膳所・茶臼山古墳の早朝散策2016年08月01日

 一泊二日で花ちゃんちを訪ねた二日目の早朝である。5時半に目覚めて例によって早朝散策に出かけた。前回訪問した時にぜひ訪ねてみたい史跡があった。大津市膳所の茶臼山古墳である。
 マンションから真南に向かって30分ばかりのところに茶臼山公園がある。小高い茶臼山を整備した一角に「史跡茶臼山古墳」の石碑の立つ丘陵があった。丘陵の頂きには木製のテーブルやイスが設置され、琵琶湖の水面が望める。県下二番目の規模を持つ前方後円墳である。
 もうひとつの小茶臼山古墳に向かうためスマホのマップを確認していた時だ。向こうからやってきた散歩途中のおじいさんから声をかけられた。「ポケモンは見つかったか?」。一瞬わけが分からなかったが、すぐに今話題のポケモンGOに嵌っているオヤジに間違われたのだと気づいた。70を超えた髭面オヤジがポケモンでもないだろうにと思いながら「古墳目当てにやってきたんです」と返した。それにしてもこの大津市膳所辺りの若々しい風土に驚いた。80代とおぼしきじいちゃんがポケモンブームをキャッチし話題にするのだから。我が山口町ではありえない光景である。
 公園を更に南に行くとグラウンドがありその隅に「史跡小茶臼山古墳」の石碑が立っていた。道路を隔てた先の山林に小茶臼山古墳の円墳があるようだが、案内看板でそれと知るばかりである。公園は絶好の散歩コースになっているようだ。大勢の市民が早朝散策を楽しんでいる。娘夫婦の住まいがなければ訪れることのない史跡を後にした。

早朝散策のコンビニカフェ2016年08月02日

 真夏になって暑さを避けるため早朝散策の時間が早くなった。6時前に出かけることが当たり前になった。そうなると困った問題が生じる。散策はせいぜい1時間以内である。マクドナルドの7時の開店時間前に帰宅することになる。これではモーニングコーヒーにありつけないだけでなく日課となったコーヒー片手の読書も省略されてしまう。
 思案して思いついたのがコンビニカフェの活用である。最近のコンビニはどこもカフェ事業に乗り出している。ドリップマシンを導入して曳き立て珈琲を低価格で提供している。店内でも飲めるようカウンター形式のイートインを設ける店も多くなった。
 早朝散策のコース途上にある最近オープンしたローソンに立ち寄った。ここには私好みのザクギリ・ポテト(税別100円)もカウンターで販売している。ローソンのイートインコーナーでSサイズコーヒー(税込100円)とザクギリ・ポテトを味わいながら読みかけの本を読むのが最近の散歩道での楽しみとなった。
 人は誰しも永年の習慣を変えられないものだ。歳をとればとるほどその執着心は強くなる。それでも目的を達成するためには様々な思案を巡らすものだ。マクドナルドのコーヒというこだわりさえ捨てれば、モーニングコーヒーと読書の目的は叶えられる。

我が町に定着してきたいきいき体操2016年08月03日

 久々に福寿会(老人会)主催のいきいき体操に出かけた。毎週火曜日の午前中に開催されているが、出席率は至って悪い。月に1~2回の出席でお茶を濁しているありさまである。ボランティアセンターの当番とバッティングする場合もあるが、デスクワークが立て込んだりするとすぐにさぼってしまう。
 会場の自治会館には40人余りの同年輩以上のお年寄りたちで溢れていた。10分前に着いたのに空スペースがない。ほぼ固定化してきたメンバーたちの指定席が定まってきたようだ。 真夏の季節をものともせず健康維持、体力保持、認知症予防に余念がない。我が町のいきいき体操はすっかり定着してきた。
 いきいき体操は最初はてらいや違和感があったりして出かけるのが億劫だった。それでもある時期を過ぎると自分自身の年齢や環境に見合ったよくできたトレーニングだと納得できる。体操前のリーダーさんたちが指導する脳トレ風のゲームも認知症予防には効果的だと思える。
 在宅ケアが身近な問題として迫ってきた。その最も効果的な取組みは在宅ケアを受ける時期を可能な限り先送りすることである。そのための身近で有力な選択肢がいきいき体操である。頑張って参加せねば・・・。

