びわ湖毎日マラソンのもうひとつの楽しみ2019年03月11日

 昨日、午前中の名古屋ウィメンズマラソンに続いて、午後はびわ湖毎日マラソンの中継を楽しんだ。
 30Kmまではペースメーカーが巧みにレースをつくり、順調な記録が期待できるレース展開だった。そして予想通りペースメーカーが離脱した途端レースが動いた。一気に外国勢がペースを上げ日本勢は山本憲二がただ一人40Km手前まで先頭集団にくらいつき、日本人トップの7位でゴールした。記録的には山本浩之、河合代二の二人が2時間11分を切ってMGCの出場権を獲得した。
 個人的にはびわ湖毎日マラソンはレース展開以外にもうひとつの楽しみがあった。娘夫婦の住まいがコースに隣接しているのだ。しかも転居したことで膳所と唐橋という二つの地区がコースに隣接していた。花ちゃんのいる娘宅を何度も訪ね、転居後の瀬田では唐橋周辺をよく散策した。その瀬田の唐橋付近はびわ湖毎日マラソンのコース設定上4往復もする。次々に映し出される親しみのある風景がマラソン中継の楽しみを倍加してくれた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ahidaka.asablo.jp/blog/2019/03/10/9045619/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。