家内丹精の貸農園の枝豆畑2019年11月07日

 家内のセカンドライフの楽しみのひとつに家庭菜園がある。ご近所の奥さんたちとの共通の趣味である。貸農園で一緒に枝豆畑の一角を借りて栽培している。いつもはお友だちと一緒に行く収穫に今回初めて亭主が付き合った。
 自宅から西に車で15分ばかり走り、神戸市北区大沢町の神付ふるさと村の貸農園に到着した。かなり広大な貸農園の敷地の奥まった畑の一角に仲間5人がまとめて借りている何本かの畝があった。その内の一畝を友人と半分ずつ借りていた。その半畝に12株の枝豆を植えている。既に半分を収穫し、今回は2株を残して4株収穫するという。
 畑の隅で家内と一緒に収穫した枝豆の株毎に葉っぱのついた枝を切り取って袋に入れて収穫作業を終えた。この間ひたすら枝豆オーナーである家内の指示に従うばかりだった。
 たまには連れ合いの楽しみの一端を垣間見るのも悪くない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2019/11/07/9173212/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。