河野和彦著「認知症・家族を救う劇的新治療」2016年08月04日

 在宅ケアに関する書籍を続け様に4冊読んだ。おかげで在宅ケアという分野の全体像が掴めてきた。これを念頭に福祉ネット役員会で「在宅ケアの全体枠組み」と題した資料を提案した。この過程で痛感したのは「在宅ケアの最も一般的で本質的なテーマは認知症ケアではないか」という点だった。認知症とその治療に関する知識が必要だった。
 歴史が浅く臨床事例の少ない認知症治療には確立された治療法がないというのが現状のようだ。そんな中で読み終えた書籍や在宅介護の経験者である知人たちから得た評価の高い治療に「コウノメソッド」という方式があることを知った。コウノメソッドの考案者である河野和彦医師の著作「認知症・家族を救う劇的新治療」を読んだ。
 河野医師の強みは、老年科医、認知症専門医としての30年以上に及ぶ治療経験である。その過程で患者本人と介護家族と誠実に向き合い介護現場の生の情報に学びながら独自の治療法を確立されている。しかもその確立された認知症の薬物療法マニュアルである「コウノメソッド」をブログやホームページで公開し、全国の医師にその処方の実践を勧めている。現在、コウノメソッド実践医は全国で260人以上を数えている。ホームページ上に公開されたコウノメソッドも医師向けの専門分野ばかりでなく介護家族にもわかるような平易で詳細な内容である。
 本書は5章で構成されているが、中心は60頁に渡る第4章の「コウノメソッドの実際」である。 認知症の識別方法、認知症の6つの病型ごとの症状と治療、主要な抗認知症薬の特性や処方が詳細に述べられている。またコウノメソッドのコンセプトが次のように示される。①家庭天秤法(薬の副作用を出さないために介護者が薬を加減する)②介護者保護主義(患者と介護者の一方しか救えないときは介護者を救う)③サプリメントの活用(薬剤と同等、あるいはそれ以上に効果があるサプリメントも併用する)。
 認知症治療に関する基礎的な知識としてはコウノメソッドは不可欠であると思った。ネット情報ではコウノメソッドに対する批判もあるようだが、少なくともこれに勝る体系だった認知症治療は他に見当たらない。またコンセプトに示された基本的考え方も共感できるものである。

リタイヤオヤジたちの地域デビュー2016年08月05日

 市の民生委員会の最後の広報部会があった。任期3年の部会のひとつとして発足し、委員会の広報の在り方を検討し、初めての広報紙発行をはじめ広報物の発行を手掛けた。
 冒頭、部会長から嬉しいコメントがあった。「担当地区の民生委員就任打診のためあるお宅を訪ねた。奥さんへの就任依頼向けに広報紙2号を説明していたところ、傍で聞いていたリタイヤ直後と思われるご主人の意外な反応があった。『セカンドライフの魅力的な活動』と題した記事に「それはどちらかと言えば私の役割ではないか」という前向きな反応だ。あっさりご主人の民生委員就任がまとまった」。これこそが第2号の「民生委員一斉改選」特集の狙いだった。
 その日の夜のことだ。夕食中に携帯電話のコール音が鳴った。登録外の携帯番号からの発信だった。発信者の声に耳を傾けた。「ちょい呑みオヤジ会の方ですね。以前から広報紙などで興味を持っていましたが、次のオヤジ会に参加したいのですが。先日ようやく無事リタイヤしたものですから」。ボランティアグループと呑み会グループに分かれていることを告げると、「できれば両方に参加して様子を見てみたい」と意欲的である。
 はからずも同じ日にリタイヤ直後のお二人のオジサンの地域での活動や居場所を求めた意欲的な情報がもたらされた。団塊世代のオジサンたちのリタイヤが続いている。地域にとっても彼らの円滑な地域デビューは大歓迎である。

小さい秋見つけた2016年08月06日

 夏真っ盛りだ。日中のうだるような暑さが続いている。それでもさすがに早朝6時前の散歩道はしのぎやすい。有馬川にかかる愛宕橋の東のたもとにポツンと一軒家が建っている。庭の栗の樹が土手道に向かって腕を伸ばしている。
 何気なく眺めた濃い緑の枝振りの中に黄緑のイガイガを見つけた。真夏のただ中の意外な風景に心が躍った。真夏を欺くかのような小さな秋を見つけた。

ヤンママたちの祭典?絆まつり&たそがれコンサート2016年08月07日

 夕方4時前に買い物に出かけるという家内の車に送られて「絆まつり&たそがれコンサート」に出かけた。会場の山口中央公園はテントをめぐらせてすっかり準備が整っている。車を降りた途端、俄かに激しい雷雨に見舞われた。「こらアカン!撤退するしかない」とばかり慌てて助手席に戻った。自宅に戻ってしばらくすると雷雨は止んだが尚雲行きは怪しい。買物から戻った家内と夕食を済ませた頃にはすっかり天気は回復していた。
 6時過ぎに歩数不足をカバーする意味もあってもう一度山口中央公園に向かった。グラウンド゙の入口周辺は夕方の雷雨の激しさを物語るかのように酷いめかぬかるみができている。それでも会場には大勢の来場者で埋められている。
 入口で来賓招待のハガキを提示しペットボトルを頂いた。テント周辺を順番にゆっくり巡った。圧倒的に子どもたちを連れた若いお母さんたちの姿が多い。私と同年輩の知人たちの姿は稀である。各テントで飲食を販売する担当者も多くは若いお母さんたちだ。今年6回目を迎える絆まつりは地元の小中学校のPTA主催である。彼女たちはこうしやPTA活動を通じて地域活動に馴染んでいくのだろう。地域を支える新たな息吹を垣間見た。
 たそがれコンサートの小学生たちの合奏を聞きながら会場を後にした。

