回の経験で中には納得できる取引を純粋にビジネスとして提供してくれる業者もいることを知った。とっくにゴミ出ししていてもおかしくなかったリカちゃんハウスなどは専門業者ならではの価値を教えてくれた。情報のミスマッチを埋めて双方が納得できる取引を成立させるいわば「断捨離ビジネス」とでもいうべき商いが成立する余地があるのは理解できた。

不眠症は年寄り病?2017年03月06日

 このところ寝不足が続いている。地域活動で厄介事を抱えておりそのストレスも影響している。睡眠前にそれらのことを考えるとどうしても眠りにつけないことが多い。先日もあれこれ考え悶々としやむなく日付が変わる頃に床を抜け出しデスクに向かった。結局そのまま明け方まで対応策を整理し、5時過ぎにコタツにもぐり込んで1時間ばかり仮眠しただけだ。深夜目が覚めて眠れず起きだすこともままある。階下に降りて缶ビールを呑んだりするがやはり眠れない。
 これはもうストレスというより加齢に伴う睡眠力の低下ということだろう。人は眠るにも消費カロリーが必要だ。消費カロリーの源である基礎代謝が低下していることが眠りを損なってしまう。不眠症にあれこれ悩むよりこれも年寄り病と割り切ることにした。

e-Taxの結果は?2017年03月05日

 確定申告の時期である。去年までは資料を持参して最寄りのJA支店の有料の申告代行サービスで済ませていた。ところで去年の申告の計算結果は還付金なしということだった。係員からは「現状では今後も申告しても還付金はないでしょう」とのことだった。
 そんな経過があったので今年は全く確定申告をするつもりはなかった。ところが家内が残しておいた医療費領収書の束を相手にデータをメモリ始めた。諦めきれずにあわよくば少しでも還付があればとの想いがあるようだ。案の定、医療費控除のメモを手にネット申告の試みを迫らられた。
 何年か前に一度挑戦して失敗したe-Taxに再挑戦してみることにした。利用者識別番号を取得してようやく事前準備が整い、確定申告作成作業に入った。厄介だったのはやはり件数の多い医療費控除である。夫婦二人分の領収書50数枚を個別に用意された医療費集計フォームに入力する。その他年金関係や生命保険、地震保険などの入力を終えようやく最終の集計結果の表示画面に辿り着いた。途中の誤操作などもあり結局2時間ばかりの悪戦苦闘だった。
 そして表示された結果は?なんと「納付する金額は○○円 です」というものだった。還付どころか追加納付の結果だった。この2時間もの努力の報いに苦笑する他なかった。

「自分史」編集に着手2017年03月01日

 「社協分区20年誌」の編集作業がほぼ完了した。後は印刷・発刊に向けての準備にかかることになる。「パーソナル編集長」という編集ソフトを活用しての編集だった。その過程で冊子編集の様々な実務や技術を学んだ。その結果「自分史」発刊という懸案課題が俄かに身近になった。
 幸い、学生時代の論文執筆、労組役員だった現役時代の挨拶原稿、20年前に立ち上げた個人ホームページ、リタイヤ後のブログの毎日更新等、山ほどの原稿が手元にある。これらの原稿を「自分史」という切り口で編集構成すれば限りなく自分史発行というゴールに近づくはずだ。アルバム写真や自作の漫画イラストも豊富にある。
 編集ソフト相手の「自分史」編集が始まった。

運転免許更新の高齢者講習2017年02月08日

 70歳以上の免許更新者に受講が義務付けられている高齢者講習を受講した。山口町名来の自動車教習所に8時45分頃に訪ねた。5600円の受講料を支払って受付を済ませ、9時半からの開講まで待合室で待った。
 案内されたのは6つばかりの机の周囲に3台のシュミレーション・マシンや視覚検査器などが並ぶ手狭な教室だった。受講生は意外にも同年代の男性3人だけだった。マシンの数や路上教習を想定すれば一回6人が限度ということを40代の優しい男性講師から聞いた。ナルホド。講習は、座学、路上教習、シュミレーションマシンによる運転検査の三部構成で最後に視覚検査があった。 
 座学は高齢者向けの運転心得を中心としたDVD視聴とテキストによる講義だった。次に3人の受講者が順番に教習所のコースを試走する運転実習である。トップバッターが講師のコース案内に従って信号停車、コース変更、クランク、車庫入れなどの運転実習をこなしていく。いつもの運転と勝手が違うのか幾つかのミスもある。二番目にハンドルを握った。確かに緊張感は拭えないが、先人の教訓を活かしながら最小限のミスで終了した。三番手は前者二人より成績が良い。
 最後に教室に戻りシュミレーションマシンでの運転検査を受けた。プレイランドのドライビングマシンのようなものだ。モニターのランプの色に応じてアクセルとブレーキを使い分ける検査で状況変化に対する反応の速さと正確さが判断される。更に障害物のあるコースモニターを運転しながら複数動作を同時にこなす能力が検査される。どちらも5点満点の4点で「同年代と比較するとやや優れています」という評価で安堵した。ただ、最後の視覚検査は眼鏡着用でも両目で0.8であり免許更新時の0.7以上の基準をわずかに超えるレベルで不安を残した。
 全ての講習を終えて終了証明書が渡された。これを提出しなければ免許は更新されない。目的を達成して3時間弱の講習を12時20分に終えた。