大荒れの自治会総会!〇に近い△という選択肢は?2017年04月10日

 住宅街の自治会総会が開催された。定刻の9時半には152名の自治会員が会場の小学校体育館に集まった。会場の雰囲気がいつもと違う。聞けば明日の入学式に備えて体育館はすっかり入学式バージョンに衣替えされている。その装いのまんまの総会設営だった。
 自治会執行部から事前配布された議案書には問題の多い原案が記載され波乱含みの総会が懸念されていた。蓋を開けると予想以上に激しい意見の応酬と混乱に満ちた総会となった。閉会予定の12時になっても会場を二分する議案の収拾のメドがたたない。議長の精一杯の議事進行の提案にも関わらず、採決に至る手順すらコンセンサスが得られない。最終的に私から次のような収拾案を提案し拍手承認されて決着した。「対立する二つの論点を新会長をはじめとする新役員が関係者の意向を聞き取りながら継続審議することとし、これを前提に他の議案はすべて承認する」。新副会長による閉会挨拶を終えたのは1時過ぎだった。ようやく大荒れの総会が出席者にかつてない亀裂と分断をもたらして幕を閉じた。
 混乱の背景のひとつに自治会で永年継続されてきた予算措置に対する自治会長の修正意欲の強さがあったと思う。具体的には「募金の自治会拠出」と「関係団体助成金」である。昨年現役をリタイヤした直後に就任した会長にはそれらの措置は改革すべき因習のように見えたのだろう。ところがそれらの措置はそれぞれに地域のコミュニティを維持する上でかけがえのない予算措置であるという根強い声もある。それぞれの立場の違いによる意見の相違はあって当然である。
 問題はその協議の在り方である。自治会役員は任期1年で一斉に入れ替わる。そのため方針変更を意図した場合短期間で決着する他ない。今年に入り二三回の班長会議での協議で重大な方針変更が一気に議案として決定された。しかも議案提案でなく予算案の数字変更のみの提案である。そのため総会の場で会長の口頭による趣旨説明が延々と繰り広げられた。加えて「班長会議という皆さんの代表が決定した方針がなぜ受け入れられないのか」といった会長の総会の意義を否定するかのような発言が火に油を注いだ。
 非加入や退会が相次ぎ自治会基盤の脆弱化が懸念される昨今である。そんな状況での自治会の最優先の課題は自治会員の共感とコンセンサス形成に留意しコミュニティ機能をより強化することではあるまいか。会長のリーダーシップとはそのためにこそ発揮されるべきであり、決して自身の考えを通すことがリーダーシップではあるまい。今回の総会では班長会議での決定という大義をかざした会長の自身の考え方の固執が、自治会の亀裂と分断をもたらすというもっとも避けるべき事態を招いたように思えてならない。「〇か×か」という二者択一の選択肢でしか議論できなかったことの不幸な結末でもある。
 とはいえ辛うじて新役員のもとでの二つの論点の継続審議というコンセンサスが得られた。執行部原案に反対した側も現状の問題点については改善にやぶさかではない筈である。関係者のひとりとして冷静な協議を通して「〇に近い△」という選択肢を見い出だしたい。

介護者の会での身につまされるよもやま話2016年12月21日

 住宅街の介護者の会に2カ月ぶりに参加した。ご主人介護のご婦人たち3名と奥さんを看取った介護者OBの男性2人にボランティア2人の7人で歓談した。
 毎回、介護者のご婦人のおひとりから手作りスイーツの差し入れがある。今回はクリスマスにちなんだツリー型の見事なケーキだった。甘さを抑えた食べやすいケーキを堪能した。当のご婦人にとってもこの場に提供するスイーツづくりはご自慢の腕の振るいどころのように見えた。
 冒頭、主宰者の90代男性作成の介護者ニュースの解説がある。政府の医療・介護費用の自己負担増の動向、介護ロボットについての意識調査結果等の話題が紹介される。イギリスのEU離脱やアメリカ大統領選挙での大衆迎合主義についての懸念やカジノ法案の衆院通過の苦言等も指摘された。老いて尚問題意識の確かさに敬服した。
 12月も半ばを過ぎて一人暮しの年末年始の侘しさが話題になった。介護対象のご主人は皆さん施設入所中である。子どもたちの帰省も途絶えがちである。おせちを食べてもらう相手もいない。ひとり身のお正月の侘しさは想像に難くない。「明日は我が身」の話題に身につまされた。
 ご主人の施設入所の際に「緊急時の延命治療を望むか否かを問われた」という話題が語られた。先日の福祉ネット役員会でリビングウイルについて議論したばかりである。早速その情報を提供した。賛否両論の意見があったが、事前の家族内での十分な話し合いこそが大切ということで落ち着いた。

