ささやかな家内の誕生祝い2020年12月06日

 家内の誕生日を迎えた。当日の孫娘とのFaceTimeで顔を合わすなり花ちゃんが”ばあちゃん!誕生日おめでとう”と声をかけていた。母ちゃんの入れ知恵だろうが、ばあちゃんはまんざらでもなさそうだ。古希を過ぎて嬉しくもない誕生日でも孫娘からの祝いの言葉は例外なのだろう。
 三日遅れで老夫婦二人のささやかな誕生祝いをした。何かの時に出かけているチョッピリ高級感のある焼肉店でのランチである。私は今回初めてのローストビーフ丼(1980円)を注文した。ローストビーフ丼に野菜サラダ、4品の前菜、キムチ、赤だしとコーヒーがついている。柔らかいローストビーフがたっぷり乗った丼にすりおろしの生わさびを溜まり醤油に溶かしてかけて戴く。なかなかの味わいだった。
 ランチの後は最寄りのケーキ屋に立ち寄った。誕生祝いにつきもののモンブランとチョコレートのケーキを注文した。締めて5千円弱の誕生祝いを当然ながら亭主が負担した。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2020/12/05/9323626/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。