奥さんに先立たれたおじいちゃんの8カ月後の旅立ち2016年08月08日

 夜7時前、外出から戻った途端に家内から思いもよらない情報がもたらされた。「○○さんのおじいちゃんが亡くなられたそうだ。同居のお嫁さんが来られて連絡があった」。
 昨年12月におばあちゃんが亡くなったばかりだ。その年の民生委員の高齢者実態調査の訪問で、元気のなかったおばあちゃんから相談を受けていた。「もし私が先立ったら認知症の気配のあるおじいちゃんが気がかりだ。よろしくお願いします」。
 そんないきさつもあっておじいちゃんには何かと外出をお誘いした。自宅で引きこもりがちになることを懸念したのだ。ちょい呑みオヤジ会には2度、つどい場”あん”にも1度参加してもらった。老人会のバス旅行にもご一緒した。
 最後にご一緒したのは6月22日のつどい場だった。今にして思えばその時から体調がすぐれなかったようだ。みんなで手づくりランチを食べながら歓談する場で「今日は食欲がない」とランチをお断りされた。その後まもなく肺炎で入院されたと聞いた。検査の結果、肺癌がかなり進行していたとのことだ。
 何から何までおばあちゃんに頼ってきたという80代半ばのおじいちゃんだった。それだけにおばあちゃんのいない生活は堪え難かったのかもしれない。わずか8カ月後におばあちゃんの後を追うように旅立たれた。悲しい連絡だったが、なぜかおじいちゃんの安堵の呟きが聞こえたように思った。

ご近所のおじいちゃんと枕頭の別れ2016年08月09日

 ご近所のおじいちゃんの訃報を聞いた二日後に、通夜、告別式の案内が記された自治会の訃報連絡がポスティングされた。但し、「家族葬の為、ご会葬、ご香典はご辞退させて頂きます」とあった。
 とはいえ、晩年には何かとお付合いの深かったおじいちゃんである。8カ月前におばあちゃんに先立たれた後、同居の長男ご夫婦からもおじいちゃんの外出の誘いを依頼されていた。そんないきさつから会葬は叶わぬまでもおじいちゃんの枕頭でのお参りだけはしたいと思った。
 簡易礼装に着替えて数珠を手にお宅を訪問した。招じ入れられた1階居間に錦糸の掛布に覆われたおじいちゃんの安らかな寝顔があった。お線香をあげ手を合わせてしばらく黙祷した。
 枕元には硬式野球の審判用マスクが置かれている。故人の生前のいきがいのひとつは硬式野球の審判ボランティアだった。ご長男の話ではマスクはアメリカで開催された審判研修の際に入手された自慢の逸品のようだ。枕頭でそんな故人にまつわる話題でしばらく歓談した。
 20日ほど前にもご近所のおじいちゃんとのお別れがあった。超高齢社会とは多死社会でもある。民生委員として様々な人との晩年のお付合いも多くなる。それは否応なく自分自身の晩年の過し方と向き合うことを意味している。

「町家カフェ鎌倉」のモーニング・ランチ?2016年08月10日

 家内のパート勤務がなくなって、当然ながら夫婦二人の昼食が多くなった。それまでは亭主の昼食は適当に食材の準備だけをしておけばよかったのが、今はそうはいかない。毎度毎度の献立に悩まされている気配が伝わってくる。
 そんなある日、珍しく外食に誘われた。お目当てはご近所の奥さんたちとランチした三田の「町家カフェ鎌倉」という店である。但し10時半までに行かなければ食べられないモーニングセットでランチするという。早朝ウォーキングのため5時過ぎにはひとりで朝食を済ませている身である。早目のランチは抵抗がない。家内はチャッカリ朝食は抜いているようだ。
 三田の宅原(えばら)交差点前のボウリング場1階に今年2月にオープンした店のようだ。京都の町家風の店内は一般テーブル席のほかに畳式の小部屋やテーブル席の個室もある。窓際のテーブル席でお目当ての鎌倉モーニング(550円)を注文した。トーストは通常のものとアーモンドトーストの選択制だった。去年墓参りで姫路に出かけた際に評判だったアーモンドトーストを家内に勧められるまま選択した。
 オーダーを受けてから調理するようだ。結構待たされてから野菜サラダ、スープ、ドリンク付きのボリュウムたっぷりのモーニングセットが登場した。甘いアーモンドトーストだけはNGだったが、たっぷりのモーニングを完食した。
 ランチには人気商品の手づくりわらびもちも入ったデザートプレートが付いており、どちらかと言えばご婦人向けの店のようだ。デザートにたっぷり時間を掛けながらダべリングするにはもってこいなのだろう。それだけにリタイヤオヤジが再訪することはあるまいと思えた。レジ中に入店した中年の作業服のオジサン二人はメニューを眺めて「こら食べるもんがないわ」と注文することなくすぐに出て行った。さもありなん。