介護と育児は紙一重2016年12月18日

 毎月第3日曜日は「つどい場”あん”」の開催日である。今年5月の発足以来、欠かさず顔を出していたが、前回は社協の地域行事と重なり初めて欠席した。今日、2カ月ぶりに参加した。
 40代の若いご夫婦が自宅を開放して介護関係者たちに声をかけて昼食を一緒にしながら懇談できる場である。今回も大人9名、子ども5名がつどった。
 ご主人手づくりの料理の数々を味わいながら歓談した。参加者のほとんどが40代、50代の子育て中の女性で子どもたち同伴の参加も多い。日常的なお付合いの深い社協関係のご婦人方よりひと世代若い。それだけに子育ての苦労等の話題もあり新鮮である。
 食事を終えた頃に認知症気味の90代のお母さんと40代の娘さんが顔を見せた。「今から母の昼食なんです」と、娘さんが母親の昼食介助を始めた。優しく話しかける言葉遣いがともすれば幼児に話しかけるトーンになっている。その様子を眺めながら思わず口を挟んだ。「介護と育児は紙一重なんですね」。娘さんの「そうなんです。つくづくそれは感じます」という言葉に「そうそう」と子育て中の訪問看護士さんが同調する。つどい場”あん”は介護現場を垣間見る貴重な機会でもある。

雨天中止のアルキナーレのイベント模様2016年11月20日

 19日に開催予定だったアルキナーレが雨天予報で前日午後に中止が決定された。丸山ハイキングをメインとしたイベントである。西宮市南部からの参加者も多数見込まれている。荒天での万一の事故への備えを考えれば中止もやむをえまい。
 8組のハイキングル-プのひと組のコースガイドを引き受けた。主催者と調整して初めて11ヵ所の散策スポットのガイダンスをA4一頁に写真付きで作成した。従来特に準備していなかったものである。 当日には全参加者に配布されることになっていたようだ。これも日の目を見なかったが次回以降に活用されるだろう。
 雨天の場合は、ハイキング以外の催しは、公智神社と宮前通りの会場が全て山口センターとホールに変更になることが決まっていた。10時40分頃に山口センターに顔を出した。センターの壁面コンコースには地域の各種団体が出店する屋台村が並んでいる。たこ焼き、おでん、ちらし寿司、カレーライス、唐揚げ、焼き鳥、焼きコーン、豚汁、イカ焼きと、さすがにオール山口での出店で多彩な屋台村である。山口ホール前の展示室でも地元JAの青果等の物産展や竹籠細工の販売がある。
 広い山口ホールいっぱいにテーブルが並べられ、大勢の参加者が屋台村で調達した飲食品を味わいながら歓談や交流に花を咲かせていた。
 11時半には舞台上に孝徳帝の行幸行列の衣装をまとった面々が登場した。舞台周囲に着席すると、舞装束に包まれた4人の小学生たちが登場し胡蝶の舞を披露する。伴奏は10人ほどの雅楽衣装の奏者による雅楽である。舞が終わると舞台下に設置された二つの和太鼓と横笛とのコラボ演奏が始まった。横笛の奏者は孝徳帝に扮した雅楽団のメンバーであり和太鼓は30代とおぼしき女性だった。この珍しいコラボ演奏に会場を埋めた観客が聞きほれていた。
 体調が風邪気味で万全でない。12時過ぎには会場を後にして帰路についた。

山口公民館文化祭に出かけた2016年11月06日

 住宅街の文化祭で「ふるさと講座」を午前中に終えて、家内と一緒にパスタの店・ONS(オンズ)でランチした。9月にオープンしたばかりの店でナポリタンを注文した。アツアツの鉄鍋に盛られたモチモチの太麺にたっぷりのベーコンや温泉卵が添えられた独特のパスタだった。
 昼食後、そのまま山口公民館で開催されている文化祭に出かけた。山口センター4階フロア全体が文化祭会場である。入口近くの第1集会室では公民館講座の風景写真と作品が展示されている。私の「山口風土記探訪講座」も昨年の「道場風土記」の講座風景が展示されている。今年で7年目を迎え文化祭での展示も6回目を数える。
 毎年出かけている文化祭である。出品作品は入れ替わるものの展示作品のジャンル別レイアウトや出品グループは一定している。どのコーナーにはどんな作品が展示され当番の誰と会えるかは予想できる。とりわけ日頃はお会いすることが稀である山口の旧地区の知人の方々とは年に一度の邂逅の場である。書画や絵手紙のコーナーで、料理グループの調理実習室や2階のふれあい喫茶の会場で何人もの山口の知己としばしの歓談を楽しんだ。
 山口文化祭は公民館講座や公民館サークルの年に一度の発表会の場である。講座やサークルには新旧両地区の大勢の住民が参加している。それだけに新旧両地区の垣根を越えたオール山口の地域文化の風土づくりへの貢献は大きい。

つどい場”あん”の多彩な顔ぶれ2016年10月19日

 6回目のつどい場”あん” に参加した。今回も大人11人、子ども5人と賑やかなつどい場となった。毎回じわじわと参加者が増えている。色んな人が様々なつながりでやってくる。介護者、福祉施設職員、デイサービス運営者、訪問看護士、コープこうべ地区本部職員、地域ボランティア組織の代表等、多彩な顔ぶれと言ってよい。
 今回は2カ月ぶりに在住の住宅街でデイサービスを運営するK夫妻が参加した。前回はご夫婦のフィンランドの拠点に一カ月ほど帰国中で不参加だった。聞けばしばしば帰国されているようだ。「旅費が大変でしょう?」と水を向けると驚くような答えが返ってきた。「ネットで格安チケットを確保するので往復1人7万円程度です」とのこと。
 応接スペースでひとしきりフィンランドのよもやま話に花を咲かせた後、テーブルに席を移して昼食となった。今回は鉄板を囲んでのお好み焼きパーティだった。隣席の初参加の女性と懇談した。姑さんを介護中の同じ住宅街在住の方である。年々深刻化する介護の現状で、つどい場での懇談がいい情報交換であり息抜きとなっているようだ。
 神戸市北区の訪問看護センター勤務の看護師さんからは、11月12日に「ありまホール」で開催される北区の在宅医療・介護連携センター主催の市民フォーラム劇「終活って何?」の案内チラシをもらった。出演者は医者、看護師、ケアマネ、薬剤師、社会福祉士、救急隊員等の医療福祉従事者たちである。ぜひとも観劇したいと思った。オヤジ会でも紹介しようと10枚ばかりチラシをもらった。つどい場とはこうした貴重な情報のつどい場でもある。

子どもたちの「鶴瓶似顔絵展」2016年10月08日

 山口ホールで開催されている展示会に出かけた。山口町名来の「子共のアトリエ・ひこうせん」が主催する「鶴瓶・恭瓶落語会 歓迎似顔絵展」だった。
 会場で主催者のYさんご夫婦にお会いした。かねてからその活動ぶりは地域活動の知人たちから聞いていた。家内も奥さんとは長男が小学校の同級生でPTA繋がりのようだ。私自身は初対面だったので名刺を交換しながら挨拶を交わした後、よもやま話に花が咲いた。
 色んなつながりがあることが分かった。息子たちのその後の消息を伝えあった。ご主人の郷里は私が現役時代に何度も訪ねた町だ。唯一の大型小売り店は共通の思い出の場所だった。学生時代に嵌っていたモダンジャズはご主人との共通の趣味だった。
 会場にはご夫婦のアトリエに学ぶ大勢の子どもたちの鶴瓶・恭瓶の似顔絵が展示されている。翌日に山口ホールで開催される落語会のプレ・イベントである。落語会主催者からの依頼で子どもたちが写真をもとに描き上げた作品群である。それぞれに鶴瓶さんの特徴を掴んで個性豊かに表現している。見知った特徴のある顔立ちが子どもたちの創作意欲を刺激したようだとはYさんの言である。
 懇談と観賞で20分ばかりを過ごして会場を後にした。

地元中学校体育大会の雨天バージョン2016年09月29日

 民生・児童委員への招待状を手に地元中学校の体育大会に、出かけた。生憎の雨模様の天気だった。9時15分開会の予定だが、開会近くになっても来賓席はごく少数だった。
 しばらくしてアナウンスがあった。「本日は雨模様なので昨日お知らせしましたように、雨天用のプログラムで運営します。開会を10時に繰り下げ、12時終了に変更します」とのこと。
 受付では通常バージョンと雨天バージョンの二つのプログラムが渡された。通常バージョンで行われる筈だった21もの競技は雨天用では半分ほどに間引かれている。この日に向けて重ねてきた練習が日の目を見ないものが多数ある。生徒たちのやりきれない心情を思った。
 開会式のセレモニーもなく、晴天であれば最後に演じられるはずだった3年女子のダンスや3年男子の組立て体操が早々と演じられた。雨の降らないうちに最も練習量の多いメインの競技を保護者たちに披露しておこうという配慮なのだろう。
 体育大会の雨天バージョンという珍しいパターンを目にした。

5回目のつどい場”あん”2016年09月13日

 今月も「つどい場”あん”」に行ってきた。ランチをご一緒させて頂いたのは大人9人、子ども3人で毎回この程度の人数で安定してきた。午後のティータイムには更に何人か参加されるようだ。
 今回も新しい参加者があった。塩瀬地域包括センターの紹介で名塩で読み聞かせのボランティアをされている中年の女性だった。ランチの前にちょっとしたゲームと絵本を何冊か読み聞かせして頂いた。まさしく”つどい場”である。様々の分野の色んな方がつどい合っている。
 ランチが始まった。前回に続いて今回もオヤジ3人は持参の缶ビールで少しばかり喉を潤した。目の前には主宰者のご主人手づくりの料理がいっぱい並んでいる。アテには事欠かない。いつもこの料理を画像に納めるのを失念していた。今回は忘れずに携帯画像を記事に貼付した。ランチをしながら参加者と気楽で自由な懇談を楽しんだ。
 1時半頃にはランチを終えて帰路に就いた。

新興住宅街の盆踊りと「ふるさと意識」2016年09月06日

 住宅街の盆踊りも無事終了した。開催にむけて主催の自治会を中心に地域組織の代表者が集まって実行委員会が何度か開催された。その時の議論で「ふるさと」というキーワードが話題になった。
 2千世帯5千人を擁する新興住宅地である。分譲開始後30数年を経て移り住んだ住民の子どもたちの多くが巣立っていった。異邦人の親たちにはなじみのない町だが、生まれ育った子どもたちにとっては「ふるさと」である。巣立った後も実家のある帰省先である。分譲開始後まもなく始まった盆踊りは、彼らにとっては懐かしい風景であり思い出である。少子高齢化が著しい我が町の盆踊りも手をこまねいておれば衰退の一途を辿りかねない。巣立った子どもたちが孫たちを連れて帰ってくるのが楽しみになるような盆踊りにできないか。そんな議論だった。残念ながら初めての議論で時間切れで終わった感がある。
 新興住宅街と言えども長い歳月を経て、共通の思い出を重ねる中で「ふるさと」意識が芽生えている。住宅街のど真ん中につくられた小学校は30回近い卒業式を数え、多くの同窓生を抱えている。彼らにとっての「ふるさと」とはどんなものなのだろう。「ふるさと」を思い起こさせる同窓会やクラス会は開催されているのだろうか。
 新興住宅街にとっての「ふるさと意識」を考えさせられた今年の盆踊りだった。